うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パラシャラの例外則

清水さんの出した電子書籍、2冊目を読んでみました。

「パーラーシャラの例外則」(マーク・ボニー著、清水俊介訳、860円)

例外則ってやつは、いつも出てくるわけじゃないから、ついつい忘れがち。
この本を読むと、パーラーシャラの例外則とニーチャ・バンガを集中的に学ぶことができます。
本を買っとくだけでも心には残るから、中級者にはお勧めの一冊です。

値段が安いインド占星術の本、ってだけで私はお勧めしたくなっちゃうんだけど、
書籍と呼ぶには、分量が少ないなぁ。
1冊目のときも思ったけど、有料コンテンツ電子書籍との違いがよくわかりませんでした。
この記事書いてて、気分は書評というより小冊子評。


パーラーシャラの例外則を、簡単に説明します。

ダシャーを読み取るときの初歩は、

減衰している惑星のダシャー期はアンラッキー。

これが中級に進むと、ザ・パラーシャラの例外則ぅぅ、こいつをを忘れちゃぁならない。

1.減衰している惑星が、
2.3室や6室に在住/支配してると、
3.ヴィムショッタリ・ダシャーのマハーダシャーとアンタルダシャーのときに、
4.ラッキー♪


これが、ラオ先生秘伝の、パーラーシャラの例外則です。
インド占星塾の無料鑑定掲示板で、私はこれに当てはまるケースを何人も見てきました。
良く当たるんだこれが。

減衰は減衰だから、どっかに苦労はあるんだけど、
振り返ってみれば結果的にいい時期、実りのある時期になります。
ラッキー♪って言っても、平穏な時期って意味じゃありません。



おっと、マーク先生、こんなことも書いてたぜ。

>誕生時刻を検証せずにリーディングをする占星術家は、その時点で無責任のそしりを免れない。

やばい。おいらそしられまくり!( ̄▽ ̄ll)ノ

| 技法いろいろ | 23:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本人はきついのよ。

例外則ただ中を生きていますが、渦中の本人は結構キツイです。
後から振り返ったら結果オーライという感じかなあ。

アンタルダシャーでは、そこまで意識することはないです。

| ichi | 2015/08/30 12:05 | URL | ≫ EDIT

この記事の翌日には
清水先生からもう一冊でましたね笑

3,6室の支配星が、または、
その室で星が減衰する場合は
いいとのことてすが、

12室支配星、または、
その室で星が減衰する場合は
良いのか悪いのか
どっちなんでしょうか?

ドゥシュターナで減衰する場合は良くとらえた方が良いですかね…?

| hhhkkk | 2015/09/02 11:36 | URL |

例外ルールに当てはまってます!減衰惑星の期間初めは本当に調子が悪かったのですが、だんだん楽しくなってきています。今は絶好調です。
うちゃ様に質問なのですが、D-9で高揚する惑星がD-60で減衰する場合はどう捉えますか?ラーシとナバムシャの場合の記事は読みましたが、D-60だとどう解釈すればいいのか悩みます。

| ブルース | 2015/09/04 01:15 | URL |

Re:

ichiさん、
例外則の実感、もっと詳しく聞かせてください。
http://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-998.html
にコメントもらえたら嬉しいです。

hhhkkkさん、
残念ながら、例外なの3室と6室、ついでを言えば8室だけなのです。
中立ハウスでの減衰は、普通に良くないと読みます。

ブルースさん、
60分割図をピンポイントで使った解釈は、やったことがないのでわかりません。
D9で高揚している分の強さを、D60の減衰で若干さっぴいてとらえる、って感じかな。

| うちゃ | 2015/09/04 21:32 | URL | ≫ EDIT

やっぱ8室減衰は期待しない方が
いいですね…

| hhhkkk | 2015/09/06 01:10 | URL |

Re:

『ブリハット・パーラーシャラ・・ホーラー・シャーストラ』には8室もって書いてるから、
「ラグナ・ロードが高揚するか、定座か、あるいは、ラグナにアスペクトするなら」期待してもいいと思います。
ラオ先生がはっきり言ってるのは3室と6室だけみたいだから、
ラグナが弱かったら、その分、期待値は下がります。

| うちゃ | 2015/09/09 19:36 | URL | ≫ EDIT

高橋尚子さん

うちゃさん、こんばんは。
久しぶりに遊びに来てみました。

さて、興味深い事例を一つ。

元マラソン選手の高橋尚子さん:
1972年5月6日 深夜0時頃 岐阜市生まれ

出生時間は彼女の著書によります。
D1、D9、D10のラグナは正しいと思います。

ウィキペディアのマラソン全成績:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%B0%9A%E5%AD%90
を参照しつつ、D1、D9、D10とヴィムショッタリ・ダシャーの推移とを照らし合わせるととても良い勉強になりますね。

それではまたいつか~v

| shii | 2015/10/20 00:32 | URL | ≫ EDIT

Re:

ラーフ期の女性って、やるときゃやるよねー。
http://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-223.html

| うちゃ | 2015/10/22 21:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/997-f1346728

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT