うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悪い時期の読み取り方

どの占いにも、何かをするのに良い時期/悪い時期を選ぶ技法があります。
インド占星術では、これをムフルタといいます。

結婚式をあげるときとかは、ムフルタで良い日どりを選ぶんだけど、
結婚というイベントにとっての良い時期を探します。
離婚したい人には、別れるのに最適な「良い時期」があって、読み取り方法が違います。

アシュタカヴァルガ数値が低い時期も「悪い時期」だし、
ダシャーで凶星がたくさんからんでる時期も「悪い時期」なんだけど、
これは、全体的な運気のアップダウンを示してるだけで
イベントごとのムフルタとは別の鑑定技法です。
ダシャーやアシュタカヴァルガで見ると運気が低いときに結婚して、
それが転機になって人生が安定するって人もいると思うんだよね。

運気を読み取るには、いろんな技法があります。
ちなみに私は、「離婚に最適の時期」じゃなければ、いつ結婚してもいいと思ってます

| 結婚運 | 22:44 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

結婚に最適の時期は確かに難しいですよね。
7室支配の時期、7室在住の時期、
トランジットが7室支配を示す時期、トランジットが7室を示す時、
7室支配星と絡む星の時期、
チャラダシャーでダラカラカが在住する星座の時期、ダラカラカがアスペクトしてる星座の時期、
VSが在住する星座の時期、、、もう、そんなんいつでもええやん!何かしら成立しとるわい!!
ってなっちゃいますね。

離婚に最適な時期はやはり6室や12室の絡む時期、ケートゥが絡む時期になってくるでしょうか。

| あべ | 2015/06/27 06:37 | URL |

私の経験では

結婚は、4室と10室で出ることも多いです。
離婚は、7室を失う=6室が一番よく出てきます。

| うちゃ | 2015/07/04 21:48 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/07/07 22:59 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/984-bb3b713e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT