うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

10室と11室

10室について記事をかいたら、エンジョイさんからこんな質問が。

>社会的評価やコミュニティにおける態度や行動を示すとすると、人間関係を示す7室や名誉や名声と関係している11室と10室の関係はどのように考えればいいのでしょうか。
>あと、職場や仕事に関して占うときの状態をそのまま社会的評価やコミュニティにおける態度でも直線的に用いても宜しいのでしょうか。


ラオ先生の本”Ups and Downs in Careers"を読んでみると、
昇進したり、給料がぐんとアップしたりするのを見るには、
10室だけじゃなくて11室も必ずチェックしてます。

10室って、本人の仕事に対する姿勢というか、
内面的なものがあって、それが社会的な評価につながってる感じがするけど、
11室ってのは、ストレートに外見的な部分で「何を獲得するか」だよね。
で、名誉や名声を見るときには10室&11室をセットにして見るんだと思う。

・・・10室と11室の違い、ばしっと答えになってないけど、
これでヒントになるかなぁ。

誰か、うまい表現あったらコメントで書き込んでください。
万年初学者の私からもお願いです。m(_ _)m

関連記事:
10室と社会的評価

| ハウス研究 | 00:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

11

うちゃさんの望む答えではありませんが・・・(すみません)
個人的に11番目という場所は、一番人間くさい場所かなと思います。
剥き出しの本能、欲望が一番高まる場所。

四柱推命の11番目には“墓”という十二運がありますが、意味の一つに“金銭に対する執着(守銭奴)”というものがあります。
また、宗教や精神性の意味も含まれます。
前者は11室のテーマに深く関わり、後者はなんとなく12室を意識してるなぁと感じます。
そして十二支の11番目は戌ですが、戌は商人の干支でもあります。(偶然でしょうがビル・ゲイツさんは戌が多いです)

また紫微斗数の11室は福徳宮という、これまた人間の本質、欲望を司る場所です。福徳宮を受け持っているのはまさしく貪狼星。
私は福徳宮に貪狼星があるのでよく分かるのですが、表には出しませんが欲深いのです。
また、私のインド占術の11室には凶星がバッチリありますし・・・(^^;

10室も物質的なハウスだと思いますが、11室はそこから頭一つ分飛び抜けた場所だと思います。
普通の成功では飽き足らない、もっと多くを望む者が行き着く場所のような気がします。
なので扱いが難しいハウスですね。

| ねこ耳 | 2014/01/24 23:41 | URL |

Re:

インド占星術の11室は、「守」銭奴というより
銭を稼ぐための「攻め」の姿勢が感じられます。v-29

| うちゃ | 2014/01/27 00:12 | URL | ≫ EDIT

あ・・・言われるとそうですね。
とても「攻」です。
「守」はどこでしょうか・・気になります('・ω・)

| ねこ耳 | 2014/02/06 23:08 | URL |

Re:

貯蓄は12室です。

| うちゃ | 2014/02/10 00:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/887-ccf52a71

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT