FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いろんなラグナを使う

インド占星術は、1つのホロスコープを見るとき、
いろんなところを1室と見立てて鑑定します。

ラグナから見る。(定番)
月から見る。(チャンドラ・ラグナ)
太陽から見る。(スーリヤ・ラグナ)
ダシャーの惑星から見る。(ダシャーロードからの鑑定)

いろいろありすぎぃぃぃ。

こんだけいろんなラグナを使えば、
良い象位も、悪い象位も、探そうと思えばいくらでもみつかります。
良い結果を導き出そうと思えば、そっちばっか見えてくるし、
悪い結果を導き出そうと思えば、そっちばっか見えてくる。

ついには、どうとでも読める占星術なの? って気がしてくる。


実は、見ていく順番とか、優先順位みたいなのがあるんだけど、
初心者のうちはそれがわからない。
優先順位を自分なりに考えて、
直感的に優先順位がスイスイわかる人もいるだろうけど、
それがことごとく裏目に出る人も多いと思うんだよね。

混乱してきたり、
都合のいいようにしか読めなくなってきて、
「どうとでも読めるじゃん!」ってなってきたら
そこが、独学で進める限界点なのかもしれない。

そこで、先生を見つけて、その先生に教わって、
ツボがわかると、インド占星術は一気に面白くなる。

『ラオ先生のやさしいインド占星術』って、
最初から読むとわけわかんないけど、
この壁にぶつかったあたりで読むと良著だよ。

| 未分類 | 23:33 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うちゃさん、同感です。
「やさしいインド占星術」は読み直すたびに、新しい発見がある本。これはすごいなっていつも思っていますv-354

| ヨコリン | 2013/10/17 19:30 | URL | ≫ EDIT

Re:

ですよねーe-257

| うちゃ | 2013/10/18 22:09 | URL | ≫ EDIT

うちゃさん、こんばんはm(_)m

ラグナは結構、混乱してます^^;
補足で月ラグナを使うぐらいです・・・
うちゃさんのおっしゃられるとおり、私も先生を持った方がいいかもしれません。


ところでラグナに関してですが、Jagannatha Horaでの基本情報(Basic)を見ると・・・
Bhava Lagne とか、Hora Lagna、Ghathi Lagna、
Vighati Lagna、Varnada Lagna、Sree Lagna、
Pranapada Lagna、Indu Lagna なんてのがありますが、
私には何がなにやらさっぱりです。

うちゃさん、これらのラグナがどのようなものがご存知ですか?

| ISOP | 2013/10/20 19:05 | URL | ≫ EDIT

Re:

英語の本には、これらの使い方がいくつか出てたけど、
そっちに手を出してもわからなさそうなので
私は全く使っていません。
Samadhiさんとか、詳しそうなんだけどな。

| うちゃ | 2013/10/22 21:39 | URL | ≫ EDIT

満月と新月

インド占星術で、なぜ、満月が吉祥で、新月が不祥なのか不思議だったけれど、ラグナの考え方が由来かもしれないですね。

チャンドラ・ラグナとスーリヤ・ラグナが同じだと運命や人間性に偏りや取りこぼしが多くて、吉凶極端で、チャンドラ・ラグナとスーリヤ・ラグナが対照的だと運命と人間性のバランスがよいということはあると思います。

インド占星術の根本的な疑問点の一つが解消したように思います。

でも、最近は突出した人間に機会が恵まれることが多くなってきたから、インド占星術の、新月と満月の解釈は多少修正があっても良い時代になっているかもしれないと思います。それから、皮膚がんや白内障の治療法も進歩したから、太陽が凶星というインド特有とも言える解釈も、今後も昔のとおりで良いものか疑問です。

占星術も時代とともにいろいろ動いているというのが私の考えです。もちろん、基本は正統的なものに従うべきでしょうが。

| enneagram | 2013/10/24 14:30 | URL | ≫ EDIT

Re:

>チャンドラ・ラグナとスーリヤ・ラグナが対照的だと運命と人間性のバランスがよい

面白い見方だと思いました。

| うちゃ | 2013/10/26 14:04 | URL | ≫ EDIT

一日違い

誕生日が1日違いの親友がいます。かれこれ15年以上の付き合いです。
1日しか違わないので、ラーシの惑星の配置は月以外全部同じです。
けれど私とその子、全然違うんですよね。
もちろん、ラグナとチャンドララグナが違うから当たり前なんですけど、
でも他の惑星の品位とかは同じなわけで、、、
こういう現実を目の当たりにすると、何室の支配星が何室に在住して、
てのを見ることがいかに最優先事項かと痛感します。
あと月の位置が1つずれただけで、ヴィムショッタリも変わりますもんね…
ラグナが違えば、チャラダシャーも変わってきて…
インド占星術は複雑で奥が深いです。

| クロシロ | 2019/05/25 22:26 | URL |

Re:

1日違いは、占星術を勉強するのにすごく役立つよね。
ポイントとしては、

チャンドラ・ラグナ
ダシャー
ジャンマ・ナクシャトラ
D9

の違いを見比べてみると面白いよ。
あと、12歳までは親のホロスコープとか生活環境が強く影響するって言われてるから、
D12で親の違いを比べてみるのもおつなもの。

| うちゃ | 2019/05/27 00:16 | URL | ≫ EDIT

最近、素敵な結婚をした友人のホロスコープを
見てみました。
D1とD9で共通してることないかな、と探すと、
どちらも月の在住する部屋の状態が良かったです。

D1は、月の在住部屋にアスペクトバック。
D9は、月の在住部屋の支配星が9室で高揚。

チャンドララグナも有効だな、と思ったのですが、
この見方は無理矢理感ありますか。

| クロシロ | 2019/06/15 10:47 | URL |

Re:

D1とD9の共通項を探すやりかた、いいと思います。
http://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-1021.html
あたりを参考にしてみてください。

その場合だと、月の象意(と言ってもいろいろあるけど)のどれかが良くなるはず。
それも、ダシャーに左右されず、一生を通じて。
たとえば精神的な安定度が高いとか、母や家族に恵まれてるとか、家運(逆に移動運)が良いとか。

| うちゃ | 2019/06/16 23:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/877-a0309be5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT