うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

満月の祭り

インド占星術は月を重視します。

インドでは、満月の日に行うお祭りがいくつもあって、
年間行事と月は、切っても切れない関係にある。

でも日本では、春分の日と秋分の日が、太陽周期によって決まる祝日だし、
成人の日や体育の日は、曜日周期によって決まる祝日だけど、
全国規模の祝祭日で、月周期で決まるものはない。

雨が多い島国だと、
満月を眺められない年もあるから、なのかな。


今日は満月。                  ガォーー

タイ王国では今日、陰暦12月の満月の日ということで、
ローイカトーン(ローイクラトン)という代表的なお祭りが開かれます。
毎年、農業の収穫に感謝して、灯篭流しをやりながら、
1年の罪を謝罪するお祭りです。

はっ!これはインドの話じゃなかった!
インド系ブログなのに間違えた( ¨)( ‥)( ..)( _ _)
今から急いで近所のタイ料理屋に行って、
3割引のタイスキを食べながら、この罪を謝罪してこないと。

| 惑星研究 | 17:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

インドの固有性

普通の場合、めでたいのは新月で、満月は、狂気と関わりのあるのが西洋の見方です。かつての日本でも同様です。

どうしてインドだと、満月が吉祥で、新月が不詳になるのか、この点解せません。

インド占星術に強い関心を持ちながらも、太陽を凶星扱いして、新月に不利な取り扱いをする点は、インド占星術の弱点かと思います。

インド特有の見方で、インドを離れると普遍性の消失するような話というのは結構多いのではないでしょうか。

アラビアのイスラム教徒は、ギリシャの占星術にも、インドの占星術にも多くを学びましたが、インド占星術の見解をすべて受け入れはしませんでした。

自分としては、アラビアのイスラム教徒の見識は、いまになると健全だったような気がします。

| enneagram | 2014/08/20 04:28 | URL | ≫ EDIT

Re:

イスラム占星術って、タジクですよね。
私もいつか、勉強してみたいと思っています。

インド占星術でも、ムフルタでは、満月に何かを始めることは避けた方がいいと言われてますよ。

| うちゃ | 2014/08/21 00:27 | URL | ≫ EDIT

ご回答ありがとうございます

こういう意見にインド占星術の専門家として立腹されるかと思いましたが、穏当な回答ですので、先生は高い見識の持ち主とお見受けします。

西洋占星術でも、サイデリアル方式を採用する秘密結社もあれば、インド占星術でもトロピカル方式を採用する流派もあり、中国の占星術でなくとも、インドでも、ナクシャトラを28宿で分割する流派もあるそうで、ラオ先生の主流派の考え方と異質なインドの占星術の師はいろいろいるみたいです。

それが全部、どれほどか通用する運命学であるならば、占星術というのは大変奥深いものだと思います。

| enneagram | 2014/08/21 04:16 | URL | ≫ EDIT

Re:

立腹するほどの見識がないだけかも(汗)

いろんな流派があって、得意不得意があるみたいですね。
私はダシャーに魅せられてインド占星術やってるから
ラオ先生の流派が一番合ってるんだと思う。

| うちゃ | 2014/08/21 17:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/810-7a8257a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT