うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

参考書として買うなら

パート2が出た。

「実践インド占星術」(本多信明著、説話社)

今年出版されたインド占星術関連の本って、今のところ、これだけじゃないかな。
去年出版された「インド占星術入門」の続編です。
前著「入門」を教科書とすると、
次に参考書がほしいって人のために作った本、という感じです。

厚さは2倍、知識量も2倍、表紙の色の濃さも2倍、でも値段は3倍。  ん?

量が増えたのに反比例して、書籍としてのつくりが雑になってるのが気になりました。
誤字脱字、ホロスコープの選択や記載ミスも2倍になった気がする。
「不」を「不」とか、スカルタリ・ヨガをスカルタリ・ヨガとかならいいんだけど、
K.N.ラオ氏の名前がK.Nラオになってるのは、「あら、やん脱字」って思った。
小さな脱字だけど、書籍として出版するからには、
大切な先生の名前だけは間違えてほしくないなー。
編集者や他の占星術家が、チェックにあまり時間をかけないで出版に踏み切ったのかも。

内容的には、どうも気になって困ったのが、
どこまでが古典に書いてあることで、どこまでが著者のオリジナル研究なのか、
この線引きが曖昧なこと。


前著は、基本的に古典に書いてあることがメインで、一部分だけが
「ここは著者の意見なのよ」みたいに区切ってあったから、読みやすかった。
でも本著は、古典や他の占星術家の研究を下敷きにした本多先生ワールド、という感じ。
あっちこっちで、著者の「実践」から出てきた考え方と、
微妙にインドの伝統的な考え方とが混ざりあってる。

一例。
「通常、ラグナと呼ぶ時はASCが在住する星座のことを指します。」って書いてあるけど、
たぶんこれは、インド人の通常の発想ではなくって、本多先生の占星術講座での決まりごと。
つまり、西洋占星術からインド占星術に引っ越してきた人の発想だと思う。

「入門」読者をベースに、本多スタイルでインド占星術を学んでいくつもりなら、
いろんなホロスコープの読み取り方を「実践」的にわかりやすく説明してあるから、
あまり気にならないかも知れません。
でも気になりだすと、急に読みにくくなってきて、困った。
良くも悪くも、著者の「実践」本なのよね。

ということで、書籍としての完成度・お勧め度は、前著がA、本著はC(5段階)。
書評家としては、この落差にちょっと残念でした。

| 書評 | 22:53 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ラグナとASC

本田先生のブログに以下の記事がアップされています。

アセンダントについて~何が違うのだろう?~
http://chardash21.astro459.com/?eid=1428364

わたしもよくわからないので、これについて答えていただけますか?

| 通りすがり | 2012/11/12 18:25 | URL |

ここが違うんです

ブログ記事、読みました。

えーっとね、説明します。

「ラグナ」っていうのはインドの言葉。
「ASC」っていうのは西洋の言葉。
これを日本語に訳す場合、
○○座の○度○分というポイントっていう意味で、「上昇点」と訳す場合と、
○○座全体の合計30度を指して、「上昇宮」と訳す場合があります。

つまり、2つの意味があるんです。

基本にあるのは「上昇点」なんだけど、インド占星術はハウスごとにアスペクトするから、西洋占星術と比べて、「上昇宮」という意味で使うことが多くなる。

「ラグナが何座にある」と言うときは上昇点、
「ラグナは何座」と言うときは上昇宮。
ま、違うって言っても、どっちもありっつーか、どっちでもよさそうな話なのよね。

でも、本多さんはこれをはっきり定義づけしてます。
「ASC=地点のこと」(つまり上昇点)で、「ラグナ=星座のこと」(つまり上昇宮)、というのが「通常」なんだと言ってます。

2つの単語に2つの意味があるから、
一方を一方に対応させて定義づけしちゃうってのは、
合理的だし、機能的だと思う。間違いだとも言い切れない。

でも、この定義がどこで「通常」なのかと言えば、
あくまでも本多先生が講座とかでわかりやすく説明するためのローカルルールであって、
インド占星術の常識とは言いがたいと思ったんです。
少なくとも、「ASC」という西洋の単語を使わないインド人は、本多さんみたいな定義づけはしないはずなんだよね。

説明すると、長くなってしまった(汗)。

| うちゃ | 2012/11/13 00:02 | URL | ≫ EDIT

うちゃさん、ありがとうございます。
よく分かりました。そこまで厳密にする必要があるのかとも
思いますが、今後は難解な標準語と分かりやすい方言を区分
して使うようにします。

| 本多信明 | 2012/11/13 00:59 | URL |

返信遅くなりました

著者じきじきのレス、ありがとうございます。
でも、著者本人が必要性を強く感じてないなら、
なぜ本著では、「ASC=上昇点」「ラグナ=上昇宮」というめずらしい定義をしたのですか?

| うちゃ | 2012/11/17 23:32 | URL | ≫ EDIT

私の所にインド占星術を習いに来る人は、多少とも西洋占星術の知識がある人が多いのです。西洋のアスペクトは惑星間の度数でとるけど、インドではハウス間でとるというような2つの占星術の違いを説明すると最初戸惑いを感じるようです。それで分かりやすくする為に、とりあえずはこう説明した方がいいと思うのでそうしたわけです。必要性を感じないというのは、そういう定義であってもハウス在住と支配の解釈段階では大筋で違いはでないと思うからです。入門段階であまり厳密に定義すると嫌になってインド占星術学習から離れていく人が多く出ます。聞いてみると他の占術はそこまで厳密にやっていない現状なので嫌になるようです。でもそれは生徒をつなぎとめる為の営業政策でやっているのではありません。自分としてはあくまで分かりやすさの工夫しているつもりです。それでいいと私は思いますが、何か大きな問題が出ますか。気をつけるべき点がありますか。

| 本多信明 | 2012/11/18 02:09 | URL |

Re:

うん、やっぱりそうだよね。
講座の受講生に説明するとき、
こういうふうに定義したほうが
わかりやすいんだろうなと思いました。
だから、ここは間違いとは思ってません。

ただ、本屋さんで売ってる書籍に、
そういうローカルルールを持ち込むことに私は違和感を感じたわけで。
「本多信明の」とか、「本多流」みたいなのがタイトルについてれば構わないんだけど、
ストレートに「インド占星術」ってタイトルで出てる本なのに、
ローカルルールが多すぎる、って印象があったんです。
他にも例えば、パーパカルタリ・ヨーガのとこだけ
「パーパカルタリ状態」って、はしょって言っちゃうとかね。

タイトルと内容がずれてると、買ってから「あれ?」って思う人も出てくると思うんです。
占星術の本って、タイトルと中身が違うことがたまにあるから、
私はそこんとこに辛く書評する傾向があるみたい。

内容の間違いとか学術的な問題点は、
気になったことはいくつかあったけど、
こんな適当なブログ書いてる私じゃ・・・
どうこう言える身分じゃないと思ってます。

次回作と、第二版に、期待してます。

| うちゃ | 2012/11/20 00:11 | URL | ≫ EDIT

うちゃさん、建設的なコメントをありがとうございます。次作の時にアドバイスを参考にしたいと思います。

| 本多信明 | 2012/11/20 07:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/802-6768749d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT