うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

説明しすぎないように

インド占星術って、わりと複雑な読み取り方をする占星術です。

ラーシだけじゃなく分割図も使って鑑定するし、
いろんなとこをラグナ(起点)に見立てて鑑定する。
何度も何度も同じ象意が繰り返されるのを見て、
より正確な鑑定や未来予測につなげていく。
すべてのインド占星術がこういうやり方をするってわけじゃないんだろうけど、
こんな感じで鑑定する人って多いと思う。

でも、この特徴のせいで、相手を深く傷つけてしまうこともある。

人間って、いくつも理由を挙げられると、
なんとな~く相手の言い分のほうが正しいような気がしてくる 
一方、インド占星術の場合、単独の理由では結論を出さない。
複数の凶星に傷つけられてるとか、複数の分割図で同じのが出てるとか、
必ず複数の理由を見つけて結果を導き出そうとします。 

すると、言い方によっては、相手にすごい圧迫感を与えてしまうのよね。


たとえば、

 悪い鑑定結果を伝える
  ↓
 クライアントが暗くなる
  ↓
 私は単に法則どおりにホロスコープを読み取ってるだけです、的な言い訳をする
  ↓
 悪い理由を上乗せされ、さらに暗くなる
  ↓
 こういうホロスコープだからこうとしか読めないんですよ、的な言い訳にさらに走る
  ↓
 さらに傷つく

という悪循環に陥っちゃうと、最悪かも。

鑑定プロセスを、詳しく説明されたほうが冷静になれる人もいるけど、
詳しく説明されると、どんどん落ち込む人もいる。人間さまざま。

これは、鑑定する側の言い方に問題あるかもしれないし、
話を聞く側の性格の問題もあるかもしれないんだけど、
説明のしすぎで相手を傷つけてしまうことは、
インド占星術の危険性の一つだと思う。
私も、ここんところはできるだけ注意するようにしてます。

| ネットで鑑定してて | 20:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

言い方って大事ですよね。

こちらが誠実に対応しようと真面目にやればやるほど、相手がその真剣さに圧倒されて、引くという(笑

相手の虫の居所とか言った時のタイミングで内容の受け取り方も千差万別。
むずかしいですよねー

肯定的な意味でいったつもりだったのに皮肉なの?ってネガティブに捉えられて。こちらも戸惑うわ悲しくなるわ立ち直れない・・うう

言ってることは正しいけれど、アンタには言われたくないって思われてるんだろうなと自己嫌悪。

悩んでるひとはただでさえ神経過敏になって疑り深く傷つきやすくなっているし・・

プロの鑑定士は凄いです。

わたしの尊敬する大漫画家の萩尾望都さんという方がいらっしゃるんですけど「プロとアマの間には、深くて黒いおおきな川がある」とかなんとかおっしゃってた。

ファンレターのなかには挑戦的な文章で「こんな絵は描けないでしょう。こんな技術は知らないでしょう」って書いてくるひともあって。

プロは技術を競ってる訳じゃない。相手にメッセージを送ることが目的なんだから技術じゃないっていう意味のことを返事に書いたという話。

占いのプロはさすがにライフワークだから、占いに関してはきっちりと意見をいう。あいまいさを許さない厳しさがある。

しかしうちゃさんのブログには、そういうの求めてないから(笑

今日もとりとめのない文章をつぶやいてしまいました。
明日は仕事休んでプールで泳ぐぞー(風呂とぷーるで入場1回500えん)


| たけさき | 2012/10/17 22:57 | URL |

Re:

>あいまいさを許さない厳しさがある。
>しかしうちゃさんのブログには、そういうの求めてないから(笑

求められても困ります、無理無理(笑)。

| うちゃ | 2012/10/20 17:52 | URL | ≫ EDIT

結局ねー鑑定も言い方しだいだと思う。

第一声でネガティブなことをいうとドカーンと衝撃がきて、あとはいくらフォローしても聞いてない、みたいな。

苦情は褒め言葉のサンドイッチで言えというセオリー。

女難の相がある人ならば、「あなたはモテますねーでもそれ相当の見返りも支払うことになりますよ」とか。

「恋愛運がよすぎてなかなか結婚に足が向かない。で、その反動で子供が遅くなって間に合わないかもしれない。そのぶん趣味が充実する」とか。

「家庭運がよすぎて定職になかなか就けない。でも家のなかに幸運あり」などと(笑

とにかく褒めることが大事なんでわ?人生には現象があるだけで、それを吉凶で単純に、決めつけるのは人間なんだから。。

| たけさき | 2012/10/23 00:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/796-2f910ac5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT