うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

六曜の話、その2

最近、大津市のいじめ問題がマスコミを賑わせてます。

中二男子自殺、原因はいじめだったのか、そうじゃなかったのか。
報道や抗議活動が大きくなってきたせいか、ついに大津市が方向転換。
大津市教育委員会の主張に反して、いじめのと因果関係を認める方向で動き出してる。

さて、時事ネタはこんくらいにして、占いの話へ。

7年前にも、抗議を受けた大津市が、路線変更したって事件があったらしい。
大津市役所が毎年出してる職員手帳に六曜を載せたら、
「んな迷信を!」みたいな抗議が出てきて、
手帳をすべて回収・廃棄することになったとさ。


前回の記事を書いてるときに、Wikipediaで六曜を調べてたら、
こんなふうに書いてました。

一般的なカレンダーなどにはこれまで広く用いられてきた。しかし、行政をはじめとする公共機関が作成するカレンダーでは使用せず、掲載を取り止めるよう行政指導を行っている機関もある。これは、根拠のない迷信であること、無用な混乱を避けるなどの理由による。また、部落解放同盟では「六曜のような迷信を信じる事は差別的行為につながる恐れがある」などの理由から、積極的な廃止を求めている。こうした背景などから、2005年には大津市役所が作成した同年度版職員手帳に六曜が載せられていたために、部落解放同盟の抗議を受けて回収され、全て廃棄処分されるという事件も発生している。

六曜が迷信、ってとこは、よくわかる。
それって本当に差別につながるの? ってとこは、よくわからん。
でも、迷信だって抗議を受けて、市役所がせっかく作った手帳を廃棄するのは、
ま、抗議してきた団体との力関係もあるんだろうけど、仕方ないかなって思う。

迷信とか、げんかつぎとかって、楽しく気楽につきあっていきたいもの。
でも、真顔で文句言われると、笑ってごまかすわけにもいかない。
抗議活動に一つずつ対処してかなきゃいけない市役所のみなさま、ご苦労さまです。

占いや、迷信とのよい関係がみつかりますように。
世界からいじめで自殺する子供がいなくなりますように。

| 未分類 | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/778-f48eaf09

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT