FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドゥシュタナの6室(ウパチャヤでもある)

6室、8室、12室のことを、ドゥシュタナ・ハウスと言います。
ここは凶ハウスで、苦しみを表わしてます。

そこから何が生まれるか、考えてみました。

6室の苦しみから、他人に対する奉仕の気持ち、癒しの心が生まれ、
8室の苦しみから、ものごとの本質を見つめる洞察力が生まれ、
12室の苦しみから、自己放棄の精神が生まれ

るんじゃないかな。




その中で、6室って、周囲とぶつかったり病苦にぶつかって、

ガツン、ゴチン、クソッ、イテッ、ふう、お前もか?よしよし。

ってハウスなんじゃないかな。

3室、6室、10室、11室は、成長を表わすウパチャヤ・ハウスです。

成長していくから、これを固定的に見ることはできなくて、
現在どういった成長段階なのかは、そのハウスだけでは判断が難しい。

ガツンモードの人もいれば、
クソッモードの人もいるし、
イテッモードの人もいるし、
ふう、お前もか?よしよしモードの人もいるはず。

これは、6室だけでは判断できないから、
他のハウスとかいろいろ見ていってこん中から選択してくことになります。

あと、6室は12室と対になってるハウス。
6室は「敵のハウス(サトル・バーヴァ)」と呼ばれ、
対立、困難と人生における障害を示します。
一方、12室は悟りを示し、「悟る・バーヴァ」と呼ばれてまして、、、

           いや、面白いなと思っただけで、えっと。。。

| ハウスの研究 | 22:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

tenです、ご無沙汰してます。現在プラティアンタルダシャーが6室在住星に突入する前ですがすでに離婚調停でもめにもめております。夫が愚かな行動ばかりして以前鑑定された通り夫自身によって調停の遅延が起こっています、まさに私のホロスコープそのままです。ところで、夫のホロスコープでは1室支配星の月が6室に在住して木星と星座交換していました。私も夫も同時期に6室在住星のプラティアンタルダシャーになりますが、これで私は勝てるんでしょうか?謎です。読み方をぜひ教えてください。

| B2-ten | 2006/04/22 15:42 | URL |

単純に、6室の支配星のダシャーの時期は裁判で勝てる、って考え方があるから、
プラティアンタルダシャーは期間が短いから、
いつ判決がもらえるかどうかがけっこう重要かも。
あとは、トランジットの木星や土星が6室にアスペクトしてるかもチェック。

| うちゃ | 2006/04/22 19:36 | URL |

お返事ありがとうございます。
トランジットの木星や土星は、今現在いる部屋からカウントしてわたしの6室に当たる部屋にアスペクトしてるか見ればいいのでしょうか?
惑星交換によるヨーガはとても悪い意味のようで、これによってまずいことをしてるのか、それで長引くのかなって気もするんですがそれはどう思われますか?
すべて片付きましたらまた鑑定塾のほうに報告したいと思いますのでぜひともお知恵を拝借させてください。

| B2-ten | 2006/04/24 16:52 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006/04/26 16:37 | |

>トランジットの木星や土星は、今現在いる部屋からカウントしてわたしの6室に当たる部屋にアスペクトしてるか見ればいいのでしょうか?

いえ、ラグナから見て6室目です。

>惑星交換によるヨーガはとても悪い意味のようで、

私は、惑星交換は良い意味で出ることのほうが多いと思っています。ただ、まだまだ研究段階です。

| うちゃ | 2006/04/27 21:29 | URL |

ひっそりと報告します

うちゃさん、私の6室のプラティアンタルダシャー太陽期では、決着がつきませんでした。次回は8月後半に決定したのですが、離婚自体ではなくて財産分与でもめもめです。
報告できるネタとしては、6室在住星のプラティアンタルダシャーに入ってすぐ夫(ラーフ・金星・月期)は顔面が酷く腫れ上がってゴールデンウィーク中病院通いだったことと、同じく(土星・水星・太陽期)にはいった私は風邪で高熱と、病気の方で出たってところでしょうか。
6室支配星のダシャー期は良いとなると私は当てはまりますが、夫は当てはまってませんね。、、、勝ち負けでもないんですが、一銭もくれないというので少しくらいはもらいたいなと思ってます。くれないのかな、、。

| B2-ten | 2006/06/06 00:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/75-81f947dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT