うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日立の樹ヨーガ

月の両サイドに惑星が侍ってるのが、ドゥルダラ・ヨーガ。

その中でも、最高品質のドゥルダラ・ヨーガは、
生来的吉星(木星・金星・水星)で支えられたドゥルダラ。
これを、チャクラパーニ先生はバンヤン・ヨーガと呼んでました。

バンヤン樹とは、

日立の樹

こんな形をした木で、人間や動物たちをインドの日差しから守ってくれるんだそうです。
(※写真は、バンヤン樹ではありません)
その名のとおり、このヨーガを持っている人は、困ったことがあると誰かが援助の手を差し伸べてくれます。

日本的に言えば、ヒタチノキ・ヨーガ。
グニャグニャになってるときに仲間が支えてくれる、ルフィ・ヨーガとも言います。
(※言ってるのは私だけ)

私が今まで見てきたホロスコープでも、このヒタチノキ・ヨーガを持っている人は、
困ったときに相談に乗ってくれる友人、先輩に恵まれてるようです。

もう一つ。
困っている人を見ると、何ができるでもなく、そっと寄り添ってくれる、
そんな心優しさを表わすヨーガなのかもしれない。

関連記事:
ダドゥルララ・ヨーガ

| ケーマドルマ・ヨーガ | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/701-ba896d56

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT