うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラーフ(ドラゴンヘッド)と前世

ラーフは、前世  のカルマを表わす   という説を、よく耳にする。

私は、この説には、反対。

これって、インド占星術をかじった西洋占星術家の考え方なんじゃないかな。


インド占星術ってヒンドゥー教(輪廻)がベースにあるから、
生まれたときの運命は、すべて前世のカルマ。
ラーフやケートゥだけじゃなくって、すべての惑星が前世のカルマを表わしてるものなのよね。

ただ、ラーフもケートゥも虚星だから、
目に見えないパワーに引きづりこまれるぅぅぅ、みたいな感じで
あれれれれって感じでいろんなことが起きる。

それを西洋占星術家が見て、
オリエンタル・ミステリーに満ちた世界、「前世の呪いじゃ~
みたいな話になっちゃったんじゃないかな。
よくわかんないから、手っ取り早く「前世」でくくっちゃえ、みたいな。

単純にインド占星術だけやってたら、「ラーフ=前世」なんて説は出てこないはず。
単純に西洋思想で考えたら、前世の話は出てこないはず。
東西の文化が混ざり合い、変なのができあがったらしい。
皆様、こんにゃくゼリーで窒息死しないよう、お気をつけください。

参考までに、本田さんのブログの記事も転載しときます。


---------------------------
“私はドラゴンヘッドがその人の「前世」を表すものだと言う事を知らなかった。リリスについてはかなり前から話は聞いていてそんなものかなと思っていた。だが、ドラゴンテイルの話を始めて聞いた時、「ドラゴンヘッドが前世を表す?え~っ、ほんまかいな!」と絶句したほどである。ドラゴヘッドは「小社会への適応」でベネフィック、ドラゴンテイルは「小社会の拒絶、不適応」でマレフィックというのが西洋占星術では基本である。因みにインターネットで検索すると出てくる出てくる。こういうことを書いているのは心理占星術を通り越して、神秘オカルト系占術?を行う人達が殆どである。占術のあとに必ず、パワーストーン、レイキヒーリング、オーラソーマ、チャネリング、催眠療法、エニアグラム、アカシックレコード等々の怪しげな宣伝がある。”

“直接、英語文献を当たってみると、その謎はすぐに解ける。実際には、ノースノードに関する本であっても、それをカルマと結びつけていない本の方が圧倒的に多い。ジャン・スピラーのドラゴンヘッド=前世説であるが、実はインド占星術家J.Braha氏のノードについての説を、彼女がハウスとサインを交換して作り上げたものらしい。そうするといろいろな矛盾が吹き出てくる。検証というより実感としてしっくりこない。妥当でないとする批判意見が当然出されている。「ドラゴンヘッド=前世説」のからくりはそんなものらしい。直観力は鋭くても霊性は低い人は世に存在する。しかし、日本ではそんなことはまったく知らされていない。西洋占星術でカルマを見ていく方法も多岐にわたり、それらが特に検証されているわけでもない。そのような意味で、ドラゴンヘッド=前世とする意見に特別の根拠は認められない。

そうすると日本の占術出版業界が欧米の人気占星術家(だから実力があるとは限らない)のヒットしそうな著作を意図的に無批判に取り入れて、商売の種にしている図式が見えてくる。何も知らない日本のジャン・スピラー・チルドレン達が哀れにもそれに振り回されて、猿芝居を演じていることになる。ただ頭から信じこむだけで、そこには何の知的批判精神もない。日本の占星術界の知的レベルは相当に低い。”
----引用ここまで

関連記事:
ドラゴンヘッドとラーフの違い

関連ブログ(本多信明さんのブログ)
本当にドラゴンヘッドは前世を表すのか?(1)
本当にドラゴンヘッドは前世を表すのか?(2)

| 西洋占星術との比較 | 00:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

色々

>それを西洋占星術家が見て、
>オリエンタル・ミステリーに満ちた世界、「前世の呪いじゃ~」
>みたいな話になっちゃったんじゃないかな。
>よくわかんないから、手っ取り早く「前世」でくくっちゃえ、みたいな。

これはちょっと誤解を招くかも知れないです。
あと、何でも混ぜるのは良く無いですが、法則性を仮説立て、検証するにはサイデリアルは良い年数基準かと思います。
西洋インド問わずです。
少なくとも古典西洋の人まで的中できない人達であるかのような印象を与えるのは、適切とは思えません。

あと、前回の日食記事、ちょっと変な書き込み方でしたが、日食時間がイースター島で、座標が東京になってます、と言う意味でした。
日本の日食時間は12日4:38:51に起こっています。この時間にイースター島ライブを観たので間違いないです。

もう一つ、ジャガを見て居て気づいたのですが、あのダシャーの曜日は太陽年として設定されており、恒星年ではありません。太陽年はご存じの通り歳差運動が生じる年表記です。別名ソーラーイヤー、トロピカルイヤーと言います。恒星年は恒星基準に修正されたものです。こちらはサイデリアルイヤー。
インド占星術はサイデリアルですから、恒星年を使うはずなのですが、パラーシャラズライトではどうなっているでしょうか。

| エレキ | 2010/07/19 14:36 | URL | ≫ EDIT

ラオ先生の書いたKarma&Rebirthという本がありますが、お読みになりましたか?

| みけ | 2010/07/19 23:15 | URL |

読んでいません

今のところ全ての鑑定はネットの文献からです。
日本にはほぼ情報がないため、英語サイトも回っています。
実のところ、ナラシンハ先生の手法を入れてみたり、チャラク先生のMBのオーブを取り入れてみたり、検証して納得行くものだけ使っています。それらに整合性がないと分かれば使いませんし、現にK.N.ラオ先生が非推奨とされるラーフを含めたチャラカラカなども試して、確かに表示されていない事を確認するなど、色々と試行錯誤しているところです。

それが混ぜているんだ、等とと言われた場合はどうしようもありません。

なお、ジャガナータでは太陽年どころかデフォルトでは360日法で計算するようになっており、設定はかなり癖が強かったように記憶しています。
メニューの一番上に太陽年が来るなど、なぜあのような設定になっていのか謎でした。そこで、他のアプリケーションの標準をお聞きしている次第です。
現時点では365.256363004恒星基準としています。別段太陽年でも多少の誤差しか存在しませんが、気持ちが悪かったもので。

| エレキ | 2010/07/20 02:12 | URL | ≫ EDIT

じゃが

ジャガナータの初期設定って、癖がありますよね。
ラオ派の目線で見るから癖が強く感じるのかなって思ったけど、
なんかやっぱりマイナーなほうで設定してあったりする。
アヤナムシャがラヒリで良かった、と思うわけで。

カルマとリバース、いい本ですよね。
ヒンドゥー占星術の思想をうまくまとめてるって感じ。
星を見つめる聖者たち、早く次が出ないかな・・・。>もりもりさん

| うちゃ | 2010/07/22 20:31 | URL | ≫ EDIT

相性 ラーフと惑星

http://cormac.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-7214.html

↑こちらの西洋占星術のサイトによると、自分の惑星(太陽や月など)と相手のドラゴンヘッド(ラーフ)が同じ星座の同じ度数にあると、惑星側がラーフの人に援助するそうです。

私の月と妹のラーフが、ほぼ同じ度数なのですが、なんとなく当てはまるかもしれません。
私は援助してるつもりはないですが、妹は私の車を勝手に使ったり(もちろん抗議しました)、2人で食事しても私が代金を支払うように仕向けたり・・・。 
「自分の物は自分の物。姉の物も自分の物。」という感覚なのかな~。(-_-;)

うちゃさんは、鑑定でこのような例はありますか?

>ただ、ラーフもケートゥも虚星だから、
>目に見えないパワーに引きづりこまれるぅぅぅ、みたいな感じで
>あれれれれって感じでいろんなことが起きる。

このくだりを読んで、こちらに投稿しました。



| いちご | 2016/02/15 11:19 | URL | ≫ EDIT

Re:

なんとなく使えそうな技法だね。

西洋占星術では、ラーフを人間関係を良くする吉星と考えているから、
援助する関係ってふうに読み取ってるのかも。
インド占星術で、ラーフは貪りの凶星。
強制的に援助させられちゃうんじゃないかな。

| うちゃ | 2016/02/15 21:04 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます。

そうなんですよ。

>目に見えないパワーに引きづりこまれるぅぅぅ、みたいな感じで

まさに↑のような感じになります。

反対に、自分のラーフの度数に近いところに惑星がある人には親近感を覚えます。

| いちご | 2016/02/17 09:29 | URL | ≫ EDIT

Re:

いちごさんが親近感を感じてるその人は、
実はパワーを吸い取られてる気分を味わってるかもしれません!(笑)

| うちゃ | 2016/02/17 20:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/664-5cbbb09f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT