うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本航空(JAL)のホロスコープ

今日は、ちょっと気合いを入れて研究したホロスコープの、研究発表。

年をまたいで大きな社会問題になったJALの破綻、
インド占星塾の掲示板にこんな投稿が。

JAL - 10/2/3(水) 7:46
現在JALで働いています
この先大丈夫でしょうか?皆心配しています。
ボーナスはありませんでした!
鑑定お願いします。-


会社を見るには、その会社の出生図が必要になるんだけど、
私は日本航空を研究してみて、1987年のホロスコープを使うことにしています。

JAL設立ホロスコープ


検討したホロスコープは4つあって、


▲1951年
JALが設立されたのは、1951年。
JALは国の航空会社で、国内外に飛んでいく。
国内では全日空と東亜国内航空、
その他に小さな会社がチョボチョボと飛んでました。

▲1987年
御巣鷹山墜落事件をきっかけに、JALの経営は大きく方向転換し、
1987年11月18日に「日本航空株式会社法を廃止する等の法律」が施行され、
JALは民営化します。
このとき会社はあらゆる意味で大きく変貌を遂げたので、
これがJALの設立年月日と見て良いと思います。
ホロスコープやダシャーを見ても、なんとなくこれでよさそう。
朝9時に官庁が動き出し、法律が実際に施行・運用され、会社が動き出したと考えると、

1987年11月18日午前9時、東京本社(東京駅前)
JAL設立ホロスコープ

これを私は採用しています。(o⌒∇⌒o)

▲2002年
東亜国内航空は、後に日本エアシステムと名前を変え、
2002年にJALと経営統合します。
当時、日本の3大航空会社とも言われていましたが、
実際はトップ2+1みたいなものだったわけで、
JASがJALに吸収合併された、というのが実情でした。
だから、2002年は、JALが新しく生まれ変わったというより、
東亜国内航空がついにジ・エンド、というふうに私は考えてます。
JAL本体は大きく変わったわけではないので、
2002年がJALのホロスコープとなりえるか疑問。
ちなみに、もしこの日が新JALの門出だとしたら、
こういうのって株式総会で決められるものだから、
大企業の株式総会、普通は午後一くらいの時間に開かれるもんなんで、
午後1時が設立時間になるんじゃないかな。

▲2010年
今年の会社更生法の適用をもって新しいホロスコープにするかどうかは、
今、考え中。
破産して完全に別組織ってんだったら新しいホロスコープだけど、
トップを変えて、人を減らして、ジャンボをなくしたところで、
実質、社会的位置づけとか、社内の認識とか、どこまで変わっていくんだろうか。
一から生まれ変わりました、というより、再建、という印象のほうが強いんだけど。

というわけで、わたしは今のJALを見るのに、
1987年ホロスコープを使ってるのだわさ。

この、87民営化ホロスコープだと、JALは現在、ラーフ-金星期。
いろんなドラマが起きる時期。
ttp://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-12.html
ttp://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-257.html
金星は6室と11室を支配していて、凶星化しています。
12室に在住しているので、存亡の危機。
さらに、凶星2つとコンジャンクト。土星はマーラカだし、太陽は9室の支配星。
9室って、仕事にだけは良くないハウス。10室(名声)から12室目(失う)だから。
金星はラーフから見て9室に在住。
これじゃ、経営破たん仕方ないかなぁ、って思ってました。
6月まで持ちこたえられればラーフ-太陽期なんだけど、
そこまで持ちそうになかったし、
たぶん自力再生は無理かな、って。。




この記事を見たホアハウンドさんから、
お褒めの投稿をいただきました。

ホアハウンド - 10/2/5(金) 22:18 -
こんばんは。ホアです。
JALの事件は興味深い話題なので、うちゃさんが使用されているデータを西洋占星術で検証してみました。
やってみた感じとして非常に正確に事件の説明がつきましたので、あのデータで問題は無いと思います。
うちゃさんの問題解決をされるときの筋道の明快さが、あのデータを選択させたのだと感じました。
とても優れた占いのセンスです。
従って、あのホロスコープが継続されて、JALが再建されると思うと、ちょっと重たい感じです。
できれば、新しく仕切りなおしてスタートというのが良いようです。
ホアハウンド


よかった(o⌒∇⌒o)
私にしてはめずらしく時間をかけて検討したところなんで、
時間をかけたものを誉められると、嬉しいな。\(゚∀゚)/



返事はなかったけど、うちゃからJALさんへ。

うちゃ - 10/2/4(木) 21:22 -
私の使ってるホロスコープが正しければの話になっちゃうけど、
6月になれば、法律的な部分が追い風になってきて、
光が見えてくるようになると思いますよ。

ボーナスは、「出て当たり前」と思っていたらつらいけど、
あくまでもBONUSなんだと考えましょう。
お国の後ろ盾がない中小企業では、
経営が悪化すればボーナスがないのは当たり前、
経営が良いときだけボーナスが出る会社さえあるわけで。

1987年、お国から自立するに際して、
多くのJAL社員が、暴風の中で戦ってきたはずです。
そのころの戦士たちはもう定年退職してるでしょうが、
完全に自立できなかったことを今も歯がゆく思ってる人たち、多いはず。
今、あなたたちが、この暴風の中、自立に向けて戦ってください。
長い歴史を踏みしめ、新しい歴史を作っていってください。
応援してます。

| 鑑定例@有名人 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/620-ad68a78f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT