うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ナクシャトラ・ダシャー、その2

http://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-258.html
のコメント欄に、ドゥビ・ダシャーについてこんな質問が。

>| eeeey | 2010/02/09 20:01
>一通り読みましたが、ムーラから始まるということは
>いて座在住の火星から始まるんですか?
>理解力がないのかさっぱりわかりませんでした(・・;)

これを答えるための前置きとして、

ナクシャトラのスタート地点
ナクシャトラ・ダシャー、その1

を書きました。
ようやく、回答です。


ヴィムショッタリ・ダシャーと違って、
ドゥビ・ダシャーは「ケートゥ期」がない。
だから、ダシャー期は8つしかありません。

ヴィムショッタリ・ダシャーは9つあるから、9×3=27
3周回ってワンと鳴く。  いや、別に鳴かなくてもいいけど
けどドゥビ・ダシャーは、3周回った後でも終われなくて、
太陽期、月期、火星期が中途半端に付け足されたとこで終わります。
8+8+8+ 3 = 27
くっそー、割り切れねー話だぜ。

サア次に、この余った3つをどこにぶっこむかって話になるわけで。

ヴィムショッタリ・ダシャーの場合はアシュヴィニーからスタートするって考えた、
けどドゥビ・ダシャーはムーラから太陽期、月期、火星期ということにします。
すると、ぐるっと3周回ったところで、ヴィシャーカー、アヌラダー、ジェーシュターの3つが余る。
そこで、

ヴィシャーカーに月が在住する人は、太陽期からダシャーが始まる。
アヌラダーに月が在住する人は、月期からダシャーが始まる。
ジェーシュターに月が在住する人は、火星期からダシャーが始まる。

ってことになります。
その次は、基本的には火星期の次は水星期になるんだけど、ムーラは最初に戻るから太陽期。

めでたしめでたし。

これがドゥビ・ダシャーの構造です。
わかってもらえたかな?

関連記事:
ナクシャトラのスタート地点
ナクシャトラ・ダシャー、その1
ドゥヴィサプタティ・サマ・ダシャー、その1
ドゥヴィサプタティ・サマ・ダシャー、その2
ドゥヴィサプタティ・サマ・ダシャー、その3

| ダシャー | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/615-fb2709c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT