うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ナクシャトラ・ダシャー、その1

初級の解説です。
ナクシャトラとダシャーの関係を説明します。

ホロスコープは360度。
これを30度ずつ、12に区切ると、12星座になります。
牡羊座、牡牛座、双子座、ってやつです。

同じように、360度を27に区切ったのがナクシャトラ。

1.アシュヴィニー
2.バラニー
3.クリッティカー
・・・

って名前がずらりと並びます。

ヴィムショッタリ・ダシャーは、9つの時期が順番にめぐってきて、
120年で1周します。
最初がケートゥ期、次が金星期、次が太陽期、月、火、ラ、木、土、水。この順番は固定です。

順番は同じなんだけど、生まれた時に月がどのナクシャトラにあるかで、
人それぞれ、ヴィムショッタリ・ダシャーのスタートする時期が変わります。


アシュヴィニーに月が在住している人は、ケートゥ期からダシャーが始まります。
バラニーに月が在住している人は、金星期からダシャーが始まります。
クリッティカーに月が在住している人は、太陽期からダシャーが始まります。
・・・

9番目のアーシュレーシャーが終わると、10番目のマガーは最初に戻ります。
マガーに月が在住している人は、最初に戻ってケートゥ期からダシャーが始まります。

ダシャーは9つあって、ナクシャトラは27あるから、ちょうど割り切れる。
最後はぐるりと回って1周します。 9×3=27。

最後のナクシャトラ、レーヴァティーが水星のナクシャトラです。


こんなふうに、月とナクシャトラの位置関係でダシャーが決まっていくものを、
ナクシャトラ・ダシャーといいます。
ヨーギニー・ダシャーとか、ドゥヴィ・サプタティ・サマ・ダシャーは、ナクシャトラ・ダシャーです。

チャラ・ダシャーは、ナクシャトラ・ダシャーではありません。

関連記事:
ナクシャトラのスタート地点
ヴィムショッタリ・ダシャーの構造
チャラ・ダシャーの構造
ヨーギニー・ダシャーの構造

| ダシャー | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/613-4e0f99f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT