うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ナクシャトラのスタート地点

ホロスコープは360度。これを12で区切ると、12星座になります。

1.牡羊座
2.牡牛座
3.双子座
   ・・・
12.魚座

どの本を読んでも、12星座は必ず牡羊座から始まります。


同じように、360度を27で区切ったのがナクシャトラ。

1.アシュヴィニー
2.バラニー
3.クリッティカー
   ・・・
27.レヴァティー

インドっぽい名前が、ずらりと並びます。
「ぷーるヴぁばーどらぱだー」とか、「うったらぱーるぐにー」とか、
耳で聞いて一発で憶えられるあなた、前世は絶対インド人です。

アシュヴィニーのスタート地点は、牡羊座の0度0分。
だから、ナクシャトラもアシュヴィニーからスタートするという考え方が一般的です。

けど、アシュヴィニー説のほかにも、クリッティカー説と、ムーラ説があります。

ヴィムショッタリ・ダシャーはアシュヴィニーから始まるって考えてます。
けど、ドゥヴィ・サプタティ・サマ・ダシャーは、ムーラからスタートするって考えます。
スバル(クリッティカー)から始まるって考え方も、なんかロマンがあるよね。好きだなぁ。

| 技法いろいろ | 22:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ヴァルゴッタマとなる惑星及びアセンダントのナクシャトラ順位

お早うございます。
「いつも」とは言えない所が辛いですが(苦笑)、うちゃ様のサイトで楽しくインド占星術を勉強させて頂いております。

先月のナクシャトラに関する記事(「アビジット」(2010年8月8日))を拝読し、思出したのですが、
以前、2010年1~3月の3ヶ月間、『インド占星塾』「無料鑑定室」にて鑑定依頼をされた方々(60名)の出生図からヴァルゴッタマとなる惑星及びアセンダント(63ヶ)のナクシャトラの数を順位に表しました。
当初は、単純に、プナルヴァスー、チトラー、ウッタラ・アシャーダーが上位に来るかと自身予想していたのですが、結果は――、



     ヴァルゴッタマとなる惑星及びアセンダントのナクシャトラ順位

   対象: 2010年1月1日~3月31日  『インド占星塾』「無料鑑定室」鑑定依頼者(60名)中、ヴァルゴーッタマ数 合計63ヶ (ヴァルゴッタマ保有者 計38名)

     1位 アシュヴィニー、チトラー、レヴァーティー  各10ヶ (各15.9%)
     2位 アヌラーダー、ウッタラ・アシャーダー  各7ヶ (各11.1%)
     3位 ローニヒー  6ヶ (9.5%)
     4位 プールヴァ・パルグニー  5ヶ (7.9%)
     5位 プナルヴァスー、シャタビシャー  各4ヶ (各6.3%)

   ●出生情報が不明瞭な場合、又は予め被鑑定者本人の同意を得ているか不明な第3者(含家族)からの依頼の場合は対象から除外。
   ●集計は鑑定依頼の投稿名及び回数に拘らず1人1回。
   ●惑星等の確認に際し、惑星や室の状態、関係等は考慮しない。
   ●外来用語の表記は、原則として、K.N.ラオ、K・アシュ・ラオ著、大森一、清水勇次、鈴本ゆり訳『ラオ先生のやさしいインド占星術入門編』(星雲社、2001年)に従う。




――意外にも、本記事で取上げられる、始まりと、そして終わりのナクシャトラ(アシュヴィニー、レヴァーティー)がチトラーと共、堂々1位に入ってきました。
12星座の牡羊座/魚座と境界線を同じくするアシュヴィニー/レヴァーティーとして見ると、全体の約3割(63ヶ中20ヶ))を占める形となります。

しかし……未だ赤本すら読みこなせない初心者、又、余裕も無;。恥ずかしながら現状これ以上の調査、検証は進められず、従い、何ら示す事は出来ません。けれど、ナクシャトラとヴァルゴッタマの関係が本記事を通してより興味深く、多少なりとも参照材料になれば……挙げさせて頂きます。

この場ながら、鑑定依頼者皆様のご協力に感謝申し上げます。
そしてうちゃ様、末広がりの「八」万到達! お目出度うございます!!

| HAL | 2010/09/02 04:58 | URL | ≫ EDIT

HALさん、あなたの8室がとっても気になるv-238

| ぱんつ | 2010/09/04 00:22 | URL | ≫ EDIT

ぶっちぎり

上位3つがぶっちぎって1位なのが不思議。
チトラーが好奇心旺盛で鑑定を依頼してくるのはわかるけど、
なぜにレヴァティー?
アシュヴィニーは、癒されたくって投稿してきてるのかな?

| うちゃ | 2010/09/06 22:42 | URL | ≫ EDIT

レヴァティーの不思議  其の壱(ヴァルゴッタマとアートマ・カーラカの間に見られる類似点)

うちゃ様

>チトラーが好奇心旺盛で鑑定を依頼してくるのはわかるけど、

将に知りたかった事です!
ナクシャトラの重要性は感じる物の、私達が普段生活する中においての、実際的・実用的なナクシャトラ活用法が掴めず、
 「ううぅぅぅぅむむ」e-443
な状況でした。
有難うございます!

>なぜにレヴァティー?

実はレヴァーティーの不思議は之だけでは無いのです。
アートマ・カーラカ(7カーラカ式)についても同様の期間(2010年1~3月)同じく『インド占星塾』「無料鑑定室」へ鑑定依頼をされた合計60名の皆様全員のナクシャトラを集計、順位に表しました――



          アートマ・カーラカのナクシャトラ順位

   対象: 2010年1月1日~3月31日  『インド占星塾』「無料鑑定室」鑑定依頼者 合計60名

     1位 レヴァティー  12名 (20.0%)
     2位 ジェースタ  6名 (10.0%)
     3位 ムリガシラー、プールヴァ・バードラパダー  各5名 (各8.3%)
     4位 バラニー、ヴィシャーカー  各4名 (6.7%)
     5位 クリッティカー、プナルヴァスー、アシュレーシャー、ハスタ、ダニシュター  各3名 (各5.0%)
     6位 ローヒニー、プールヴァ・パルグニー  各2名 (各3.3%)
     7位 ウッタラ・パルグニー、チトラー、スヴァーティー、ウッタラ・アシャーダー、シュラヴァナ  各1名 (各1.7%)


          アートマ・カーラカのナクシャトラ支配星順位

   対象: 2010年1月1日~3月31日  『インド占星塾』「無料鑑定室」鑑定依頼者 合計60名

     1位 水星  21名 (35.0%)
     2位 木星  12名 (20.0%)
     3位 火星  9名 (15.0%)
     4位 月、金星  各6名 (各10.0%)
     5位 太陽  5名 (6.7%)
     6位 ラーフ  1名 (1.7%)
     7位 土星、ケートゥ  各0名 (各0%)


   ●出生情報が不明瞭な場合、又は予め被鑑定者本人の同意を得ているか不明な第3者(含家族)からの依頼の場合は対象から除外。
   ●集計は鑑定依頼の投稿名及び回数に拘らず1人1回。
   ●惑星等の確認に際し、惑星や室の状態、関係等は考慮しない。
   ●アートマ・カーラカについては7カーラカ式に依る。
   ●外来用語の表記は、原則として、K.N.ラオ、K・アシュ・ラオ著、大森一、清水勇次、鈴本ゆり訳『ラオ先生のやさしいインド占星術入門編』(星雲社、2001年)に従う。




――集計に際し、12星座の最前、又は中間部領域を支配する、土星、ケートゥ、及びラーフが支配星のナクシャトラは少ないだろうと予想していました。
之は上掲「アートマ・カーラカにおけるナクシャトラ支配星順位」でも明らか、ほぼ順当と言えるでしょう。

しかし上位については……;;
12星座の内、水の星座(蟹座、蠍座、魚座)の最後部領域に当る、水星が支配星のナクシャトラ(レヴァティー、ジェースタ、アシュレーシャー)が占めるだろうと見ていました。
結果は、確かに該当の3ナクシャトラは上位に入った物の、、、


     レヴァティー、ぶっちぎりの1位!!


ヴァルゴッタマの時同様、又しても予想外。。。。。。



付記
レヴァティーにヴァルゴッタマとアートマ・カーラカが両方在住する場合、次の通り、約5~6割が、ヴァルゴッタマとアートマ・カーラカは同じ惑星になります。


     ヴァルゴッタマを主体に見た場合
      ヴァルゴッタマはレヴァティーに在住する: 10ヶ/10名
       内、同時にアートマ・カーラカでもある: 6ヶ/6名

     アートマ・カーラカを主体に見た場合
      アートマ・カーラカはレヴァティーに在住する: 12名
       内、同時にヴァルゴッタマでもある: 6名

| HAL | 2010/09/08 15:51 | URL | ≫ EDIT

レヴァティーの不思議  其の弐(アセンダント、太陽、及び月の場合)

続きです。
因みにアセンダント、太陽、及び月についてもアートマ・カーラカと同様にナクシャトラの順位を出しましたが、それらの中にあってレヴァティーは低調、格段目を惹く物ではありません(下掲参照)。


     アセンダント
       1位 マガー  7名 (11.7%)
            :
       6位 レヴァティー、他  各2名 (各3.3%)

     太陽
       1位 ダニシュター  6名 (10.0%)
            :
       7位 レヴァティー、他  各0名 (各0.0%)

     月
       1位 クリッティカー、ムリガシラー、マガー  各4名 (各6.7%)
            :
       4位 レヴァティー、他  各1名 (各1.7%)



しかしながら、前掲「ヴァルゴッタマのナクシャトラ順位」、及び「アートマ・カーラカのナクシャトラ順位」も加えて横並びに1位の数を比べてみると、ヴァルゴッタマ、及びアートマ・カーラカのナクシャトラの数は、矢張り、突出していると言えるでしょう。
アセンダント、太陽、及び月は、上の通り、1位であってもその数は1桁。
2桁台に上るのは、ヴァルゴッタマ、及びアートマ・カーラカの1位だけなのです。


少なくとも2010年1~3月期『インド占星塾』「無料鑑定室」へ鑑定依頼された方々の、出生図上に見られる傾向、又は特徴と言えるのかもしれませんが、
しかし、

つくづく 謎です。レヴァティー。



ぱんつ様

初めまして。
「8室惑星集中」は勉強になりました。矢張り生の声は違う!
この場を借りて御礼、有難うございますm(__)m

自身、自他共に認める悩み多き婆です。しかし8室ですか……うぅぅむ; 特段、惑星集中も惑星交換も無く……(悩)。

| HAL | 2010/09/08 16:03 | URL | ≫ EDIT

27th

アシュヴィニースタート説だと、レヴァティーは最後のナクシャトラになるから、
未知の世界への跳躍、って意味があります。
なぜヴァルゴッタマだと顕著なのかは謎だけど、
占いに興味を示すナクシャトラなんだね、きっと。

| うちゃ | 2010/09/10 21:59 | URL | ≫ EDIT

占いに興味を示すナクシャトラ

本題から逸れてしまい……失礼致しました;;、にも拘らずレス有難うございます。

皆様――特に鑑定依頼をされた方々には、ご依頼の内容に対し解決の一助となる物を提示する事が出来無ず……心苦しいです。オ役ニ立テズ、申シ訳有リマセン;;
しかし、

>なぜヴァルゴッタマだと顕著なのかは謎だけど、
>占いに興味を示すナクシャトラなんだね、きっと。

此方の書評記事「相性占いの虎の巻」(2006年1月11日)でも良評価の、月が在住するナクシャトラから個人の性格や恋愛・結婚の形、及び男女間の相性等を占う、秋本智朱、直江峰聖著『大結婚ヒンドゥー占星術』(主婦と生活社、2003年)においても、レヴァティーに関し次の様に解説しています。

     「また神秘世界への興味やつながりも深く、霊感的な能力を持っている人も少なくありません。」(62)


うちゃ様のご見解通り、

     「占い(神秘世界)に興味を示す」

この事は、月だけでなくヴァルゴッタマやアートマ・カーラカがレヴァティーに在住する場合でも、特徴の一つとして、その行動に表れる様ですね。


長々と初心者がシャシャリ出まして申し訳有りません。

 それにしてもナクシャトラは奥が深い……;;

勉強になりました。有難うございます!

| HAL | 2010/09/14 05:04 | URL | ≫ EDIT

HALさんへ

コメント欄に埋もれさせておくのはmottainaiので、
記事に転載させてもらいました。
http://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-679.html
リアルタイムのやりとりだけカットしてあります。

| うちゃ | 2010/09/16 23:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/612-9f4f93d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT