うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

父親と9室、と10室

お父さんのハウスについて語り合ってるスレッドがあったので転載します。
転載許可はもらいましたが、オベロンさんからは

>正確な情報がやりとりされていたか不安があります。
>10室も考慮する余地があるかもしれません。
>言い過ぎたので消そうかと考えていたぐらいです。
>面白いという視点からなら良いと思います。


ということで許可もらいました。



父親は9室か、10室か。。。
マイトリー - 09/12/7(月) 20:13 -


皆さんは「父親」をどちらで見てますか?
 ●南インドでは9室
 ●北インドでは10室
だそうですが、教科書では
 ●両方見なければならない
となっていて、その「つかいどころ」というのが皆目...
 ●子供にとってグルの役割を果たす父親
という解釈がありますが、それは宗教が生活と深く
結びついてるインドだから得られるものであって、
日本ではどうでしょうか?
わたしは
 ●精神的な導き手としての父親
よりも、
 ●服従すべき権威としての父親
のほうが日本では自然ではないかと思うのです。
現在ではその権威も失われてしまって、
 ●母親(4室から)の配偶者(7室目)である父親
になってしまっている感がありますが。
それに私の場合、9室だと父の死期がうまく説明できないのです。



うちゃ - 09/12/7(月) 22:48 -
参考までに。私の経験上、9室在住の惑星は、
父親の特徴を現してることが多いようです。


オベロン - 09/12/8(火) 1:07 -

こんばんは。父親の死期のデータはいくつも持っていますけど
改めて検証する余裕がありません。
気になったことだけ簡単にレスさせて頂きます。
父親は9室で見たほうが混乱しなくてすみます。
10室に在住星がある場合はいくらか考慮できると思いますが、
10室の支配星をとって読まないほうがいいと思います。



マイトリー - 09/12/8(火) 13:54 -

>父親は9室で見たほうが混乱しなくてすみます。

そう、まさに混乱しています。でもよく考えてみますと、
ハウス展開では9室を父親として1室と捉え、
父親に関する事象を解いていきますもんね。
この場合、決して10室は使わない。納得です。



オベロン - 09/12/13(日) 18:51 -

9室を1室として父親に関する事象といわれていますけど、
自分のことをラグナから見る時のようにあまりはっきりとは読めないと思っています。
あくまで自分自身の命運から写されるぼんやりとした父親の像と捉えたほうが正しいと思います。
私の9室のラグナと実際の父親の出生図はほとんど一致してません。
親が離婚した兄弟の出生図の9室や太陽に共通した傷が見られることは確認してますけど、
通常の関係の兄弟では共通項がないことの方が多いです。
ですから直接的なことも表れますが自分自身から見た親の像という視点も必要です。
実際に鑑定や検証をしてみて当たるかどうか確かめると分かるのではないかと思います。
私もあれこれと悩みながら考察を繰り返してきましたけど、
ラーシ 分割図におけるハウス カラカをダシャー トランジットを含めて
複合的に考察し判断するのが利口だという見解を持っています。
何か一つの手法だけで明確に何でも分かると考えてしまうと遠回りになりそうです。
ダシャーとはダシャーを1室とした9室を見るという手法もある程度は有効だということです。



ちなみに、マイトリーさん本人のホロスコープ検証は、
こんな話題になりました(中級以上向き)。



マイトリー - 09/12/7(月) 20:13 -

それに私の場合、9室だと父の死期がうまく説明できないのです。

◆私の生年月日時
 1973/2/16 
 1.7:20 a.m.(臍の緒が入っている箱に書かれた時刻)
 2.7:25 a.m.(母子手帳記載の時刻)
 愛知県豊田市
  35N05
 137E09

◆父親の死亡年月日
 1997年11月18日 正午頃

私の出生時刻が2つありますが括弧内のとおりです。

1.の場合 Ke/Jp/Me/Ra期に
2.の場合 Ke/Jp/Ke/Ra期に
                 (ヴィムショタリダシャー)

父が死亡していますが、どちらも10室を父親としてみないと説明が難しいのです。
もちろん私は初学者ですから何かを見落としていることは十分に考えられます。

みなさんはどうお考えでしょうか。

Maitriiさんのホロスコープ


オベロン - 09/12/8(火) 1:07 -

マイトリーさんは1室に太陽がありカラカの太陽から見た9室は重要になります。
9室と9室の支配星は2重に父親を意味することになります。
ダシャーのケートゥは天秤座から見てマーラカの火星にアスペクトを受け、
蠍座の副支配星で9室から見た2室支配星でマーラカと見ることもできます。
5室は9室から9室で父親の父親である祖父 父親の功徳 子孫と先祖を意味し、
ケートゥ期に自分を含めた父方の家系が衰退する出来事が起きたと読めます。
子孫 先祖の5室とトラインであることによって密接につながるということからも
9室を重視したほうが良いと思います。
自分の過去生からの功徳と父親の功徳は5室で同じハウスが示します。
自分の功徳が父親との縁を引き寄せるということになります。

木星は天秤座から見てマーラカの3室と6室支配星で、
ラグナと太陽から見てマーラカを支配し12室で減衰点に極めて近く9室支配星を損傷しています。
ヨーギニダシャーはラーフ-太陽期でラーフはマーラカの火星と接合し、
太陽は単純に父親に関する出来事を表します。
12分割図でもケートゥは3つの凶星に激しく傷つけられています。

もうひとつ重要なのはトランジットで、1997年頃にカラカの太陽と土星が
激しく傷ついていたことが原因だったようです。
土星に関しては特殊な意味があるので説明が難しいです。

本当は他の実例を検証してからにしたかったのですが、疑わしい見解もあるかもしれません。
これで納得できたでしょうか?



マイトリー - 09/12/8(火) 13:54 -

オベロンさん、ありがとうございます。

>特にマイトリーさんは1室に太陽がありカラカの太陽から見た9室は重要になります。
>9室と9室の支配星は2重に父親を意味することになります。

表示体のことは知っていましたが、後半部分へと繋がる思考回路ができていませんでした。
改めて教科書(東西)を読み直したところ、ちゃぁんと出ていました。見落としです。

>ダシャーのケートゥは天秤座から見てマーラカの火星にアスペクトを受け、
>蠍座の副支配星で9室から見た2室支配星でマーラカと見ることもできます。

ラーフ・ケートゥは影響を受けやすいとは知っていますが、
副支配星としての役割には思いにも至りませんでした。
ディスポジターの考え方の応用ですか?

>5室は9室から9室で父親の父親である祖父 父親の功徳 子孫と先祖を意味し、
>ケートゥ期に自分を含めた父方の家系が衰退する出来事が起きたと読めます。

驚きです。同じケートゥ期に父方の祖父が他界し、
次のダシャーに移ってからまもなく父方の祖母も他界しました。

>子孫 先祖の5室とトラインであることによって密接につながるということからも
>9室を重視したほうが良いと思います。

了解しました。

>木星は天秤座から見てマーラカの3室と6室支配星で、ラグナと太陽から見て
>マーラカを支配し12室で減衰点に極めて近く9室支配星を損傷しています。

木星にとって金星は辛辣な敵対関係
金星にとって木星は敵対化した中立関係
風邪ひいて熱がでてしんどいのに、すぐそばに気に入らんやつまでいて
ちょっかいかけられては、八つ当たりしたくもなります。

>ヨーギニダシャーはラーフ-太陽期でラーフはマーラカの火星と接合し、太陽は単純に父親に関する出来事を表します。
>12分割図でもケートゥは3つの凶星に激しく傷つけられています。

ヨーギニーダシャーは手付かずです。12分割図は見方がわかりません。両親のことを見るもの、
というのはわかりました。これはラーシと同じように12分割図のラグナから4室目と月を母親、
9室目と太陽を父親として読んでいけばいいのでしょうか。
それともダシャーの支配星と絡めてなのでしょうか?

>もうひとつ重要なのはトランジットで、1997年頃にカラカの太陽と土星が
>激しく傷ついていたことが原因だったようです。
>土星に関しては特殊な意味があるので説明が難しいです。

ここがわかりませんでした。トランジット・ラーシ間においてということですか?
すこしばかり傷んでるなとは思いましたが、「激しく」というのは・・・


9室が父親であることは納得ができました。勉強になりました。
いくつか技術面で不明な点が残りますが、今後の課題ですね。



オベロン - 09/12/13(日) 18:51 -

>オベロンさん、ありがとうございます。

こちらこそ返信ありがとうございます。

>>父親は9室で見たほうが混乱しなくてすみます。
>
>そう、まさに混乱しています。でもよく考えてみますと、
>ハウス展開では9室を父親として1室と捉え、父親に関する事象を解いていきますもんね。
>この場合、決して10室は使わない。納得です。

9室を1室として父親に関する事象といわれていますけど、
自分のことをラグナから見る時のようにあまりはっきりとは読めないと思っています。
あくまで自分自身の命運から写されるぼんやりとした父親の像と捉えたほうが正しいと思います。
私の9室のラグナと実際の父親の出生図はほとんど一致してません。
親が離婚した兄弟の出生図の9室や太陽に共通した傷が見られることは確認してますけど、
通常の関係の兄弟では共通項がないことの方が多いです。
ですから直接的なことも表れますが自分自身から見た親の像という視点も必要です。
実際に鑑定や検証をしてみて当たるかどうか確かめると分かるのではないかと思います。
私もあれこれと悩みながら考察を繰り返してきましたけど、
ラーシ 分割図におけるハウス カラカをダシャー トランジットを含めて
複合的に考察し判断するのが利口だという見解を持っています。
何か一つの手法だけで明確に何でも分かると考えてしまうと遠回りになりそうです。
ダシャーとはダシャーを1室とした9室を見るという手法もある程度は有効だということです。

>>ダシャーのケートゥは天秤座から見てマーラカの火星にアスペクトを受け、
>>蠍座の副支配星で9室から見た2室支配星でマーラカと見ることもできます。

>ラーフ・ケートゥは影響を受けやすいとは知っていますが、
>副支配星としての役割には思いにも至りませんでした。
>ディスポジターの考え方の応用ですか?

ケートゥの支配星座は蠍座 ラーフの支配星座は水瓶座という考えは西洋にあると思いますが、
インドではジャイミニ占星術にあるようです。
マイトリーさんから見た10室の支配星ということにもなるので、
サービス系か芸術系のような感じもしますが技術的要素のある医療や癒し系のものなら
理論的には正しいということになります。

>ヨーギニーダシャーは手付かずです。12分割図は見方がわかりません。両親のこと
>を見るもの、というのはわかりました。これはラーシと同じように12分割図のラグ
>ナから4室目と月を母親、9室目と太陽を父親として読んでいけばいいのでしょう
>か。それともダシャーの支配星と絡めてなのでしょうか?

12分割図のラグナは自分を表しますので母親は4室と月 父親は9室と太陽を1室として読みます。
しかし占星家によってはいろいろな見方をしているので、
今のところは何が正しいかはっきりしていないのが正直なところです。
ダシャーはハウスや吉星や凶星とのアスペクトの吉凶などから
単純に判断したほうが当たるような気がしています。
大抵は親の死は悲しいはずなので通常の判断で悪い時期に起こりやすく、
遺産相続などがある場合は例外でいい時期に起こるかもしれません。

>>もうひとつ重要なのはトランジットで、1997年頃にカラカの太陽と土星が
>>激しく傷ついていたことが原因だったようです。
>>土星に関しては特殊な意味があるので説明が難しいです。

>ここがわかりませんでした。トランジット・ラーシ間においてということですか?
>すこしばかり傷んでるなとは思いましたが、「激しく」というのは・・・

何でも書いてしまうと問題があるので分からないように書いています。
冥王星と土星とラーフがトリコーナ、火星と土星とラーフとケートゥが相互アスペクト、
太陽と冥王星がケンドラという配置が1997年には形成されています。
マハーダシャーのケートゥは激しく傷つきアンタルダシャーの木星は減衰の座にありました。
よく言われることですが、後付の解釈は容易で過去や未来のことを予言することは困難です。 
後付の解釈なら負担が軽く勉強にもなるので協力できます。
今後の検証頑張ってください。



オベロンさん、ありがとうございます
マイトリー - 09/12/15(火) 18:41 -

やはり、教科書とにらめっこしてるばかりでは、
基本は身に付くのでしょうけれど、その先に越えていくことは難しいのですね。
いまさら、ですが。オベロンさんがおっしゃった、

>実際に鑑定や検証をしてみて当たるかどうか確かめる

を肝に銘じて、がんばります。
ありがとうございました。

うちゃさんも、ご意見くださってありがとうございました。
ブログ、がんばってください。



うん、マイペースでがんばるね

| ハウス研究 | 23:36 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

個人的に親の実際のラグナと一致しなきゃだめってのはおかしいと思ってます。

あくまで自分からみた父のイメージのラグナなのではないのでしょうか?

個人的に9室か10室でいったら、9室関係が父のイメージです。
どう考えても8か12室ぽい独特な雰囲気な人なので。

死亡時期とかダシャー的なものは無しのイメージだけの素人意見ですが^n^;

| eeeey | 2010/01/27 01:01 | URL | ≫ EDIT

親が離婚するとか、自分と縁が薄いとか不仲とか、ある程度の関係性はわかるけど親の人生は人生、自分の人生は人生で自分の出生図から深くは読み取れるわけないなのでは?って思ってしまいます。

ナヴァムシャや分割図も実際は本当に信憑性あるのかな?自分のすら老後にならないとわからないですよね(・・;)

| eeeey | 2010/01/27 01:22 | URL | ≫ EDIT

Re:

>個人的に親の実際のラグナと一致しなきゃだめってのはおかしいと思ってます。
>あくまで自分からみた父のイメージのラグナなのではないのでしょうか?

鋭い!
そうだと思います。だって、その人のホロスコープを通して見えてくるお父さんだもんね。

けど、親のことをある程度読み取れるってのは、
いくつま見てきて、確かにそうなんです。
その鑑定精度を高めるために、ただいま勉強中。

>自分のすら老後にならないとわからないですよね(・・;)

自分のは、老後にならないとわからないね(笑)。

| うちゃ | 2010/01/28 22:27 | URL | ≫ EDIT

こういうことがあるから

大外ししてからは、BKだけで判定するようになりました。ハウスは前回別のコメントで述べたとおり、断定的に判断するには難しい部分があります。オベロンさん並みじゃないと当たらない、というのは、まるで蜃気楼を果てに見る思いです。もちろん、ハウスを軽視するわけにもいきませんが……。
祖父やらなにやら出てくるのであれば、確かにこれは有効ですが、実父だけならジャイミニで十分だと思いますし、今時点ではそれが一番当たっています。

この話が嫌なところが、時代背景によって変わるのではないか、という話が出ているところです。
古典占星術では4室が父親で10室が母親だとか、インド占星術では4室母で9室父。モダンでは4室母で10室父。
ハウスに対する疑問が生じてもおかしくない状態です。
ではそれぞれのハウスシステムに絶対的な相違があるかと言えば、象意は似通っている。
人格的なことは、ハウスで判断すべきなのだろうか。
そう思うと、4室は家庭、それだけでいいじゃないか、9室は父も出ることがあるよ、でも良いのではないか。そんな気がします。
せっかくジャイミニがあるんだからいんじゃないか。人間だもの。みつおはあんまし好きではありませんけども。

| elk | 2010/05/25 23:06 | URL | ≫ EDIT

BK

BKをどう使ってるか、参考までに教えてくれませんか。

| うちゃ | 2010/05/26 19:11 | URL | ≫ EDIT

BK/DK/MK

BK:
とある方は金星BK。この金星は2室に在室しており、ダシャーから見て凶星化した水星の時期にお亡くなりになっていました。2室支配星は水星でマーラカハウス。
父の気が弱いと言っていたある方は、太陽と水星がコンバストしており、水星がBK。
私の父はBKで金星であり、高揚してかなりの趣味人。小学校6年の頃に金星/ラーフ期に当たり、ラーフ同室により病気で死亡。癌ではありますが、二次的には働き過ぎ=ラーフで死んでいる事が明白でした。

DK例:
DKである彼は世界地図(アストロマップ)に当たる4室に住んでおり、交際中。
そして4室DKは土星で蟹座。そこで照合するために性格も鑑定と一緒に書き加えました。すると、そのままの性格だということで返信有り。
状況はハウスに現れており、結婚を考えているとのこと。
また、先日練習で鑑定を行った夏目漱石のラーシではDKが5室で怠惰な性格、DK土星で容姿が宜しくないなどの特徴を見事に顕しています。
夫が精神病のある方は、12室に金星がDKとして入室。

MK:
同じく夏目漱石から母MK=月がプラティヤ・アンタル・ダシャーの月期に入った途端死亡しており、ケートゥとコンジャンクト。
とある方はBKとMKをナヴァムシャから見た日本の位置に残してきており、BK、MK共に6室在室でご両親共に難病を患っていらっしゃいました。


上記を見て分かるとおり、チャラダシャーだけでなくヴィムショッタリでも相当度影響が見られます。

| elk | 2010/05/27 03:02 | URL | ≫ EDIT

父母

なるほどね~。
BKやMKの惑星のダシャーに
父親や母親に関して何かがあることが多い
ってのはわかります。

| うちゃ | 2010/05/29 19:56 | URL | ≫ EDIT

私【ラーシ】
4ハウス・・・在住なし 9ハウス・・・惑星なし
支配星は両親の性質ぽいです。
【ナヴァ】
4ハウス・・・在住なし 9ハウス・・・金星火星ケートゥ
父親は営業マン。趣味を楽しむために稼ぐ感じです。

配偶者の出生時間がわからないので、7室ラグナで見たところ・・・
【ラーシ】
3ハウス(7ハウスから9番目)と10ハウス(7ハウスから4番目)の支配星がコンジャクション。支配星高揚で二人とも誇り高く、結構頑固。なんかすごい・・・濃いです。in11ハスウ
【ナヴァ】
3ハスウ・・・ラーフ 10ハウス・・・なし
納得して爆笑してしまいました・・・
確かに。配偶者を見ていたら、この親にしてこの子ありな感じです。
面白いです。
結構特徴として出ているみいですね。

| ニル | 2014/02/08 11:56 | URL |

Re:

義父3室、義母は10室。
そこが当たってるってことは、
運命の旦那さまと結婚したってことなんでしょうね(o⌒∇⌒o)

| うちゃ | 2014/02/10 00:20 | URL | ≫ EDIT

私は父親は9室派です。9室ラグナでみた場合、10室
に高揚ラーフがあり、4室からアスペクトバックさ
れてるからです。
まさにうちの父だ~~と唸りました(笑)
ちなみに、4室ラグナだと10室に木星火星在住。
木星は定座のハンサヨガ(あべ先生から教わりました)
、火星は機能的吉星なので、それもまさに母だ~~
と唸りました(笑)
母は昔から仕事運がいいです。父は結構強運です。

| フクロウ | 2015/12/09 22:01 | URL |

Re:

検証ありがとうございます。
9室さらに一票だ。

| うちゃ | 2015/12/09 22:40 | URL | ≫ EDIT

9室ラーシでは、土星 ナヴァムシャでは、惑星ないけど支配星は水星
父親は普段は優しい方だと思うけど、怒ったらめっちゃ怖いです サザエさんの磯野波平みたいな感じ バッカモーン💢 だから、ラーシから見てみたら合っているのかも? ナヴァムシャは分かりませんが

| なつ | 2016/08/18 02:47 | URL |

Re:

9室にもう一票。ありがとうございます。

| うちゃ | 2016/08/20 01:35 | URL | ≫ EDIT

ええと……詳しくない超初心者ですが

天秤ラグナの私は、10室に火星があり、
木星ダシャーが終わる時に父が亡くなっています。
惑星がない4室には火星がアスペクト、生母は産褥で他界。
その後、父が亡くなる数年前に養母も他界しています。
また、9室にはラージャヨーガカラカの土星、同室に水星がありますが
父のイメージとはまったく異なります。

ちなみに、話題は逸れますが
木星と怠惰さの記事を興味深く読ませていただきました。
木星期が始まる半年前から養母に育てられて、その後13年、養母とは木星期の大半を過ごしましたが、
怠惰でいたくてもいられない生活でした。
(骨折もありの激烈スパルタ教育だったので。養母の怒声でご近所が不眠症になったとか。笑)
私の性格を見ると、木星の機能的凶星=怠惰になりやすいのは、超大当たり!なんですけどね。

父親については、10室に一票入れますね。

| マリンパ | 2016/10/26 14:22 | URL | ≫ EDIT

Re:

スパルタ教育を火星と見るか土星と見るかってとこも気になるけど、マリンバさんには火星的な父親だったってことね。
清き一票、ありがとうございます。

| うちゃ | 2016/10/26 23:56 | URL | ≫ EDIT

うちゃ様
いつも拙いコメントに、レスをありがとうございます。

父はですね、
盗んだバイクで走り出したまま大人になったような人でして
五十歳過ぎても本能の赴くままに生き、最期は自死しています。
ラージャヨーガカラカの土星をどう捉えていいのか、私にはまだ分かりませんが
機能的吉星が父として機能していれば、現代ならワイドショーレベルの養母を少しはコントロールできたんじゃないかな、ということと
本人も切ない最期になることはなかったんじゃないかなぁと考えたりします。

父と養母の人生は否定しませんし、彼らと自分の人生を見つめたことで
シャンカラのインド哲学にも触れ、経験を頂いていますが、
私の火星蟹座10室を眺めると、こちらのほうが父の生き様に近いと思い、10室1票にしました。

| マリンパ | 2016/10/27 20:10 | URL | ≫ EDIT

Re:

パワフルさはラージャ・ヨーガ・カーラカの土星っぽいけど、その勢いは火星よね。

| うちゃ | 2016/10/27 23:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/592-d6706db8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT