うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ビナシュタカヴァルガとサルヴァシュタカヴァルガ、その1

アシュタカヴァルガってのは、2段階あります。
各惑星ごとのアシュタカヴァルガがビナシュタカヴァルガ(ビン・アシュタカヴァルガ)。
総合得点のアシュタカヴァルガがサルヴァシュタカヴァルガ(サルヴァ・アシュタカヴァルガ)。

アシュタカヴァルガってのは、337点のラッキーポイントを1点ずつ数えていく技法なんだけど、
まずは、惑星ごとのラッキーポイントを数えるとこから始めます。

第一ステップ。太陽のアシュタカヴァルガ(スーリヤ・ビナシュタカヴァルガ)を数えます。
これを、12星座に1点ずつマーキングしていく。

次に、月のビナシュタカヴァルガ、水星のビナシュタカヴァルガ、と、順番に数えていく。
337ポイント、地道に数えていく。
惑星7つとラグナ、合計8つのラッキーポイントを数えます。「アシュタ」って「8」って意味です。
337ビン(ビンドゥ)を全部数えたら、各惑星のビナシュタカヴァルガが出そろいます。

全部おわったとこで、第九ステップ。
星座ごとに8つのビナシュタカヴァルガを足し算する。これがサルヴァシュタカヴァルガです。

ビナシュタカヴァルガは、各ハウスごとに、0点から最高8点までで、
たま~に惑星によっては0点や8点が出ることがあります。
一方、星座ごとのサルヴァシュタカヴァルガでは、
MAX8×8=64点になることはありません。
28点を平均点として、だいたい18~38点くらいにおさまります。


私が今までこのブログで紹介してきた技法は、サルヴァシュタカヴァルガのことです。
サルヴァシュタカヴァルガが低い星座を土星や木星がトランジットするとき、
運気が下がる。高い数値だと、運気が上がる。ってこと。

けど、さらに細かく、ビナシュタカヴァルガを見ていくってのもアリです。
人によっては、土星や木星のビナシュタカヴァルガが0点だったり8点だったりするわけで、
土星が0点の星座があって、そこをトランジットの土星が通過するとき、
やっぱり運気は下がり気味になります。
サルヴァシュタカヴァルガが高くても、やっぱり何か困難がありそう。
逆に、木星が8点の星座があって、そこをトランジットの木星が通過するときには、
何かラッキーな話が飛び込んでくる1年になることが多い。

1点とか7点だと微妙だけど、0点と8点の場合は、けっこう当たるみたいです。


土星0点さん 2009/11/27 09:06
>土星が山羊座に来た時0点という事は、
>その時期は地獄に落ちるとか?何も影響がないとか?

って質問に答えるとしたら、
何か影響は出るだろうけど、大丈夫、地獄に落ちることはないでしょう。
アシュタカヴァルガって、けっこう当たるんだけど、
ヴィムショッタリ・ダシャーやチャラ・ダシャーほど強力な影響はないから、
アシュタカヴァルガ単体で人生を地獄化させるパワーはないと思います。


参考記事:
アシュタカヴァルガの出し方
アシュタカヴァルガの基本原理
ビナシュタカヴァルガとサルヴァシュタカヴァルガ、その2

| アシュタカヴァルガ | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/585-6d9954f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT