うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

渋谷は何座?

鑑定屋さんが、おもしろい記事を書いていた。
http://www.kanteiya.com/column/09/0722.htm

牡牛座も天秤座も金星(ファッション)が支配する星座なんだけど、
星座の4区分で言えば、牡牛座が土の要素、天秤座が風の要素。
ファッションをクリエイトするのが牡牛座で、
ファッションを身に着けるのが天秤座
牡牛座から見ると、天秤座は6室目(雇用)にあるから、
天秤座は牡牛座に雇われる立場にある、という記事。
面白い考察。天秤座と牡牛座の理解を深めることができました。

ただ、最後のところで、私とちょっと違った感性があった。


この天秤座に関連するが、以前、渋谷の街を歩いていた時に、
この街はまさに天秤座の町であると思ったことがある。


街全体が色彩豊かで、街行く人たちは皆、
同じようなよく足腰にフィットした細めのジーパンを身に着け、
上着は流行りのTシャツなどでカジュアルに決めている。

スーツ(ビジネスマンにとっての軍服)を来た人はほとんどおらず、
皆、カジュアルで、おしゃれを意識したTシャツやカバン、一点物の、
帽子やアクセサリーなどに身を包み、皆、遊びに来ているような人達の群れである。

渋谷はまさに天秤座の人々が徘徊する街のようである



うちゃにとって渋谷とは・・・
秀吉さんのセンスを否定するもんではないけど、私の感性では、

渋谷とは、「天秤座の人々が徘徊する街」ではなく、
まさに「水瓶座の人々が徘徊する街」のようであった。

自分らしさ(水瓶座)を追求し、
実質的な発想(山羊座)は身を潜め(12室目)、
あでやかな(獅子座)パートナー(7室目)を探し求め、
新しい情報(双子座)が次々に生み出される(5室目)。

そうか、
渋谷文化の進む道を指し示している(9室目)のが天秤座の人たちで、
その文化を支えている(4室目)のが、牡牛座の人たちってこと?


 PS.「HACHI 約束の犬」絶賛上映中。

| 未分類 | 23:46 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

渋谷って、レコードショップが数多くあったり
駅前に大きなモニターがあったりと
3室の影響が強そうなイメージ。

水瓶座から見ると、10室(行為)と3室を火星が同時支配。
ちょっと路地に入ると落書きがしてあったりパンクだったりアングラな感じは蠍座10室。
それでもそれを流行の最先端にもっていく力は牡羊座3室。

なんか水瓶座、それっぽいです。
渋谷って凶星(の支配する室)が強そうなイメージなんですよね。

| えこ | 2009/09/17 01:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/559-5cba67d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT