うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

皆既日食に願いを

せっかくの天体ショー、皆既日食なのだから、
日食に願いを込めようって人もたくさんいると思う。

インド占星術の「プラシュナ」って技法を使って、
この願いがかなうのか、かなわないのか、見てみました。
考え方は単純で、
1室が強ければ「YES,かなう」7室が強ければ「No,かなわない」
です。

皆既日食2009.7
2009年7月22日、11時34分、東京


ラグナは双子座。ホロスコープを検討してみましょう。


木星が逆行しているから、1室は木星に保護されています。
1室の支配星は11室に在住していて、太陽、月、ケートゥとコンジャンクトしています。
太陽とケートゥは凶星だし、11室はウパチャヤ・ハウスだから傷なんだけど、
定座の月とコンジャンクトしているのが嬉しい。

7室には、何もアスペクトしていません。
7室の支配星は木星で、6室で逆行していて、土星からアスペクトされています。
土星は5室と6室を支配しているので、吉凶両方のパワーを送っています。
つまり、7室は「支配星が5室の支配星にアスペクトされてる」以外は、オール凶。

ということは、よかったね、

皆既日食は、みんなの願いを聞いてくれて、
祈りをかなえる方向で動いてくれそうです。


ただし、前の記事にも書いたけど、
日食ってスピリチュアルな色合いが強い時間帯なので、
俗っぽい願いはヒットしにくくなりそう、とも言えます。

関連記事:
皆既日食@2009年7月22日
皆既日食の影響を受ける人

| ラーフとケートゥ研究 | 00:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/07/22 02:13 | |

衆議院解散が7/21ですが、これは日蝕の影響は読み取れるのでしょうか。国家の指導者に異変という意味ではしっくりきますし、日蝕そのもののチャートだと11Hという議会・立法に関するハウスで起こっていること。方法論自体がよく分かっていませんのでこじつけっぽいかな、、と。
この解釈は間違っていますか???解散の7/21の午後1時(解散した本会議の開始時刻)は前日であり、月もまだ双子座ではありますがRAーKE軸から17度以内という蝕の定義内にも入っている時間帯ですし。いや、、、別に日蝕の影響にしたいということではないんですけどね。

とりあえず日蝕の影響ありの解散ということだとして、
1Hがいい感じということはこの解散は国にとって“吉”と、、、、思っていいのかな?

| PlusG | 2009/07/24 14:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/535-dfa02ee3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT