うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

年間チャート2009

時期的に遅くなっちゃったけど
2009年の年間チャートがこちら。
PNG画像で作ってみました。

2009NYCJapan
2009年3月27日午前1時5分、東京


2室にグルチャンダラ・ヨーガ。木星は最低星位。
これは、恥を忍んで経済対策、ということかな。
恥ってなんだろ。自民党がプライドや伝統をかなぐり捨てた形で動き出すってこと?

3室に火星。マスコミ・芸能でいや~な批判が飛び交いそう。

4室惑星集中。住宅問題、国土交通省からは目が話せないぃぃぃ。
8室ケートゥが悩ましげ。ちょっとおかしい系の人の犯罪が増えそう。
9室は土星かぁ。去年、宗教関係で何かあるって予測して外れたから、
9室で宗教を語るのは怖いなぁ。これって裁判員制度のことかな。

| 技法いろいろ | 20:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おとなりさん

タイムリーに気になるテーマとして、3Hには隣国との関係という象意があったかと思いますが、
ここに陰謀の12L火星がいて9Hの土星と相互アスペクトなのはちとコワイ感じもします。
どーなんでしょーか。。。おとなりさんたちとは。。。

木星も土星も火星もアスペクトしてエネルギー集中しているのが6Hっってのもなんだかな、、、です。

| PlusG | 2009/06/10 17:33 | URL |

6室

そうそう、なにげに6室クローズアップされてるんです。
3室火星は見事に出てますね。
平和であってほしいもんだ。

| うちゃ | 2009/06/10 21:52 | URL | ≫ EDIT

No title

タイトルが違いますよ

| | 2009/06/14 11:20 | URL |

間違えた(≧~≦)

はっ!
タイトルが「2008年」になってた!
ご指摘ありがとうございました。修正しました。

| うちゃ | 2009/06/15 17:34 | URL | ≫ EDIT

No title

この鑑定内容って、、、
いつの年でも当てはまるね!

ずばっとしたやつお願いします

| 月光 | 2009/06/18 01:40 | URL | ≫ EDIT

絶対評価と相対評価

毎年似たようなことが起きてるから個別で見ると特色が薄れる。過去のチャートと比較して今年はどうだ、来年はどうだ、とすると特色がはっきりでる。
事故、事件、災害、汚職、財政問題、隣国の干渉は規模の大小はあれど毎年起きている。しかし、それが一過性の季節行事になるのか、大きな傷跡を残し、それがあるのとないのでは翌年以降の社会構造が異なるものになるのかでは意味が違う。

例えば、事故であれば日航機墜落や福知山鉄道など、事件であればサリン事件や秋葉原無差別殺人など、地震であれば阪神大震災、浅間山大噴火など、汚職であればロッキードやリクルート事件など、財政問題であれば石油ショックや円高狂乱、最近では貿易赤字化があげられるだろう。隣国については日本領事館への暴動や日本人排斥運動、拉致事件の存在が認知された年など、あくまでも近年の政治状況からみて、相対的に影響の大きいものが今年あるかないかという判断が重要。(それが具体的に何であるかは別の問題であり次の課題)

また、昨年と来年を比較して、昨年よりは良く来年はさらに良いと判断ができれば、景気の動向も読み取れるかも知れない。
あくまでも1つ前からの相対評価でなければ詳細なところは読めない。
しかし、個別の判定でも特色がはっきり出ていれば、それは特筆すべきで、まずはそこから始める。
そのうえで前後を時系列で判断する。

個人チャートの分析でも同様でダシャーでも同じ要領となる。
来年100だと言われても、今年が90なのか0なのかでは意味が異なる。
前者であれば「今年も引き続き良い年ですよ」と伝えるし、後者であれば「飛躍の年になる絶好の時期です」と伝えることができる。
また逆に来年は最悪で0ですよ、と言われても、今年が100か10ではやっぱり違う。
前者であれば「しっかり気を保って乗り越えてください」と忠告するしかないが、後者であれば「もう1年頑張れば必ず良くなります」と伝えることができる。
言葉と数値にはこのくらいの違いがあるが、ウソではなく真実の範囲である。
相手(特に弱そうな相手ほど)によって表現に幅がでる、それだけのことだ。
本当のことを言って奮起する相手なら悩まないで行動するだろうが、落ち込む相手だと本来の良い部分さえ発揮できなくなる。
真実は勇気あるものに与えられる。
ついている時なら誰もが小さなことでも心配してくれるが、本当に困っている時には誰もが見て見ぬ振りをするもの。
人は誰かのために小さな心配はできるが、大きな心配を代わりにはしてくれない。
本当に困った時は自分で歯を食いしばるしかない。
人に相談すれば、自分でわかっていて敢えて避けていた方法を指摘してくるもの、歯を食いしばるとは、その方法を覚悟してやり抜くということなのだ。

| 足長おじさん | 2009/06/18 19:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/523-a51af742

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT