うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラーフ・カーラム

いろいろ話題になったラーフの時間(Rahu Kaal、ラーフ・カーラム、ラーフ・タイム)、
読みやすいように、一つの記事にまとめました。

これが、shiiさんのまとめてくれたラーフ・カーラの算出方法。

ラーフカーラムの算出方法ですが、以下の通りです。
*******************************

どの時間帯がラーフ・カーラムにあたるかですが、これはちょっと複雑です。

まず、日の出から日の入りまでの時間を8等分します。
例えば、日の出が6時、日の入りが18時ということであれば、その間の合計12時間を8等分すると各90分。
したがって、
1つ目: 6:00~7:30
2つ目: 7:30~9:00
3つ目: 9:00~10:30
4つ目: 10:30~12:00
5つ目: 12:00~13:30
6つ目: 13:30~15:00
7つ目: 15:00~16:30
8つ目: 16:30~18:00
となります。

で、ラーフ・カーラムの時間帯ですが、
月曜日は、2つ目の時間帯、
火曜日は、7つ目の時間帯、
水曜日は、5つ目の時間帯、
木曜日は、6つ目の時間帯、
金曜日は、4つ目の時間帯、
土曜日は、3つ目の時間帯、
日曜日は、8つ目の時間帯、
となります。

従って、日の出が6時、日の入りが18時の場合には、ラーフ・カーラムは、
月曜日→7:30~9:00
火曜日→15:00~16:30
水曜日→12:00~13:30
木曜日→13:30~15:00
金曜日→10:30~12:00
土曜日→9:00~10:30
日曜日→16:30~18:00
となります。

日の出と日の入りの時間を新聞などでチェックして、あとは上記と同じルールで計算すれば、どの時間帯がラーフ・カーラムか決定できるはずです。

日の出時間と日の入り時間の変動に伴って
ラーフカーラムの時間は若干変化しますが、
記憶する分には、上記の時間帯だけで十分だと思います。

ちなみに、わたしはあんまり気にせずラーフカーラムの時間でも、マントラを唱えてます。


清水さんの投稿↓

もしそれがRahu Kaal、つまりラーフ・カーラ(ラーフ・カール)なら、ラオ先生のグループでは迷信と「ほぼ断定」されてますね。

ちなみに、ベンガル地方ではヴィラ・カーラ(Vila Kaal)というそうです。インドではだれでも知っている言葉のひとつ。しかし、実際には使えないそうです。

ジョーティシュには、このような迷信は少なくありません。たとえば、代表的なのはカーラサルパ・ヨーガ。あと、木星が獅子座にあるときには結婚してはいけないというのも。これらは検証の上、否定されています。


ねこなさんの投稿↓

らふー(ラーフ)には支配する曜日がないかわり、一日のうちの一定の時間を与えられていると教わりました。曜日によって時間が異なり、この時間にマントラを唱えてはいけない。
契約や結婚式等のセレモニーも避けるのがいいと聞きました。

マントラを唱える場合はこの時間にはしないようにしています。


参考記事:
パンチャンガ時計
ホラ、使ってごらん

| 用語集ウチャキペディア | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/502-d31a1635

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT