うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日木流奈さんのホロスコープ

6室は病気を表わすのか、健康を表わすのか、
先月、少しだけこれについて書いて
健康な6室の例を挙げました。

今回は、病気な6室の例、日木流奈さんです。

日木流奈

 1990年02月11日04時20分、横浜生まれ。
 極小未熟児、先天性腹壁破裂の状態で生まれ、生後二週間で三度の手術をおこなう。
 低酸素性虚血性脳症の後遺症により、脳委縮し、脳障害となる。新生児痙攣、点頭癲癇の発作を起こす。

生まれた時間が公表されていて、重度の障害を持つスピリチュアル系の執筆家。
16歳のときにこのホロスコープを見て、いつかブログで出そうと思ってました。
もう18歳になってるんで、紹介します。

彼(名前はルナちゃんだけど男の子)は、子供ながらにしてスピリチュアルな本を書いて、
NHKスペシャルで『奇跡の詩人』として紹介されました。
しかし、それが母親によるヤラセ、インチキなんじゃないかってことで、
物議をかもしだしました。
彼の精神性とか、母親のインチキとかを読み取るのは難しいけど、
健康運は、だいぶはっきり読み取れるホロスコープでした。


健康を見るには、まず1室を見ます。

MaSaCo(火星と土星とのコンジャンクト)があります。
マーズとサターンが、ばしっとラグナをはさみこんでます。
凶星2つとコンジャンクトするのは悪い配置なんだけど、
こうやってはさみこみ型になると、さらに傷つきます。

病気は6室です。6室の支配星が1室に在住しています。

マーラカは、2室と7室です。
1室の支配星は、7室に在住しています。
これが、MaSa攻(火星と土星からの攻撃)を受けてて、
6室の支配星にアスペクトされてます。

ムリチュバーギャをチェックします。
ラグナと金星が、ムリチュってました。これが1室(肉体、脳)をダブルで攻撃してます。

ナヴァーンシャも見ます。
日木ナヴァーンシャ

1室の支配星は6室に在住しています。
土星の星座に在住していて、火星からアスペクトされてるから
軽~いレベルのMaSa攻を受けています。
1室には12室(入院)の支配星である太陽(凶星)が在住しています。

ラーシとナヴァーンシャの両方で、1室が6室やMaSaCoとからんでるってことは、
病気の確率がすごく高そう。

健康運は、ドゥヴァダシャーンシャも見ます。
ラグナは、土星にアスペクトされています。
ラグナの支配星は、
6室に在住していて、
2室(マーラカ)の支配星とコンジャンクトしていて、
MaSa攻を受けてます。

ラーシとナヴァーンシャとドゥヴァダシャーンシャで、
1室が6室やMaSaCoとからんでるってことは、、、
病気確率さらにアップ。


ドレッカナも見ます。
日木ドレッカナ

これは良さそう。
1室には火星がムーラトリコーナ。つまりルチャカ・ヨーガです。
ドレッカナは過去世や兄弟を見るホロスコープでもあるから、
妹思いだったり、過去世で偉人だったりするのかな。

ダシャーを見ます。
1歳から21歳まで、6室の支配星でムリチュバーギャの金星期。
テレビで大々的に報道され、インチキ疑惑が持ち上がったのは金星-木星期。悩ましげ。

ここまではっきり傷ついてれば、
健康が害されるのも納得。ってホロスコープでした。

参考記事:
病気の6室? 元気な6室?
元気な6室、マーク・スピッツ
ムリチュバーギャ、その1
ムリチュバーギャ、その2

| 鑑定例@有名人 | 00:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/475-328b62e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT