FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ほめること

ちょっと前の週刊新潮に、こんなことが書いてあった。

細木数子がべたぼめしていた、小室哲哉、ホリエモン、朝青龍。
みんな、実際は大変な運命が待ち受けていた。
細木がほめすぎたために、この3人は傲慢になってしまって
道を踏み外したんじゃないか、って記事。

私は、細木数子さんについてどうこう言うつもりはないんだけど、
占いが人を傲慢にさせる、っての、ありえる話だと思った。

社会的に成功してる人がいる。ただでさえ、舞い上がってる。
ホロスコープを見ると、当然、いいホロスコープになってる。
こういう場合、相手を気持ちよくさせとけば、お金も落ちてくるかもしれないし、
「この占いは当たってるね」って話になるから、とりあえず褒めとくに限る。

プロとして、ビジネスとして占いやるなら、
当然こういう考え方も出てくると思う。
わざとやってるつもりはなくても、
結果的にこんななっちゃうこともあると思う。

けど、これって危険だよね。

占いは、落ち込んでる人をさらに落ち込ませることもあるし、
舞い上がってる人をさらに増上慢にさせることもある。
特に、鑑定する側が有名人だったりすると、
こんなんなっちゃう可能性がさらに高まる。

怖いっす。占い、怖いっす。

| ネットで鑑定してて | 17:16 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

伝え方難しいです

絶好調の人相手も難しいのですね。
人生の苦難の最中の人にはすごく難しい。

鑑定の勉強は実はコミュニケーションの研修の場でもあるように思います。


| ねこな | 2008/12/07 03:33 | URL |

ライバル

ちょー舞い上がってる人と、
ちょー落ち込んでる人って、
言葉をかけるのが難しいv-292

ちなみに、週刊新潮が細木叩きをするのはわけがあるらしい。

最初に細木叩きをやったのは週刊現代。
その反論として、細木フォローに回ったのが週刊文春。
週刊文春と週刊新潮は木曜日発売のライバル誌だから、
文春がフォローしてれば新潮は叩く。

業界も、大変ね。

| うちゃ | 2008/12/07 19:32 | URL | ≫ EDIT

No title

う~~ん、世間は全て経済中心だから・・
私は度素人・超初心者で、自分のチャート研究やくらいで商売として占いをやる事はないですが、占いは人の人生全般と複雑な悩みを扱うお仕事だから最終的には経済中心だと難しいでしょうね、、どっか詐欺師にならないと・・・

ある程度の直観も鋭くなけりゃいけないような気もするし、素質とかも必要なんだと思う。
占いのプロさん達・・道を間違えないように頑張ってください!!


| なな | 2009/04/06 02:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/444-df0b3d2a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT