うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

読んだ本(3冊目)

お待たせしました。お次は

魔女の家ブックスの「インド占星学」by春日秀護。

これも、先の2冊とは違った意味で良書。
「マハリシ・ジョーティシュ」はあんちょこ本としてちょこちょこ使えるし、
「ラオ先生のやさしいインド占星術」は文法書として末永くおつきあいできるけど、
「インド占星学」は、立体的にインド占星術をつかむのに最適。
最初の2つが教科書的だとすれば、この本は参考書的な意味でグッド。

あ、もちろん、教科書としても、とっても役に立ちました。
ハウスシステムの理解や結婚鑑定とかは、
私の場合、この本がだいぶベースになってるかも。

ハウスの説明を、1室から順番にやるんじゃなくて
エッセーみたいにして、独自の順番で説明してあるところもおもしろかった。
ハウスって、どの本でも順番に説明してあるじゃない?
私の場合、だいたい4室目くらいで集中が途切れてしまって
5室目以降はけっこう曖昧でした、最初のころ。
けどこの本のおかげで、最後までたどり着けた。ありがとう。

教科書的ではないので、これを読んでも鑑定できる気分にはなれなかった。
けど、鑑定できるようになりたいな、という気持ちにはさせてくれた。
けちな私は4500円が高いと感じたけど、まあ価値ある1冊と思う。

| 書評 | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/44-41fdd51b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT