うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私が読んだ本(2冊目)

今年ももう終わり。
来年もちょっとずつ、インド占星術を勉強する人のためになりそうなことを書いていくので、
よろしかったら参考にしてみてください。

さて、昨日に引き続き、私が読んだインド占星術の本の寸評をします。

2番目に読んだのは、「ラオ先生のやさしいインド占星術」
だったか、魔女の家ブックスの「インド占星学」だったか、
記憶があいまい。ほぼ同時期に買ったのは間違いないんけど。
いつもインド占星塾さんにはお世話になってるので、

「ラオ先生のやさしいインド占星術」(K.N.ラオ著、星雲社)

から先に書きます。



これは良書です。すごくいい本です。使える技がいくつも乗ってます。基本よ基本。
この本に書いてあるPACDARESシステムを使えば、多い日も安心で鑑定できちゃう。

けどこれ、、、やさしい? ねえ、やさしいの? やさしくないじゃんか。
地球にやさしいオートバイ、じゃないけど、
もともとやさしくないのよあんたの存在そのものが。
占星術を簡単にやさしく勉強できるって期待することが間違いだったかも。

原書のタイトルは、「涙を流さずにヒンドゥー占星術を勉強する」
ってことは、一度たりともインド占星術にチャレンジして、
涙したことのある人にとっては、救世主的良書だと思います。
けど、けど、けど、ずぶの素人には、やさしくないのよ。

中級の人だったら、何ヶ月かおきに読み返すと
どんどん味わいが出てくる本なので、
一冊は手に入れておくことをお勧めします。

| 書評 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/43-8d58e2fe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT