うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

よみかた

外国のものを勉強するとき、日本語のカタカナ表記がむずかしい。

ナヴァーンシャ

これ、9分割図のことなんだけど、

ナヴァムシャナヴァームシャナバムサ

いろんな書き方があって、検索するときめんどくさい。
今日は、このカタカナ表記について詳しく書きます。


ヒンディー語をローマ字表記すると、
navamsa
です。

na」は世界共通なので、ぜんぜん問題なし、だよ

va」は、「ヴァ」と読む人と、「バ」と読む人がいる。
昭和中期までは「バ」が主流だったとか。
「バ」と読むあなた、歳がばれますよ

最初の「a」は短母音の「ア」、次の「a」は長母音の「アー」だから、
「ナ・ヴァー」になるらしい。
短母音と長母音なんて、外国人から見たら一緒に見えるけど
おかみさんと狼さんみたいな違いがあります。

m」は、「ム」なんだけど、「ン」と読むこともできる。
群馬県を「Gumma Prefecture」と表記するみたいな感じよね。
うちゃ的には「ム」がしっくりくるんだけど、
ラオ先生の本では「ン」になってるから、一応私も「ン」って書くことにしてます。
「ム」を意識しすぎちゃうと、日本人だとnavaamushaみたいになっちゃうからだと思う。

sa」は、インド人が「シャ」と発音してるから、「シャ」なのでしょう。
アルファベットは必ずしもローマ字読みするとは限らないわけで、
たとえば「CH」。
「BUCH」は、ドイツ語なら「バッハ」、英語的には「ブッチュ」、フランス語的には「ブシュ」と読めちゃいます。
だから「sa」をシャと読むのもアリなのでしょう。

よって私は、ナバムサをナヴァーンシャと書く、ナヴァーンシャと呼ぶ。
そう、それが、俺の魂の叫び、神への祈り       ヾ( ̄o ̄;) んなわけない。

関連記事:
デビル木星

| 未分類 | 11:16 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ラシとナヴァムシャについて

古い記事にコメントしてごめんなさい。
ナヴァムシャについて勉強しているところなのですが、ナヴァムシャはラシと同じくらい重要だということはわかりました。

で、ラシで(すみません、ラーシよりこちらの方が好きで。。)強い惑星でも、ナヴァムシャでやっつけられてると「それはあまりよくない」としてみるんですよね?

ではその逆で、ラシで叩きのめされてる惑星が、ナヴァムシャで元気がいい場合、どう見たらよいのでしょうか・・・

私の木星がラシで弱く、ナヴァムシャで元気そうなのですが・・

読み方捉え方、是非教えてください。
お願いします。

| プシュア | 2009/11/09 17:26 | URL |

Re:

>ラシで(すみません、ラーシよりこちらの方が好きで。。)
>強い惑星でも、ナヴァムシャでやっつけられてると
>「それはあまりよくない」としてみるんですよね?

必ずしも良いとは言い切れない、と私は見てます。

>ではその逆で、ラシで叩きのめされてる惑星が、
>ナヴァムシャで元気がいい場合、どう見たらよいのでしょうか

いいもん持ってんだけど出しきれてねーなー
みたいに見てます。

| うちゃ | 2009/11/09 23:46 | URL | ≫ EDIT

私のナバムシャでは、7室にある最高星位うお座の金星が火星からアスペクトされています、、、(最悪)しかし、9室のおうし座にある木星と惑星交換などありえるのかどうかと期待と疑問に感じます。。。
まったく素人なんですみません、、
うちゃさん教えてください(_ _)

| なお | 2009/11/10 01:30 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます

教えていただいて、ありがとうございました。
やはり、ラシが主体なんですね。
しかしながら、インドは容赦しないですね。
知らない方が良かった、と思うし、でも知りたい、と思うし。
知ってどうするんだい?とも思うし・・(笑)
だって、どんなに悪いと出ても、それを経験しなくちゃ素通りできないし・・

| プシュア | 2009/11/10 16:14 | URL |

Re:

なおさん、
7室、強いですね。
最高星位の吉星が在住していて、9室の吉星と星座交換。よいです。
木星&金星がからんでいるってことと、8室の支配星の火星がアスペクトしてるってことで、
メンタル面では思い悩むことがなんだかんだ出てきちゃいそうだけど、
基本的には「ナヴァーンシャの7室が強い」と見ていいと思います。

プシュアさん、
何事も経験です。その経験をどう人生に活かしていくかが修業です。

| うちゃ | 2009/11/12 23:20 | URL | ≫ EDIT

ほぉー!そのようによんでいくんですねー!!
うちゃさんのコメントで自信がよみがえりました^^
7室金星や金星が火星からアスペクトされ
るのは最悪だと思っていましたので••
このままバツ一で終るのかなあ~なんて。。
彼氏は一応いるんですがなかなか年々本気に成れないんでーー、理想だけが高くなっている自分は7室金星だからだーー!なんて思ってました。
木星の保護力?を上げるにはどうすればよいのでしょう??

| なお | 2009/11/13 01:42 | URL | ≫ EDIT

親切

>木星の保護力?を上げるにはどうすればよいのでしょう??

それは親切を選り好みしないことです。
「この程度のちっぽけな親切」ならいらない
「おまえみたいなイヤなやつからの親切」はいらない
「そんな親切は余計なお世話だから」いらない
こういう部分を減らしていくことです。

そうすれば、小さな親切がやがて大きな親切に変わっていきます。
イヤなやつだと思ってたら意外といいやつだったとか、余計なお世話だが案外こちらの抜けをサポートしてくれていたとか、こういうところから保護力が強化されていきます。
既に今ある親切に不足感を覚えているのなら、今まで軽く考えてわざわざ自分で捨てていた親切を見直してみましょう。
ある日突然、どこかの王様が訪れて・・・みたいな親切を期待して待ちぼうけするのは、単なる無い物ねだりです。
しかし、有効利用できていない親切の種を自分で踏みつぶしていないか見つめ直してみましょう。
案外と選り好みして、ただでさえ総量が決まっている親切を自分で削っていることに気づくでしょう。
わがままな子供が親が死んでそのありがたみを初めて知るような間抜けは避けたいものです。

A 親切にして欲しいがしてくれない対象
B 親切にして欲しいししてくれる対象
C 親切にして欲しくないがしてくる対象
D 親切にして欲しくないうえにしない対象

このうち、誰もがBを大切にしてAを求めているものです。しかし、AはB、C、Dが満たされていく過程で少しずつ増えていくものなので最初から増やすことはできません。
まずはCを敵視しないで味方に取り込み、Dを中立化させて味方に組み込めるよう配慮しましょう。
そうすれば、いずれはAも味方にできます。
味方にできる順番は望む望まないに関わらず、B→C→D→Aの順です。
C、Dを放置したままAを求めても無駄です。
まずはCを見直しましょう。

| とらふぐ | 2009/11/14 03:04 | URL |

トラフグさん、ありがとうございました!
まさに、私の課題そのものです!
人に対する要求が強すぎてから回りすることが多いように思います。
そんな自分も完璧ではないのに…と思い直すのですが、自分にむけられる要求以上を人に求めてしまうところがあるので反省です- -

| なお | 2009/11/14 15:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/395-5dfa64c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT