うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オリンピック閉会、そしてパラリンピックへ

北京オリンピック開会式のホロスコープを読んで
私は当初、ダシャーをこんなふうに読みました。

>開会式から23日までがラーフ-月-木星期。
>24日の閉会式は、ラーフ-月-土星期。
>プラティアンタル・ダシャーが木星期のうちはいいけど、
>土星期になっちゃう閉会式が気になる。大丈夫かなぁ。
>けど、トリコーナ集中のパワーが強力だから、
>最終的にはいい感じで閉幕となりそう。

さっきまで閉会式をテレビで見てて、ふと気づいた。

プラティアンタル・ダシャーが木星期から土星期になって、
オリンピックが終わると、パラリンピックだ!!!



木星には熟練の技、って意味があって、
土星は、障害とか、社会的に虐げられてきた人たち、って意味があるから、
土星期になってから障害者たちのオリンピックが始まるっての、
このダシャーとつじつまが合うよね。

ダシャーの変化は、大会の運営上のトラブルじゃなくって、
これを表わしてたのか。。。最初に気づくべきなのに、今になって気づいた。

読み取りが甘いなぁ。
まだまだ
プラティアンタル・ダシャーには弱い
ダシャーの旅人、うちゃでした。

| 鑑定例 | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/386-1ecebb0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT