うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アンタルダシャーの研究に

前著の続編、

「アガスティア占星術で読むあなたの運命」(小宮光二著、星雲社出版)

この本では、ヴィムショッタリ・ダシャーをアンタルダシャーまで踏み込んで解説してます。
各ダシャーの読み取り方は、基本を押さえつつ
小宮氏の独自の考え方を組み込んで書いてます。
参考になる考え方がところどころ出てるので
ダシャー研究として買ってみるのもいいでしょう。

たとえば太陽-太陽期は、「力が出し切れずに終わってしまう」。
調べてみると心当たりが複数あり。当たってそうな気がしました。

しかし、前回書いたとおり、小宮氏の占星術は、実際と違うホロスコープを使います。
ホロスコープだけじゃなく、ダシャーの算出方法も、
伝統的なヴィムショッタリ・ダシャーと違います。


アガスティア占星術では、

誕生日で、スタートするマハーダシャーとアンタルダシャーが決まります。

前回に引き続き、びっくり。

私の経験上、これで当たるとは思えない。

鑑定例にイチローが出てたんだけど、イチローにとって「人生のピーク」の時期が、
「力が出し切れずに終わってしまう」はずの太陽-太陽期。
著者のフォローとして、
天才イチローはこの惑星パワーさえプラスに働くから「驚きです。」
って書いてあったけど、、、
はずれた例を出してきて、はずれたことを「驚きです」と書くそのロジックに、
私は驚きました。

アンタルダシャーの解説はすごく面白くて勉強になったのに、
つくづく残念な本でした。
それでも一つの占星術として成立してるってことは、
何か私の知らない技法で補完して、整合性をつけているのでしょう。


関連記事:
「日々のあなたを占う・アガスティア魔法の言葉」(小宮光二著)の書評
「アガスティア占星術で読むあなたの宿命」の書評

| 書評 | 17:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/384-cad51b01

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT