うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一見、インド占星術っぽい占星術

インド占星術っぽい本をみつけました。

「アガスティア占星術で読むあなたの宿命」(小宮光二著、星雲社出版)

「アガスティア占星術」ってのは、
インド占星術をベースに著者が独自に開発したものらしい。
小宮氏の本は、以前も書評させてもらってます。

この本の良いところは、どの惑星がどのハウスに在住するとどうなるか、
一通り書いてあるところ。
たとえば11室に木星が在住すると、

「利己的な考えがなく真心をもって人々に接するので、
本当の友情、友人に恵まれます。
友人の援助を得て理想を実現できる可能性を秘めています。」

うんうん、そうだよね。
11室の木星って、友人運がとっても良くなるんだよね。
「友人運の良さ」、うちゃは「友人がすごい人」って読んだけど、
小宮さんは「友人の援助が得られる」と読み取ってる。
微妙な違いはあるけど、
惑星の象意とハウスの象意、基本的なところをきちんと押さえて
この本を執筆してるのがわかります。
ざっと読んでみて、自分で気づかなかった象意が書いてあったので、
その新鮮さに惹かれて、私はこの本を買いました。



買ったはいいんだけど・・・

読み進めていくと、
実際に「アガスティア占星術」と伝統的な「インド占星術」との違いがわかってきて、
びっくり

まず、明らかに違うのは、アガスティア占星術の場合、

ラグナが、誕生日ごとに決まってます

同じ日に生まれた人は、出生時間に関係なく、みんな同じラグナになります。
その斬新な発想に、うちゃ、どん引きしてしまいました。

仲間由紀恵のホロスコープが紹介されてるんだけど
ラグナだけじゃなく、月も実際と違う星座になってました。
仲間由紀恵は夜9時生まれなんだけど、午前0時でホロスコープを作ってるんだと思う。
だから、月は水瓶座からひとつ戻って山羊座、
ラグナは双子座に変わりまして射手座。真逆です。
だいぶ違うホロスコープです。

本のラスト3分の1は、惑星配置表。
10人のホロスコープで確認したら、実際のホロスコープと一致したのは4人だけでした。
5人は月の位置がずれてて、1人はラーフとケートゥの位置がずれてました。

うちゃの結論。
アガスティア占星術とは、独特な、独自のホロスコープを作って、
それをインド占星術の原則にそって読み取る占星術。

「○室の○星」ってとこだけを拾って読んでいくと
なかなか読み応えある本です。
だけど、アガスティア占星術のホロスコープだと、当たる精度ががくんと落ちちゃって、
当たるも八卦当たらぬも八卦レベルの本になっちゃった。残念。

関連記事:
「日々のあなたを占う・アガスティア魔法の言葉」(小宮光二著)の書評
「アガスティア占星術で読むあなたの運命」(小宮光二著)の書評

| 書評 | 23:26 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

早速買って、アガスティア占星術ということに注意して読みました。・・・うーん、まあまあという感じでした。

どちらかというと、こっちのほうが簡潔で良さそうでした。

http://www.nurs.or.jp/~academy/astrology/astrology.htm

| モンブラン | 2008/08/23 17:58 | URL |

No title

早速買って、アガスティア占星術ということに注意して読みました。・・・うーん、まあまあという感じでした。

どちらかというと、こっちのほうが簡潔で良さそうでした。

ttp://www.nurs.or.jp/~academy/astrology/astrology.htm

| モンブラン | 2008/08/23 18:04 | URL |

おすすめ

占星術バイブルという本(URL参考)に目を通したことはありませんか?ぜひ、感想をうかがってみたいんです。
おそらく西洋式ベースだとは思うんですが、ラーフ&ケートゥの性質から各ラグナごとの傾向、星や室の象意などのリファレンス的内容をなかなか詳細に記しており、インド占星術家でも使える&読んで楽しい代物ではないかと思います。

高いですが、国内の一般書では他に無い類のものですし、あれくらいの内容ならまぁいいかなとも思えます。へたに占い本(だいたい1000円強ですよね)2冊買うよりイイですよ!
都内の方であれば、東京駅前の八重洲ブックセンターに置いてありますよー。そこで、立ち読みし、アマゾンの在庫ラスト1点を購入しちゃいました(笑)
八重洲BCの占いコーナー(B1)は、インド占星学も以前には在庫していたほどで、なかなかディープな世界です。
インド占星学もちょくちょく立ち読みしに行って(読破!)たんですが、売れてしまったようです。現在在庫してるのはお茶の水のあの本屋ですね‥。

| 市川 | 2008/09/24 16:55 | URL | ≫ EDIT

読んだことないけど

書評、ありがとうございます。
今日入った本屋さんにはありませんでしたが、
「読んで楽しい代物」
って言葉にポポポポっと反応しました。
探して読んでみます。

| うちゃ | 2008/09/26 00:40 | URL | ≫ EDIT

占星術バイブル

「占星術バイブル」、図書館で借りて読んだことがあります。

市川さんの仰るように、濃い内容&読み応え十分で、各星座と惑星への理解が深まりました。
他にどーしても欲しい本があったから結局買わなかったけど、手元に置きたくて自分でも買おうかと思ったほどです。

あっ、こんなのありました。
【ラーフ・ケートゥについて】
http://www1.ocn.ne.jp/~astrolen/sagit.html

あと、こんなのも見つけました。 (笑)
【ビジュアル・アストロジー】
http://www.pastelnet.or.jp/users/kyoya-u/VisualMenu01.htm

自分の場合、ラグナ星座と太陽星座の外見が当てはまってました。

 

| 通りすがり3号 | 2008/09/26 11:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/383-2886aefc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT