うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長澤まさみ

リクエストがありました、長澤まさみさんのホロスコープがこちらです。

長澤まさみのホロスコープ


1室の支配星の金星が7室に在住しているので、見た目が華やかになります。
ナヴァーンシャ&ダシャーンシャで、金星はラージャ・ヨーガ・カーラカになってて
11室に在住しています。
5歳から25歳までの金星期は、良い運勢の時期ってことになります。
3室の支配星の木星も良い状態だし、芸能界で成功することがホロスコープに出てます。
今はお仕事がんばって、隠れて恋愛するのは太陽期になってからかな?

| 鑑定例@有名人 | 17:41 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。ありがとうございます。

うちゃさんありがとうございます。
ダシャーンシャで仕事と社会での行為を見るというのも大事な手順なのですね。勉強になります。
これから金星期だったなら良かったのですが、
花の命は短いのですね(>_<)

ダシャーの奥深さを感じます。北島康介さんなどは出生時間が分かれば、いろいろ読み取れそうですね。

長澤さんはアシュタカヴアルガ、一番低いのが20だそうですが、激しい流れの時期は27-20-28-となっていました。
そのほかは割りと穏やかです。
20の前や後が30以上でしたら、かなりの波を感じそうですが、
27-20-28は、波を超強烈に感じない程度に
推移できたりするのかなと思いました。

逆に芥川賞を最年少受賞された綿矢りささんは
36-22-41-というアシュタカヴァルガの数値の流れがあるそうで、
36-22-41辺りくらい高低が激しいと、運気の波を
感じやすい人生になるのかなと思いました。

-----------------------------------------------
長澤さんがサダサティの時期ということに気付いて、ふと思ったのですが、
本や文献などに、サダサティ(「(月の前の室)-(月在住室)-(月の後の室)」)は
室の場所によって影響は違うというような
ことが書かれことはあったでしょうかM(_ _)M、

私自身「(月の前の室)-(月在住室)」より
「(月の後の室)」
のほうが気持ち的には楽でした。
いろいろな要素が重なって気が楽になったという
面もあったと思いますが、月の度数に土星がドンピシャした時期が一番キツク感じたので、
なんとなく関係はあるのかなという気持ちがあり、気になったものでお聞きしました。
また質問してしまい、すみません::

| nanao | 2008/08/14 05:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/382-3776c89f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT