FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラーフとケートゥのコンジャンクション、その5

分割図で、ラーフとケートゥがコンジャンクトしてる場合、
ラオ先生は「ケートゥをラーフの反対側に移動させなさい」と言っています。
この説に納得している私の、実例パート2です。

今日は20分割図(D20)の事例。
「D」って、Divisional Chart(分割図)の略字ね。

20分割図は、宗教性、精神性を示す分割図です。
だから、ケートゥがどのハウスに来るかは重要です。

個人的に一番納得した事例は、
ホロスコープは出せないんで申し訳ないんだけど、
知り合いの、口達者な霊能者の例がありました。
この人、D20でラーフ&ケートゥが2室に来ます。
2室にラーフ、8室にケートゥだと、口達者な霊能者でぴったりです。
しかし、2室ケートゥだと、口達者も霊能者も出てきません。
この人はケートゥ期に不思議な体験をたくさんしていますが、
それを自分から宣伝しまくるようになったのは金星期になってからです。



別の事例として、バグワン・シュリ・ラジニーシ。
この人は、ラーシで8室惑星集中のミステリアスな人。
D20でも、やっぱりラーフが8室。んで、ケートゥも8室。

ケートゥを2室に持ってくると、
一風変わったエソテリックな説話集や、毒を盛られて死んだというエピソードが、
なんかマッチする感じがします。
ただ、8室にダブルノードって考えても、納得できる生き方なんだよね。
だからこれは、2室でも8室でもどっちでも解釈可能、って事例でした。

続く。

関連記事:
ラーフとケートゥのコンジャンクション、その1
ラーフとケートゥのコンジャンクション、その2
ラーフとケートゥのコンジャンクション、その3
ラーフとケートゥのコンジャンクション、その4
ラーフとケートゥのコンジャンクション、その6
ラーフとケートゥのコンジャンクション、その7
ラーフとケートゥのコンジャンクション、その8final
おまけ参考記事:
ノードとは
コンピューターマニアとD24の水星

| 惑星研究・ラーフとケートゥ | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/364-7be27d43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT