うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラーフ・ケートゥを強めるとき

ぱるぴー - 08/1/12(土) 15:34 -
素朴な疑問なのですが…
ラーフ、ケートゥの対応石とか、これらの星を強める方法とかがあるようですが…
かなりの凶星であるラーフ・ケートゥなどを強める必要があるときって、
いったいどんなときなのですか?
なんだか真剣味のない質問で申し訳ありません。



うちゃ - 08/1/13(日) 0:32 -
たとえば、10室にラーフが在住していて、仕事運をしぼり出したいとき。
それとか、12室にケートゥが在住していて、瞑想を深めたいとき。


こんなときにも - 08/1/13(日) 0:49 -
ラオ先生の入門書の惑星の象意によれば、
ラーフを強める必要があるのは、「ウルドゥ語を書きたい」ときw
ケートゥを強める必要があるのは、「投獄を取り消す命令が欲しい」ときw



ぱるぴー - 08/1/13(日) 16:19 -
なるほど…
「12室にケートゥが在住していて、瞑想を深めたいとき」
というのは納得です。
スピリチュアルパワーアップ!みたいな(^O^)/

それと、
「10室にラーフが在住していて、仕事運をしぼり出したいとき」
ってのもなるほどですね。
ラッキーハウス(?)の10室にラーフがあるとよろしくないのかと思ったら、そういうやり方で仕事運を引き出せるとは、なるほどなるほど…

ウルドゥ語ってどんな言語か知りませんが…
「摩訶不思議な外国文化・言語などを学びたいときにいい」みたいな解釈でいいのでしょうか?



関西弁でしゃべりたくなったら
うちゃ - 08/1/14(月) 23:34 -

摩訶不思議というか、
インドでは、ヒンディー語の次にメジャーなのがウルドゥー語です。
日本で言えば、「関西弁でしゃべりたい気分のとき」って感じなんじゃないかな


ぱるぴー - 08/1/19(土) 16:06 -
なるほど、ウルドゥー語ってインドではヒンディー語の次にメジャーなのですか。
初めて知りました。
「関西弁ででしゃべりたい気分のとき」っていう翻訳?も分かりやすくて嬉しいですヽ(^o^)丿

| ラーフとケートゥ研究 | 23:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

関西圏に住んでいると・・・そうなん?って思います。
ウルドゥー語ね。

吉本の東京進出のおかげで日本語の中では第二言語になったのかな~!

| ねこな | 2008/05/06 01:32 | URL |

方言

吉本がなくても、人口比率から言って
東京弁の次にメジャーなのは関西弁じゃないかと思うんだけど。
関西弁よりもたくさん使われてる方言って、あるっけ?

| うちゃ | 2008/05/06 21:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/326-a1ca92a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT