うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ケートゥ期ってこんな、その3

太誠さんのケートゥ期の体験談、転載します。

ヨーガ・カーラカの水星期が18年間続いてたのが、
32歳から6室在住のケートゥ期に入っちゃって、
運気がダウンしてしまったようです。

t

1971年6月7日 23時37分生 男
137E01 36N45 
母子手帳をベースに、インド人の先生に有料で時間選定をしてもらった


太誠 - 08/1/26(土) 10:11 -

 自分の命を削る思いで仕事をして帰ってきたら、
嫁がお金を持ち逃げしてて結局離婚したりもしましたし。
そんときゃ33歳で文字どうりの「一文無し」ですよ。
こんなんが今後も続くのは嫌ですが、きっと因果応報の
結果で今の人生で「自分自身で受け流す」しかないんでしょうね。
ラオ先生もそんなことを本に書かれていたように思います。



やっぱケートゥ期っしょ
うちゃ - 08/1/26(土) 20:51 -

>33歳で文字どうりの「一文無し」

ヨーガ・カーラカの水星期が18年間続いてたのが、
32歳から6室在住のケートゥ期。運気のダウンは避けがたいです。

6室ケートゥには「敵に勝つ」という意味があり、

   ・・・ようするに、その、、、戦いが始まっちゃうのよね。

けど、そこでへこたれないことと、
最後には勝利の凱歌をあげることが約束されてます。
2010年からはらラージャ・ヨーガ・カーラカの金星期が待ってますから


前向きになれます
太誠 - 08/1/27(日) 11:04 -

2003年にマハーダシャーがKeに変わってから離婚。
2005年からは、職場の命により社会人枠で大学院に進学して
研究生活を始めています。
自分が研究にかかわるなんて思いもしませんでしたが、
研究の世界はなかなか競争が激しくて、確かに今までで
一番「戦っている」かもしれません。
幸い、ピンチに陥っても上司や同僚から奇跡的な
タイミングで救いの手がやってきて、何とか持ちこたえて
いる状況なんですが。

追記。
2006年3月に再婚、2007年9月に息子を授かってから
(多分)よい意味で仕事・研究が猛烈に忙しくなり、
同僚からはほとんど言いがかりに近いような感じで
業績を巡って張り合われたりして、
「もう家族以外は信用できん」
と閉塞した気分に沈んでいたのですが、6室ケートゥと
ラージャヨーガカラカの金星期の話を
うかがって、ものすごくやる気が出てきました。
ちなみに私の仕事は内科医です。


関連記事:
ケートゥ期ってこんな、その1
ケートゥ期ってこんな、その2
ケートゥ期ってこんな、その4
ケートゥ期ってこんな、その5

| ダシャー | 18:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

辛いことと穏やかな気持ち

こんにちは塾の方でお世話になったものです。

土星期に生まれ・・・やっと今ケートゥ期の中間まで来ました。
前半は毎日涙をこらえていた日々が、
生まれてからこの時期が一番充実した自分と出会えてます
私はケートゥ期と相性がいいのかな。
ケートゥ期後半また辛いかな。

| kiro | 2010/12/20 00:07 | URL |

kiroさん

ケートゥは哲学の惑星だから、
「自分との出会い」って言葉が一番しっくり来るよね。
良いケートゥでありますように。

| うちゃ | 2010/12/22 23:13 | URL | ≫ EDIT

ケートゥ期が終わったばかりです

はじめまして。最近インド占星術に興味を持ち始めたばかりです。

昨年インド占星術を勉強されている方にみていただいたところ、
昨年4月までがケートゥ期でした。

わたしのケートゥ期は、
前半は、仕事やプライベートで海外にもよく行き、
一般的に見たら結構華やかな生活。
2007年に、夫の転勤を機に退職して専業主婦になり、
地方都市で静かな(=ひきこもりな?)主婦生活。
これはこれで、それまでの多忙な生活のあとで楽しくて気に入っていたけれども、
2008年春に大病(ガン)で手術&抗がん剤治療。
いよいよひきこもった生活を1年ほど。

でも、現在は平穏に暮らしています。

わたしのラーシでは、月(7室・水瓶)とラーフ(12室・かに)以外がすべての惑星が6室・やぎ座にあります。
火星や土星やケートゥが6室にあったので病気にも勝てたのかなと。
(見てくださった方もそんな感じに話されていました。
そのときには私はまったくインド占星術の知識もなく、
よく理解していなかったのですが)

今はようやく金星期。
金星も6室にあることがちょっと気がかりですが。
近いうちには東京にもどりそうですし、少しずつ生活もまたにぎやかになるのでしょうか?
でも、ケートゥ期の静かな生活は、病気になったことはともかく、なかなか代えがたいよい時間でした。

| susie | 2011/01/26 19:46 | URL |

いい話だ

「わたしのケートゥ期」というドラマになりそうv-408

読み終わった後、すががしさの残る体験談、ありがとうございました。

| うちゃ | 2011/01/27 18:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/267-c67d389b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT