うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラーフ-木星期

ラーフ-木星期。

アンタルダシャー2つ目になって、ラーフパワーが本領発揮。
俺はラーフだぁぁぁ、みたいな意識や環境が板につく時期。

Grace InglisのHindu Dasa Systemによると、
ラーフと木星でラージャ・ヨーガになってる場合は、良い時期になるらしい。

「信仰心が出てくる、慈善、信心深い人と交わる、悪と戦う勇気が沸く、牛を買うcow」


PS.「Planets and Travel Abroad」(M.S.メータ著)の
21ページに、こんなことが書いてました。

「ブリハット・パラシャラ・ホラ・シャストラ」(BPHS)には、
ラーフ-木星期は外国に旅行に行く時期だと書いてある。
この木星が、最高星位や定座で、ケーンドラかトリコーナに在住している場合は、
西に旅行するであろう。


ラオ先生とメータ先生で、よく当たることが確認された技法の一つだそうです。

メータ先生は、2010年4月25日にお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

関連記事:
メータ先生、死去

| ダシャー@ラーフ期 | 02:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/250-4da378b9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT