FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宿曜って

120年のヴィムショッタリ・ダシャーは、順番や期間は誰でも一緒なんだけど、
月のナクシャトラで個々人のスタート地点が変わります。

そこである疑問。
日本でよく使われる宿曜と、ナクシャトラは同じなのか。

千 - 05/10/27(木) 0:47 -
宿曜の宿とインド占星術のナクシャトラは全然関係ないものとしてみたほうがいいと思います。
インド占星術では実際の月の場所をもとにナクシャトラを決めますが、
宿曜の宿は実際の月の位置とは関係ないみたいです。


っつーカキコミが塾掲示板にあったので、実際に調べてみました。
。。。ほんとだ。
まず、本屋で「宿曜占星術」って本を見て、昴宿(クリッティカー)の有名人を調べる。
次に、その人たちを誕生日+昼12時+東京都生まれで計算して、
おおざっぱに月のナクシャトラを調べてみました。

二谷友里穂と宮崎駿がウッタラバードラパダ
保坂尚輝と山口智子がレーヴァティ
柴田錬三郎がバーラニー
田原総一郎がプールヴァアーシャダー

結論。ばらばらでした。 
っつーか、クリッティカーがいないじゃん Σ(゚ロ゚lll)!?

PS.よい子の皆さん、デジタル万引きはやめましょう。
本屋で昴宿の有名人を調べるとき、携帯でパシャっと取ろうか思ったんだけど、
見上げるとデジ万禁止のポスターが。。。ああ、神よ。
よい子の私は、本に書いてある名前を憶えてから本屋を出て、
メモ書きして、確認のためにまた戻る、を3回繰り返しました。
         ヾ( ̄o ̄;) 一緒だろ。

| ダシャー | 21:24 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。


宿曜とナクシャトラを比較検討中のものです。

私も、この2つは全然別物だと思ってます。

いろんな書籍の解説をざっくり見てみると
同じ宿とナクシャトラで、書いてあることの趣旨が全然違いました。
最初は、ナクシャトラ理解に役立つと思って宿曜の研究を始めてみたけど
混同しない方が良さそうですね。

宿曜出す時の暦を、その日の実星の位置と照らし合わせてみたら、
サイドリアル、トロピカルともにナクシャトラとは一致しないことがほとんど。
ただ、一致する場合はトロピカルの場合が多かったので
インドを介して日本に来た宿曜がなぜ西洋占星術よりになっているのか
疑問です。まだ解明できていません。


当たり具合としては、宿曜占星術で見る性格判断はかなり周りの人に当てはまっていました。
著者の方によっては、実星の位置からの宿曜も考慮すべき、としている方もいましたが、
私としては、宿曜をやるなら暦で出す簡便法のほうが当たりやすいのではないかと思いました。

インド占星術の性格判断では、ナクシャトラの重要度は何割くらいなんですかねぇ、、、?

長くなってすみません。
もう少し研究頑張ります。


※以前にうちゃさんがレビューしていた「大結婚」の本、
あの解説はどちらかといえば宿曜よりな感じがしています。

| b&m | 2017/06/27 18:49 | URL |

b&mさん、うちゃさん


宿曜は白道を基準にしているようなので
(Wikipediaなので信憑性は不明)、
黄道帯基準で割ったナクシャトラとは一致しないのかもしれません。

白道基準なら、別の体系の占星術と考えた方が良さそうです。

また当時の月の観測技法や暦の計算が今も使われているのか、
それも不明です。

当時の日本で使われていた暦は、
今の太陽暦や太陰暦とは違うものです。


当時はうるうを補正するため、数十年ごとに頻繁に暦が改訂されていたようですが、
日本では空海の時代を少し下ったあたりの宣明歴が、
その後800年近く改訂されずに使われています。

国立天文台 宣明歴 http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C0EBCCC0CEF1.html

当時の暦の計算を継いでいるなら今は使えませんし、
現代の暦や観測法にリファインしているかもしれませんが、
門外漢なのでその辺りは不明です。

ジョーティッシュのナクシャトラは、
ナクシャトラ毎のシンボルやキーワードも有るには有りますが、
同じナクシャトラでも星座を跨ぐこともありますし、個人的には、
出生時刻が正確に分からなかった時代の暫定手法じゃないかと思ってます。

それでも、ヴィムショッタリー・ダシャーでは、
月のナクシャトラでマハダシャーの開始点が決まるので、
月ラグナからの各惑星の機能的吉凶やダシャーバランスから、
おおよその傾向は掴めるのではないでしょうか。

例えば、ナクシャトラ系の占術ではプシュヤに月がある人は
旅行運と結婚運が良くない&幼少期に苦労して中年以降に運勢が良くなるそうです。

プシュヤの人は月から見て7,8室支配の機能的凶星&マラカの土星期から始まり、
3,12室支配の水星期、ケートゥ期を超えて中年で金星期、晩年にラージャヨーガカラカの火星期、
長生きすれば最後に6,9室支配の木星期がやってきます。

これなら旅行運と結婚運も説明ができます。

こういう傾向を、ざっくり読んでいるのがナクシャトラ占いで、
出生時刻が分かってチャートが読める人なら、
個人的には、そちらを優先した方が良いと思っています。

勝手な推測ですが、
白道基準の宿曜と黄道基準のナクシャトラが
後の世でごちゃ混ぜになったんじゃないでしょうか。

混ぜるな危険と言うか。。。

ご参考まで。

| ニーチャバンガ | 2017/06/28 20:40 | URL | ≫ EDIT

Re:

b&mさん、
インド人は、もともと性格診断にあまり興味がないようで、
「ナクシャトラの重要度」とかいう以前の問題があります。
宿曜占星術は、述べ何万人もの人間観察を土台に築かれてきたものだから
下手なナクシャトラ占いよりはよく当たるみたい。
大結婚は、宿曜ベースっぽい本だよね。

ニーチャバンガさん、
貴重な投稿、ありがとうございます。
「白道基準の宿曜と黄道基準のナクシャトラが後の世でごちゃ混ぜに」
という考察はとても納得しました。

| うちゃ | 2017/06/28 22:36 | URL | ≫ EDIT

b&mさん、うちゃさん

お昼にちょっと調べてみました。

暦の方は、どこのサイトを見ても、太陰暦で計算しているみたいです。

あと、占命盤というのを使うようです。
http://zyuan1.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
(アマチュアの方のサイト探してきました。)

で、これを見ると、
どう見ても宮の方はサイデリアルの黄道12星座っぽいです。
星宿も4つの足に分かれていて、足という訳も含めて、完全にパダですよね。

あと、宿曜で相性(栄親とか安壊)を見るのに使う、栄、親、壊とかも、
占命盤に書いてありますが、
よく見たらパンチャンガのターラーバラとまるっきり同じなんですよ。

宿曜の順番だと、
命(胎、業)→栄→衰→安→危→成→壊→友→親

ジョーティッシュのターラーバラだと、
誕生→富→危険→安全→障害→達成→破壊→友情→親密

相性を3グループに分けて
自分の生まれたところに命(ジャンマ)を合わせるところまで、完全一致です。


ターラーバラはムフルタとかで使うものと思っていましたが、
ジョーティッシュにもターラーバラで人の相性を見る技法があるんでしょうか。

ともかく、技法的には完全にナクシャトラなのに、
計算して出てくる宿が違うという状態です。

これ以上踏み込むのは止めておこうと思います。

インド系でも、鵜呑みにせず色々試してみるのが良さそうですね。

| ニーチャバンガ | 2017/06/29 12:42 | URL | ≫ EDIT

Re:

宿曜ってターラーバラと同じコンセプトだったのね。
また一つ賢くなりました。
私は宿曜占星術の鑑定経験が浅いので、
よくわからないことばかりです。
いろいろ試して、何か発見があったらまた教えてください。

| うちゃ | 2017/06/29 23:46 | URL | ≫ EDIT

ニーチャバンガさん うちゃさん

詳細なレスありがとうございます。
私の浅ーい考察がなんとも恥ずかしいw


まず、白道基準と黄道基準てのを
考えないとですね!なるほど。


ナクシャトラによるざっくり占いの意味
理解しました。
月ラグナとダシャーから見た
ざっくりした人生傾向をまとめた、というのも納得です。

確かに、インド占星術は性格占いってあまりない気がしていたので
その点も再確認できてよかったです。

宿曜は、みんなでワイワイ楽しんだり
周りの人をこっそり観察する時に、細々と使って行こうと思います(←性格悪い)

ところで、Wikipediaのナクシャトラのページ、
あそこに書いてある各ナクシャトラの星座と度数が、どうしてああなっているのかイマイチ理解できていません。
あれ、、、合ってるんですかね?


ともあれ、詳しく教えてくださりありがとうございました!

| b&m | 2017/06/30 01:47 | URL |

b&mさん、うちゃさん

白道基準というのも白道面を使ってるのか、
開始点や分割方法は?など、
深入りし過ぎなので止めておきます。
m(__)m

あと、Wikipediaのナクシャトラ解説は
「混ぜるな危険」の典型だと思っています。

度数のずれの件は、
アヤナムシャで検索してみてください。
年々ずれていきます。

実際、トロピカルの度数でナクシャトラを見て
混乱されている方もいました。


wikipediaの表だとローヒニーは井宿ですが、
宿曜系のサイトで井宿の説明を見ると、
どこのサイトも「夫妻宮に3足、蟹宮に1足」
で、プナルヴァスっぽいです。

有料サイトで井宿はプナルヴァスと書いてあるところもあります。

どれが本当か不明ですが、
Wikipediaの表は参考になさらないほうが良いかと思います。

改めて見てみると、
宿曜には青龍、朱雀、白虎、玄武などもあるので、古来の中国占術と、黄道基準のナクシャトラが
融合したのが宿曜?という気がしますが、
それも門外漢なので自粛します。

こんな所でOKでしょうか。

| ニーチャバンガ | 2017/06/30 20:07 | URL |

Re:

計算方法の違いと
鑑定が当たるか当たらないかの問題は
別に考えたほうがいいと思ってます。

計算がぜんぜん違ってても、
新しい計算方法でいう○宿の人を詳しく考察していけば
それはそれで当たる技法として確立されていくだろうから。

個人的には、
クリッティカー(プレアデス星団)が昴宿じゃないってとこが、いつも気になります。

| うちゃ | 2017/06/30 23:16 | URL | ≫ EDIT

ニーチャバンガさん

リンクいただいた宿曜のサイトですが
どうも、青龍朱雀.......ってのは
この占い師さんのオリジナルみたいです。

宿曜の本は大体見ていますが
中国系の四神を使っている例って
自分は聞いたことありません(流派によっては
あるのかもしれませんが)
この方なりの中国風な味付け、なんじゃないかなぁ、と思います。

白道云々は確かにあまり深入りしないほうがいいかもですね。

うちゃさん>

ズレと当たる当たらないは別問題、
確かにそうですねー。

今近場にある本では一応昴宿を「すばる、プレアデス」って解説してました。

| b&m | 2017/07/02 04:00 | URL |

b&mさん

そうでしたか、やはり流派が色々あるんですね。
自分がみたところは何処も四神が入っていたので、そう言うものだと思ってました。

当たる当たらないは、実際に宿曜を勉強している人でないと議論出来ないと思っています。

やはり自分のように宿曜をやらない外野がどうこう言っても始まりませんね。

| ニーチャバンガ | 2017/07/02 10:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/20-004f0910

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT