うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラーフ期とともに消えゆくもの

1993年から2011年までがラーフ期
という人がいました。
ダシャーを伝えたところ、こんな不安がわいて出たそうです。

>1993年から今の主人と知り合い、本当に色々体験してきました。
>ラーフ期についての記述で気になったのは、
>ラーフ期に得たものはラーフ期の終わりと共に失う、という部分です。
>家族を失わずにいられますか?



うぁ。時期的にほぼ一致してるだけに、切実な問題!



ぉ、ぉ、おそらく大丈夫でゎないかと。。。 ←弱気すぎ!


いや、ホントに、そこは心配しなくても大丈夫だと思う。

占星術理論にそって説明します。

ラーフ期ってのは、神懸かり的なパワーを発揮する時期なんです。
ラーフ期が終わると、ラーフの魔法が解けてしまってパワーダウンする。
すると、ラーフパワーで得たものを失っていくわけ。

愛する家庭っていうのは、ラーフパワーがどうこうって問題じゃなくて
もっと心の本質の部分というか、深いところでの絆みたいなもんだと思うんだよね。
ラーフってのは「平和」とか「安らぎ」とかとは無縁な惑星だから
ラーフの力を借りなくても維持されていくものだと思うの。

ラーフの力を借りて作ったものなら去っていくけど、
もともとのホロスコープに出てるものは去っていかないはず。
だから心配しなくても大丈夫だと思うのさ。

| ダシャー@ラーフ期 | 22:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ラーフ期はカルマ清算の苦しい時期。
そういえば美輪さんが、カルマは軽いものから解消していって、重いものは一番最後。昇華するのは人生の最後のほうって言ってました。

ラーフ期の最後あたり、要注意ってことですかねー
腐れ縁の相手ならばラーフ期後も縁がきれず、しぶとく残っていそう(笑

| たけさき | 2007/03/17 08:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/162-3500116c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT