FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラーフ期から木星期3

嵐のラーフ期を抜けると、ほっと一息、落ち着いた感じになるってパターンがけっこう多い。
すべてが一気に好転するってわけじゃないけど、
気持ちね、気持ち。
ラーフ期の自分は、それはそれとして引きずるんだけど
環境も一転して、人生再スタート、って感じになったりする。

ラーフ期を終えた直後に海外に出て行きました
という人の生の感想がこちら。(転載許可有)



木星期
うちゃ - 07/2/2(金) 21:18 -
みぃさん(昭和51年4月5日午前2時17分大阪府大阪市)の人生をインド占星術で見ていくと、
月期に生まれ、5歳で火星期、12歳でラーフ期、
2006年9月27日から木星期、2022年から土星期、
って感じになっています。
中学校の時からずっと続いていたラーフ期が、去年終わりました。
だから、大きな心境の変化があったことが読み取れます。
http://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-78.html
を読んで、どんなもんでしょ?

みぃ - 07/2/2(金) 23:05 -

実は海外に来たのは2006年9月30日です。
決意したのは その一年前 中学生からなにかと付き合いのあった
彼と真剣にお付き合いをしていて 別れてからです。
なにか いつもしてないと落ち着かない性格というか、
目標を見失って行き詰ることが多々あります。
30歳も過ぎて結婚に関しては本当に不安です。
別に男の人が寄ってこないわけではないのですが
ろくな男が居ないというか…。自分も変わらなくてはいけないのでしょうか。

ラーフ期が抜けたということで自分なりに考えてみました
落ち着いたことは確かです。目に見えていえるのは
物欲がなくなりましたね。まぁ、お金がないのもありますが
我慢強くなったとは 思います。日本での仕事は 何度か転職したものの
働くのは好きで こっちに来る直前までついていた職はしんどいながらも
気に入ってしていました。



関連記事:
ラーフ期から木星期1
ラーフ期から木星期2
ラーフ期から木星期4
ラーフ期から木星期5
ラーフ期から木星期6

| ラーフ期の体験談 | 21:26 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして、ずーっと前からうちゃさんファンで実はこのブログを楽しみにしているチャイと申します。
私は今月末でラーフ期が終わります。12室在住のラーフ期は本当に嵐のようで、今まさに終わろうとしていても辛いんですよ。失い続けた感じのラーフでした。
なんだか背中に悪竜が乗ってるみたいで。。。

これから9室の定座の木星期に入りますが、きっとしばらくの間はダシャーチドラで
ラーフの影響は残るのかなっと思っています。
「ラーフ期に得たものはラーフ期と共に失う」という古典的な考えのまま受け止めると
3年前から勉強しているジョーティッシュもやれなくなってしまうのかしら??と思ったり。それは唯一残したいものなんですけど。

ただこのダシャーの変わり目はすごい(私の場合辛い)!!と実感中です。

| チャイ | 2007/02/04 18:21 | URL |

>チャイさん
自分は、ラーフ期→木星期でガラっといいほうに変わった口です。
その変化がダシャーとぴったり一致してたんで、インド占星術を信じるきっかけになりました。
「ラーフで得たものはラーフで失う」とは「変化する」ということを別の表現で言い換えたものだと思います。「前の状態ではなくなる」(=「前の状態を失う」)ってことです。
だから、占星術を続けるにしても、取り組み方が今とは変化するということはあるんじゃないかな。
自分はラーフ-火星期で準備していたことが木星期-木星で叶って転職。
「夢」そのものを失う(手放す)ということはありませんでしたが、ラーフ期にあったような集中力は今はないし、必死な切羽詰った感じから抜けて、穏やかな気持ちで仕事してます。
そんな感じの「変化」はあるんじゃないかな。

| ろまー | 2007/02/07 14:39 | URL | ≫ EDIT

ダシャーの変化の実体験の話、
書き込んでくれてありがとうございます。

やっぱり、外野がごちゃごちゃ言うより
経験した本人の言葉が一番説得力あります。
ダシャーを勉強しようとする人たちの参考になると
信じてます。

| うちゃ | 2007/02/07 20:55 | URL |

>ろまーさん、うちゃさん

ありがとうございます。
今はすごい変化の中にいるので、木星期になったときの実体験を
しばらくしたら、書き込ませてくださいね。あと少しです。
ろまーさんのおっしゃるとおり、穏やかにジョーティッシュを勉強して
いることを夢見てます。

火星期からラーフ期に変わった時にもかなりの変化があったので、
インド占星術おそるべし!と思ったんですよ。


それぞれの惑星の支配や強さ、在住によっていろいろだと思いますが、
ダシャーは人生の流れそのものですね。

しかし自分のチャートは冷静に分析出来ないものです。私だけかな??

| チャイ | 2007/02/07 23:22 | URL |

本人談

「インド占星塾」掲示板で見つけたラーフ期突破のコメント、転載。

ツクヨミ - 08/2/23(土) 19:44 -
>大まかに、1987.2~ラーフ期、2005.2~木星期なので、
>それを境に、貪欲であわただしい(?)時期から
>落ち着いた感じになってます?


むいた - 08/2/25(月) 0:13 -
→2005年というと、28歳~29歳
 ・・・確かに余裕が出てきたのはこの頃ですね。
 出口が見えないほどもがいていましたが、
 ふっと息をつき、これまでの事・これからのことを
 考えはじめたのもこのころです。

| うちゃ | 2008/02/28 19:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/151-5a11bc17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT