fc2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダシャーの変わる時期の受け取り方

「今年の10月にダシャーが変わるよー」

って言うと、
10月に何かの変化が(どっかから)やってくると受け止めちゃう人がいる。
いる、というか、わりと多い。

でも現実問題として、人生って、
外的な変化がふっとやって来るなんてことは少なくて
自分自身で新しい方向性を考えて、それをやってみて
結果につながるってことのほうがずっと多い。

ダシャーが変わるときってのも同じで、
変わるたびに新しい変化が舞い込んでくるケースは少なくて、
だいたいが、
今まで温めていたことを行動に移す時期だったり、
行動してたことがはっきり形になってくる時期だったりする。

だから、同じダシャーでも、過去を伝えるときと、未来を伝える時では
言い方を変えないといけないことがある。
過去を振り返れば「あの年の10月に変化があったね」ってことになるけど、
未来を伝える場合、ダシャーの時期よりもっと手前から行動に出てないと間に合わなくなる。
待ってるだけじゃ、せっかくのダシャーの変化に、いい波に、乗れなくなっちゃう。

未来は、積極的に生きるよう勧めるくらいがちょうどいい。
と思う占星術家うちゃであった。

| ネットで鑑定してて | 23:11 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この問題で、伝え方に失敗したことが多々あります。(反省)

人の本質って変化を嫌うので、「自分をこの状況から救いだしてくれる白馬の王子様」的な出来事が勝手にやってきてくれる。と思いたい人は割と多い。
特に対人や恋愛問題で割合高めのように思います。


だけど自分に準備できてなければ、やってきた変化の波をスルーしたりもまた多く、過度の期待は禁物なような。
だから、ダシャーが変化するので対人関係変わるよーと言っちゃったら、
「素敵な人が現れるので私はこのままでいいんだ❗」と思ったばっかりに、合コンの機会をスルーとか、友達の紹介をスルーとか。

いやいやそうじゃなくて、変化は紹介や合コンでやってくるんだって。

昔の私がこのパターンでして。インド占星術を知らなかった時代に、そういう機会が多かった時期がありました。
後から検証して結婚できそうなダシャーだったと知った次第。

変化は身の内と思い定めて自分と周りを観察しておかないと、微妙な変化はわからないと悟りました。

ラーフ (衝動性が増して)我慢できない
水星(パワーダウン気味で)忍耐が効かない

なんていうように。

| ichi | 2021/04/26 10:13 | URL | ≫ EDIT

Ichiさん

あるあるですね(笑)。

ぷーがダシャーのクロスチェックに使っている、西洋占星術のハーフサムによる未来予測というやつがあります。
1年くらいの前後はあれ、ダシャーよりわかりやすく出るので、すんごい打率で今のところ当たっていますが、ハーフサムというのは、
「そうなる環境が整うという意味であって、実際にそうなるかは別」
という但し書きがあります。

まあこのコロナ騒ぎ、恋愛や結婚については出会うことすら難しいみたいなとこありそうですが。
ぷーは4つのダシャーが同時に婚期クリーンヒットする時期がこれからきます。
毎回相手がストーカー化するか激しく束縛してくるかセクハラかの3択で、もはやウンザリな日々です。

| ぷー | 2021/04/26 13:22 | URL |

2週間ほど前に、10年続いた月期が終わり、火星期に
突入しました。
月期に比べて火星期がしんどそうなのは分かってたので、
心の準備だけはしていたつもりですが。

悪い波なら逆に乗らない準備をしたいところですが、
経験上、悪いほうは避けようの無い外的な変化として来る
ことも多いように思えます。
これって心の持ちようで避けられるんでしょうか(´・ω・`)

| magi | 2021/04/26 22:46 | URL |

土星ー金星期の出来事ですが、
土星ー土星期の「忙しい」がすごくパワーアップして、本来であれば精神的ショックで泣きそうなところ、その余裕すらふっとぶ荒波として「忙しい」がやってきました。

後から振り返れば、
一部は避けようがなかったものの、一部は用心をしていれば避けられたかもしれず、一部は決断した自分が招いた忙しさ。何もかも一緒にして「避けようがない」わけではなかったかなと思いました。

だけど、ウパチャヤだらけのホロスコープの悲しさ、最期はヤケクソでやりきった感があります。

| ichi | 2021/04/27 00:20 | URL | ≫ EDIT

Re:

ichiさん、ぷーさん、
結婚運がすごく良いダシャーに、めっちゃ高望みしたり、ひたすら待ちの姿勢を取って婚期を逃しちゃう人って、いるよねー。
ダシャーって、うまく使いたいもんよね。

magiさん、
私だったら、避けようとしないな。
たった7年の火星期、突っ走る。
だってさ、120年に一回だけやってくる、突っ走れる時期、駆け抜けることができる時期なんだもん。

| うちゃ | 2021/04/27 22:06 | URL | ≫ EDIT

うちゃさん
> 結婚運がすごく良いダシャーに、めっちゃ高望みしたり、ひたすら待ちの姿勢を取って婚期を逃しちゃう人って、いるよねー。

そもそも7Hや7Lがフルボッコになってたら、ダシャーがきても結婚しないとか、事実婚や週末婚とかかもしれませんね。

ぷーはハーフサムで「環境が整う」のが相当晩婚の時期にきてますが、実際に結婚できる環境にはそれまでいなかったのが面白いなと。
そうした環境が整うことと、もとのチャートのありようの組み合わせで決まってくるのかなと思います。

たくさんのダシャーが適用できる人だと、逆に全部がヒットしたときしか結婚できないとか、あるのかな?


Magiさん

ぷーも基本的にうちゃさんに同意ですが、Moのまったり感の方がMaのスピード感より好きな人かどうかにもよるのかも。
Sa/Maがもうすぐ終わるけど、この組み合わせは確かにイライラすることが多かったなあ…コロナ禍ときれいに重なってたのもありますが。

| ぷー | 2021/04/27 22:32 | URL |

ichiさん
確かに、全て避けようが無いで諦めるものでもありませんね。
ヤケクソでもなんでもやり切れる強さは羨ましいです。

うちゃさん
そもそも避けようとせず突っ走るですか。
蠍座ラグナの自分にとって火星はラグナロードなんで、
悪いことばかりでもないだろうとは思ってましたが、
月期が割とぬるま湯だったもので、そういう気概を忘れて
ました。
確かにそれくらいアグレッシブに構えた方が良いのかも。
ご教示感謝します。

| magi | 2021/04/27 23:28 | URL |

ぷーさん
まさしくそれです。月期のまったり感に
馴れ過ぎて、火星の激しさを恐れてました。

ただ、月/金星期の20ヶ月間は全然まったりでは
なかったですね。色々振り回されてストレスの
溜まることが多かったです。

| magi | 2021/04/27 23:34 | URL |

インド占星術を知ったのは、月期終盤でした。私の月はひどく傷ついていたのに、順調だった太陽期のノリを引きずってしまい、余計に苦しい月期を過ごす羽目になったことが分かりました。もっと早く知りたかった〜(ー ー;)

今は火星ーラーフ期。気分は明るく、活発になれるかと思いきや、いまだに月期の体調不良のダメージを引きずり気味です。

ダシャーが変わると、気持ちや環境の変化にはわりとすぐ気づくのですが、行動の方は常に遅れ気味になります。

ちなみに元々体が丈夫ではなく、たとえラーフ期になってもガシガシ動き回れるとは思えないので、違う形で来るのかな?と思ってるのですが、どうなのでしょう。
ラーフは2室在住なので…口ばっかり、お喋りが過ぎるようになるとか…?

| のりお | 2021/04/29 15:29 | URL | ≫ EDIT

今年3月初旬にマハー金星から太陽期に変わりました。

金星/Ke期に結婚した事や、昨年売上が全然上がらなかった事など
色々な要素で7年続けた営業が嫌になり
(7年間大体ずっと嫌だった気もしなくもない)、
給料下がってもいいから事務職にしてほしいと社長に相談しながら
転職活動も平行して進めていたところ、
結局現在の会社で新規事業の責任者をやることになりました。

全くの未経験分野ですが自分の興味ある事業・仕事内容なので、
熱を持って取り組めそうです。

3月に会社で「新規事業をやる」という話が出て、
「ダシャー変わるし、もしかしてそっちでできるかも?」と
色々案を出していましたがそれは通らず、半ば諦めつつ
4月に入ってぽっと出した案がトントン拍子に進んだ形です。

まさに

>今まで温めていたことを行動に移す時期だったり、
行動してたことがはっきり形になってくる

という時期になったのかなと思います。

現実的に考えればキャリアダウンしか想像できなかったのに
結果的にキャリアップとなり、インド占星術すごい、、となってます。
(D1、9、10で太陽の配置は悪くないものの、
転職活動は全然進まなかったし年齢とスキル・経験が釣り合っていないし
このご時世だしで、派遣事務でいいかと考えていました)

| たつ | 2021/04/30 14:53 | URL |

Re:

ぷーさん、
7室がとっても傷ついてる女性の場合、
4室のダシャーに結婚するケースをちらほら見かけます。
結婚運だけじゃなく、対人スキルも傷ついてるので、
ほっとするマイホームが得られる時期なのかもしれません。

magiさん、
マハーダシャーを語るときは、
10年まるっとおおざっぱにとらえるもんです。
その中に、アンタルダシャーとして真逆のことが起きる時期もぽつぽつと出てきます。
月-金星期をそんなふうにとらえるのは、良い感性だと思います。

のりおさん、
ラーフ期はですね、
体が丈夫じゃないのに、気持ちだけで動いてしまって、
体が悲鳴を上げる時期です。
でも死にゃぁせん、そんな皮肉なダシャーです。

| うちゃ | 2021/05/05 20:58 | URL | ≫ EDIT

なるほど、まさにダイハード、ですね。
6室土星在住だし、ラーフ期は土星支配。
怒涛の介護に明け暮れる予感がします。
か、か、覚悟だけはしておいて…
火星期中に英気を養っておきたいと思いますw

| のりお | 2021/05/06 11:02 | URL | ≫ EDIT

Re:

介護に明け暮れるラーフ期。。。
イメージしにくいな。。。

ラーフ期って、何か一つに明け暮れられる時期じゃないから、
介護もあるのにxxxも、ってことになると思うよ。

| うちゃ | 2021/05/09 21:46 | URL | ≫ EDIT

>ラーフ期って、何か一つに明け暮れられる時期じゃないから、

まさしく現在そんな感じ。
なかなか終わらない居住マンションの自治会役員と、新しく始まった町内会委員の仕事と、もちろんご飯を食べている本業、今三つ巴になっています。

土星-ラーフ期 あまりにもど真ん中な指摘に思わず書き込んじゃいました。本業忙しいのに~! って感じになっていますよ。


そして多分、またヤケクソでやっちゃうんだろうなあ。。。そんな自分の姿も見える。一筋縄じゃいきませんね、土星ーラーフ。

| ichi | 2021/05/09 22:06 | URL | ≫ EDIT

うちゃさん、ichiさん、
ラーフ期は、あれもこれも忙しい〜、となるのですね。
そしてヤケクソモードになる…

あ、金星-ラーフ期がそんな感じでした。
もう四半世紀も前なので、すっかり忘れてたけど
あれ?なんか急にバタバタしてきたぞ?
と思った記憶があります。
しかも、自ら飛び込んでいったような気も…w
イメージ湧いてきました、ありがとうございます。

ところで(度重なる質問で恐縮ですが)
ラーフから数えてドシュタナに星が無い場合
ラーフ期はそれほど辛くならない、という意見を見かけました。
そんな感触は、ありましたか?

| のりお | 2021/05/12 11:04 | URL | ≫ EDIT

ラーフから数えてドゥシュタナに惑星かあるので、ない場合の体感は不明です。
マハーダシャーのラーフ期は幼児から成人するまで。人生経験のない時期なので「そんなもの」でした。
木星ーラーフは確かにストレスで難聴を発症する程度にキツかった。
ただ忙しいかは?です。アレは完全に人間関係由来のストレスだったから。

忙しいモードに入ったのは、マハーダシャーが土星に入ってからでした。ヤケクソになれる分今の方がマシかも。
とりあえず身体は壊れていません。


| ichi | 2021/05/13 00:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/1416-4087d186

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT