FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019年に出版された本

「2019年はインド占星術の本って出版されなかったの?」
って質問メールがあったので、返信もかねて書評を書きます。

(電子書籍を除いて、)出版された書籍の中で
唯一タイトルに「インド占星術」が出てくる本は、これだけだと思う。

インド占星術の密教 ジャイナ占星術」(矢田慶子・志賀一雅著、出版社「ヒカルランド」、2037円+税)

タイトルが気になって買ってみたんだけど
中身は宗教の紹介本でした。

「〇〇は顕教だけど、うちは密教。くわしくは言えないけどもっとすごいんです!」
「でもすっごい教祖がいるんだよ、科学的だよ、ちょっと信じてみませんか?」
ってスタイルは、新興宗教に時々みかける手法。

ざっくり言うと、
手相と姓名判断にインド占星術の一部を取り入れて
「聖者」が信者さんを見てくれますよってコンセプトなのかな。
(ざっくりすぎw。間違ってたらごめんなさい)
世界史の教科書で目にした「ジャイナ教」の今に触れてみたいとか、
宗教バリバリの聖者に鑑定されてみたいって人だったら、
買って読んでみてもいいかもね。

85~93ページに、ラオ先生の鑑定を受けたエピソードが書いてあって、
ここが唯一「インド占星術」のパート。
ジャイナ教の引き立て役に敬虔なヒンドゥー教徒のラオ先生を利用してるような構成になってるのが
意図的か結果論かはさておき、読んでてちょっと悲しく感じました。

インド占星術にしろ、ジャイナ占星術にしろ、具体的な占星術技法はほとんど書いてないから、
占星術の「学習」って観点からは、ほとんど役に立ちません。
(だって、密教=秘密なんですものw)。

| 書評 | 21:18 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うちゃさん

本は読んでいませんが、身も蓋もないことを言ってしまえばどの立場の人も自分の所属するところ以外の流派は全て亜流になってしまいますよね。

この辺り、蟹座で木星が高揚する事も含めて良く考えたいところです。
愛情ホルモンのオキシトシンが排他性を助長する事にも通じるように思います。

あと、密教やオカルト、研究の8室を越えて一定のリサーチを終えたら高等教育(9室)として世に出て来るんでしょうね。9室の対面は3室ですし。

私もあちこちの情報をつまみ食いしていますが、リサーチ結果が公表されているものは信頼できます。

| ニーチャバンガ | 2020/03/16 17:28 | URL | ≫ EDIT

インド占星術とは全然関係ないコメントですが…

その出版社の元関係者です。
うちゃさんが紹介されている内容を見て「あぁぁぁぁ…。『某出版社あるある』だぁ…」と思いました。

基本的に、タイトルと中身が一致しないケースが多いです。
そして、セミナーや物販と関連づけて「一緒くた」に売り込むスタイルです。
その本にも、巻末に鑑定師の「セミナー」などの紹介がついておりませんか? どちらかといえば、本の内容よりもそちらの「セミナー」にお客さんをつけることを目的にしていたりします。

日本における出版社不況の賜物…と言えるかもしれません…。

| 「劇団つきかげ」に入る前のマヤ | 2020/03/16 20:54 | URL | ≫ EDIT

著者もジャイナ教も知っています。
私はその本を読んだことはありませんが、たぶん聖者ではなく聖者の弟子?の人が鑑定すると思います。

数年前に鑑定を受けましたが、あまり当たっていませんでした。
他の人は鑑定を受けて処方箋を受け、熱心に実践しましたが数年しても願望は達成せず・・・・・・。

占星術師も来日するごとに鑑定料金が爆上げされていました。

どの占星術もですが、万人向けではないですね。

| ぱんだこ | 2020/03/18 19:30 | URL |

Re:

ニーチャバンガさん、
この著者の立場からすれば、ヒンドゥー教徒は亜流ってことになるよね。
でも、ラオ先生をグルのように慕ってる人たちとか
ラオ先生から占星術技法を学んでる人たちに対して
挑戦状を叩きつけるような構図になってるから、
宗教的にも占星術的にも相当な実力を持ってないと
ただの失礼な人ってことになりそう。
大丈夫なのかな。。。

8室が9室に発展していくって流れは、
来世ってこともあるから、実はあまり期待してません。

マヤさん、
まさかの関係者さん(笑)
外国の方が日本で新しい活動を展開するとき、
名刺代わりの一冊をしたためるのはよくあること。
ちょうど10年前になるけど、
http://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-623.html
これなんかも、同じ系統の本だと思う。

ぱんだこさん、
体験談ありがとうございます。
バブルジ氏ではなく、そのお弟子さんが鑑定するのね。
私のほうで読み落としがあったかもしれません。
宗教がからんでくると料金もお高いんでしょうね。

| うちゃ | 2020/03/22 20:50 | URL | ≫ EDIT

バブルジは聖者ではないです。
占星術師です。
鑑定はバブルジがします。たぶん今は一時間しないで五万ぐらいと思います。

| ぱんだこ | 2020/03/22 21:56 | URL |

インド占星術周りの確執については、色々と嫌な話を聞いているのでここでは触れませんが、自分への戒めも含め、人が一番危険なのは「我こそは正統派」「我こそは正義」を更に通り越して「義憤」を振りかざした時だと思っています。

政治的背景を除けば、宗教戦争や宗教犯罪、弾圧やアレルギーの原因もほほこれでしょうし。

人それぞれ登山口が違うだけ程度に思えれば良いんですけどね。

あと、これから木星減衰するタイミングなので、これから1年何があるか見ていきたいです。

| ニーチャバンガ | 2020/03/22 23:08 | URL | ≫ EDIT

Re:

ぱんだこさん、
私が初めてインド占星術に出会ったころ、
日本ではまだマハリシ総合研究所しかインド占星術の鑑定をやってるところがなくて、
たしか1回で10万円でした(2時間だったかな?)
マハリシは宗教団体ではないけれど、
やっぱりお高いですねぇ。

ニーチャバンガさん、
木星減衰の時期に、イデオロギーでもめやすくなるって仮説、だれか検証してみてくれないかなぁ。

| うちゃ | 2020/03/29 21:07 | URL | ≫ EDIT

うちゃさん
イデオロギーの対立だと木星高揚+アルファでも起きそうに思いますが、まず減衰木星をモラル喪失と考えて調べてみます。

今の状況と重ねてみると、1973年秋の第一次オイルショックによるトイレットペーパー買い占め騒動がビンゴで、木星が水瓶座に抜ける手前で標準価格が決められて収束し始めたようです。

WikiLeaks関係とかテロ組織への超法規的措置とかあるかなと思いましたが、意外に民度が下がる?方向なんでしょうかね。

過去数回分調べて傾向を探ってみます。

| ニーチャバンガ | 2020/04/01 23:45 | URL | ≫ EDIT

ニーチャバンガさんご指摘の件で...

木星は定座の直後に減衰の星座がくる唯一の惑星ですよね。
仮に定座がイデオロギーの安定、減衰が不安定をもたらすとすれば、12年に一度、民度?社会の安定性?が急降下することになりますが、実際どうなのでしょうね。。

1、そもそも定座(射手座)が安定をもたらさない(他の星座と変わらない)
2、木星単独でなく、他惑星との絡みによる

ということなら納得ですが。
2は当然あるとして、1は、定座の中でも魚座でなく、チャラダシャー射手座特有の不安定さ(上昇と急降下が起こりやすい)という特徴なのかなとも思ったり。(これは「混ぜるな危険」になるのでしょうか...)


12年前を調べてみたら2008年9月のリーマンショックでしたね...。
厳密にいえば、倒産したのはやぎ座に入る前ですし、リーマンブラザーズの倒産までの下地はその前から始まってますが、その後の景気後退期はやぎ座ですね。
(2009年に新型インフルでWHOがパンデミック宣言したのもこの前後)

24年前はどうかというと、96年の終わり、97年がやぎ座だったようですがこの時期でいうなら、酒鬼薔薇事件や失楽園の流行語大賞受賞、「倒」が今年の漢字(大型企業倒産・銀行破綻が相次いだ)あたりが当てはまるのかな。


とはいえニュースみると、大体毎年何かしらあるやーん、と思ってしまう私はインド占星術の厳密さについていけていないのかもしれません(^^;

参考:
10大ニュース年度別(平成のみ)
1996年 https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_general-10bignews1996
1997年 https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_general-10bignews1997
2007年 https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_general-10bignews2007
2008年 https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_general-10bignews2008
2009年 https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_general-10bignews2009



はっ在宅勤務でついだらだらと書き込んでしまいました、お目汚し失礼しましたm(_ _)m(←仕事しろ)

| たつ | 2020/04/02 11:35 | URL |

たつさん

情報有り難うございます。
木星を単独でイデオロギーとは捉えていない(イデオロギーであればプラスアルファの可能性)ので、まず共通する流れとピンポイントのイベントの両方を探そうと思っています。

社会や時代の動き、条約などであれば木星以外に土星、検察や司法であれば火星など、同時に考える星は出てきます。

色々な星が絡む中、木星だけに注目して何を共通要素としてピックアップするか、また関連付けしたくなる出来事から不要な出来事をどうやって除外するかは、検討している人の能力、さじ加減によると思いますが、時間をかけて追ってみるつもりです。

プログラム組んだ方が早いかな。その方向も少し考えてます。

私もSDが12L12Hの月期になったところで隔離ではなくテレワークを期待していましたが、発熱であえなく謹慎となりました。。週明けまで静かにしておきます。

皆様もお気をつけくださいませ~。
(寝る以外する事がなくてヒマ)

| ニーチャバンガ | 2020/04/02 14:22 | URL | ≫ EDIT

Re:

確かに、モラルの喪失という切り口のほうが象意に合ってるかもね。
リーマンショックの前に、経済的混乱を引き起こすようなアンモラルな経済活動があったとか?
酒鬼薔薇事件は、個人の事件によって社会的モラルが問われるようになったから、反対の意味になるかも。
でも、「倒」が今年の漢字になるってのは木星減衰っぽいね。

| うちゃ | 2020/04/02 20:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/1362-f32d68e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT