FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

良書3冊

年も明けて、復習がてら、持ってる本を読み返してみました。

改めていいなあって思った3冊は ↓

「ラオ先生のインド占星術 -運命と時輪-」
「マハリシ・ジョーティシュ」
「大結婚」



第1位 「ラオ先生のインド占星術 -運命と時輪-」の、2章と3章

ラオ先生が何度も繰り返して読めとおっしゃってるだけのことはある。
ちょいとインド占星術を覗いてみようかな、みたいな人には難しいけど
インド占星術をちゃんと学習しようと思ってる人は、ゼッタイ読んどいたほうがいい。
鑑定に必要な基本原則と、ラオ先生の経験に沿った当たる技がいろいろ書いてます。

たとえば、

「マハーダシャーが生来的凶星で、
アンタルダシャーが5室の支配星か9室の支配星の時期は
なぜか悪いことが起きる時期です。」

って、なぜか当たる。


第2位 「マハリシ・ジョーティシュ」の、3章

初心者でも、自分のホロスコープを見ながら
その意味を一つずつ当てはめていけるのがいい。

たとえば、

「金星が2室にある人は
家族運があり、お金持ちで、教養があり、甘いものが好き」

って感じで書いてあるから読みやすい。
初心者が単に読んでも面白いだろうし、
この象意が出てくる理由を学術的に考えていくのも面白い。


第3位 「大結婚」の、相性のとこ

前にも書いたけど、相性鑑定の虎の巻です。
当たるけど、理論的背景がいまいちわかんないのが不満。
ゴーストライターが書いてるんじゃないかな、って思うくらい
文章がわかりやすいし読みやすい。

| 書評 | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/136-a2d49a9a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT