FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラグナと顔

出生時間がわからなくてラグナを探ってるときに
「この顔つきは○○座っぽい」って意見をよく見かけます。

そんな考えもあるのかなぁ~って思っていたけど、
現時点の私は、この考え方にとっても懐疑的。
私が気になるのは、以下の4点。

.顔は2室

インド占星術では、身体が1室、顔が2室。
星座が顔つきに影響するとしたら
ラグナ星座じゃなくって2室の星座だと思うの。


.トロピカルとの整合性

もともと、顔つきとアセンダントっていうのは
西洋占星術(トロピカル星座帯)でよく使われる手法らしい。
インド占星術(サイデリアル星座帯)だとそこから23度ずれるから、
7割の人がラグナ星座じゃなくって12室の星座になっちゃう。


.10室との関係がわからない
もし天秤座が美しい顔になるとしたら、グラビアモデルは天秤座ラグナの人が多くなるはず。
もし乙女座ラグナが知的な顔つきになるとしたら、研究者には乙女座ラグナが多くなるはず。
顔つきと職業って、ある程度リンクしてくると思うんだけど、だとしたら
ラグナ星座じゃなくって10室の星座が影響してくるってことにならない?


.顔に特化した研究を見たことがない

西洋占星術だと、英語サイトで顔とアセンダント(ラグナ)との関係についての統計的な研究がいくつかある。
でも、インド占星術家で総合的にこの研究しているサイトを見たことがない。
みんな、言いっぱなしというか、「この顔は○座っぽいよね」って言ってるだけ。
統計的に説明できないものは、光の科学(JYOTISH)とは言えないと思うの。


.経験則
最後に、私の鑑定経験では、顔とラグナの関係性がピンと来ない。
なんせ、うちゃの鑑定経験は無料掲示板がほとんどなので
顔とホロスコープを見比べる経験が極端に少ない。
星座の特徴をうまくつかみきれていないってのもあるかもしれない。

でも、そういうのをさっぴいても、
「このラグナだとこんな顔つきにはならない」とか
「このラグナはとても高い確率でこんな顔」って法則を体感したことが一度もない。

誰か、包括的に研究して、結果発表してみてくれないかなぁ。

関連記事;
牡牛座ラグナの見かけ

| ハウスの研究 | 22:25 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1

うちゃさんの主張よく分かります

顔って遺伝もあるし
二室も関係するし
金星も火星も土星も太陽も木星も関係してくる部分ですよね


ただ
出世時間がわからない人を占いたいとき
どうにかしてラグナを選別できればいいなあ
と試行錯誤しちゃいます

色々出世時間が分かる人を鑑定してき、て
ラグナはその人の印象を象徴してる
と私は感じます

かといって
その人の印象でラグナを当てられるかどうか
実験やテストしたことないのですが

身近な人のチャートをみると
第1印象とラグナはぴったり一致します

| なのは | 2018/12/01 02:49 | URL | ≫ EDIT

私も顔と容姿をラグナの星座でみるのはムリだと思っています。

同一人物を鑑定する以上、占術が異なっても結果が一貫しないとならないはず。そう考えると、インドと西洋ではラグナが星座1つずれ、結果的に容姿は違うものになる。
さらに歳をとれば、太ったりハゲたりする。
まーったく論理的に筋が通らない。
というわけで、この手法は私は没にしています。


私はたまたまインド占星術の方のラグナと容姿は近いかもしれませんが、そもそもインド人とアングロサクソンやラテン民族と、日本人の顔立ちも体型も違いすぎるので、恐ろしく大雑把な傾向性(その人種のなかでは、〜な方、とか)があたるかどうかが関の山だと思います。

以前、私を四柱推命で鑑定してからリアルに会った人は、
「鑑定どおりの容姿でびっくりした」
と言ってましたが、あれは東洋の占術だったからなのかな。

| ぷー | 2018/12/01 11:32 | URL |

Re:

なのはさん、
直接会って話してみて、「全体の印象」からラグナを予測するって方法だったらアリかもしれません。
現段階では、「顔」に限定して疑問を呈してみました。
顔のつくりなら、有名人の写真を集めるだけで研究できるはずなのよ。
なのはさん、どれか一つでもいいので、研究してもらえませんか。

ぷーさん、
顔立ちや体型が民族によって違う、っていうのは研究するときの重要なファクターです。

このヨーガの人はこんな体つき、って技法がインド占星術にはいくつもあって、
それを日本人に当てはめてみると、全然当てはまらないものあれば、ずいぶん当たるものもあれば、真逆の結果になるものもありました。
(↑研究したことがあります。)
ラグナと顔の関係を学術的に調査するなら、日本人が日本人(東洋人)に限定して研究しないといけないと思ってます。

| うちゃ | 2018/12/02 23:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/1272-4111a85c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT