FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

元寇のホロスコープ

ホロスコープを眺めながら、過去のことを妄想することは楽しい。

今日は、元寇について考えてみた。

ときは1274年10月3日。
蒙古・漢・高麗の連合軍は、「女真人の軍勢の到着を待って(Wikipediaより)」
朝鮮半島の合浦(がっぽ)を出航しました。

午前10時としてパラシャラズ・ライトでホロスコープを作ると、こうなります。

文永の役・出港
genko.png
1274年10月3日午前10時、現在の韓国・釜山、

大船団が夜明け前に出港するとは考えにくいから、ラグナは天秤座より後。
11時過ぎてもう真昼近くになって船出ってのも不自然だから、射手座ラグナでもないだろう。
ということで、ラグナは天秤座か、蠍座に絞られた。

ここからが占星術の楽しいところ。

「女真人の軍勢の到着を待って」が気になる。
これで、出発時間が蠍座ラグナにずれこんだかもしれない。
そしてそれが運命の時輪を大きく狂わせ・・・  キャー
コワィィィ((ヽ(´Д`lll)ノ))((ヽ(lll´Д`)ノ))コワィィィ

結果的に、上陸して拠点が作れないまま、軍勢が半分以下になって敗走したことを考えると、
身体生命を表わす1室、安全な航行を表わす3室、戦いを表わす6室が弱いはず。
そんな切り口から、天秤座ラグナと蠍座ラグナを見比べてみる。



天秤座ラグナだったら、1室には定座の金星を含む惑星集中でパワフル。
3室と6室の支配星は5室在住でニッコニコ。5室は戦い(6室)を失うハウスとも考えられるけど。

蠍座ラグナだと、1室と6室を支配するのは火星。木星に保護されてるけど、土星とラーフに挟まれていて苦しそう。マーラカにアスペクトされてるってのも怖い。
3室にはケートゥがあって、見えていないところから攻撃されそう。

これは、蠍座ラグナかな。。。女真族の到着を待って、運勢が下がったのかも。

ついでに、もう2点、考えてみた。


戦争を表わすのは7室。
天秤座ラグナだと、7室の支配星は11室。じっくり我慢して最後には勝ちそう?
蠍座ラグナだと、7室の支配星は12室。外国との戦争。うん。


乗り物の事故は、4室と6室のコンビネーション。
天秤座ラグナにそのコンビネーションはない。
蠍座ラグナだと、6室の支配星である火星が、4室にアスペクトしてる。。。

新説。
元寇は、女真族が寝坊したせいで負けた。
    byうちゃ

| 鑑定例 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/1262-65848202

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT