FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

吉星化するラーフ、蛭子能収さんの結婚観

今回は、性欲の強そうなホロスコープを紹介します。
使うのは、蛭子能収さんのホロスコープ。

蛭子 能収(えびす よしかず)
Ebisu.png
1947年10月21日、熊本県、出生時間不明

簡単にポイントだけいうと、ラーフと金星が強くて、木星が傷ついてます。


ラーフは、牡牛座で高揚してます。
金星は天秤座に定座で在住していて、火星がアスペクトしています。
金星&火星は俗に性欲を示す配置と言われてます(例外ケースも多いけど)。
もう一つの特徴として、出生時間は不明なんだけど、ちょうど思春期が金星期。
木星はケートゥとコンジャンクトしていて、傷あり。

ラーフと金星が強いだけなら、ラグナによって性格ががらっと変わる可能性もある。
けど、思春期が火星にアスペクトされた金星期だってことと、
常識的思考を強めてくれる木星がケートゥに毒されてるってことが加わると、
私のイメージとしては、なんかとっても性欲すごそうなホロスコープ。
(インド占星術は、こんなふうに象意を足し算してくことで、鑑定精度を上げていきます。

雑誌『女性自身』の読者QAを読むと、
そんな蛭子さんのキャラが見て取れます。

「ちなみに俺が最初に結婚したのは24歳のとき。童貞だったし、
エッチをしたい一心の性欲結婚。
貧乏だったから生活は苦しかったけど、離婚もせず仲よく暮らしていましたよ。
その女房が亡くなって、どうしても夜が寂しくなって今の女房とも性欲結婚しましたけど、
毎日のように女房から怒られてばかり。
たしかに結婚は面倒くさいし、大変だけど、その中の小さな楽しみを、
自分でごまかして大きくするのが結婚だと思いますよ。」 (蛭子能収さんの回答)

| 鑑定例@有名人 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/1234-217737b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT