FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6室の火星、その3、月との違い

戦いを表わす6室に、戦いを表わす火星。
もう、戦うために生まれてきたような惑星配置です。

ここに、6室月のぷーさんがコメント欄で質問してきました。
6室火星は何倍返し?
 →6室の月、その3

私の印象に過ぎないんだけど、
6室に火星がある人は、イーブン返しか、せいぜいが倍返し。
片目をつぶされたら片目をつぶし返して、それで相手を許してあげる。
でも、6室に月とかラーフがある人は、倍返し、3倍返しで戦う人がたまにいる。

月って感情の惑星だから、6室(戦い)に在住すると
感情的になって相手を攻撃しちゃうのかな。
逆に、情緒に流されて(これ以上やったら相手が可愛そうだから)
攻撃を思いとどまることもある。

火星はスジを通す惑星だから、戦うべきならきっちり叩くけど、
理不尽な追撃は不要、と考える傾向がある。
でも攻撃の激しさから言ったら、6室月より6室火星のほうが強烈かなぁ。


ところで、多くの日本人が誤解している「目には目を、埴輪はOh! 歯には歯を」について、書きます。

最古の法律であり、報復法の原点とされるハムラビ法典だけど、
これは単純に「やられたらやり返せ」を推奨している法律ではありません。
人って、やられたら倍返しでやり返したくなるけど、

「目を1つつぶされたら、相手の目を1つつぶし返したら終わりにして、それ以上やるなよ」

という趣旨の法律です。
英語だと、わかりやすい。
“An eye for an eye, a tooth for a tooth”
(1個の目には1個の目を、1本の歯には1本の歯を)
どっちも単数形であることに意味がある。
これを「目には目を」と訳したから、わけわかんなくなるんだろうな。
「単眼には単眼を、一歯には一歯を」って訳したらスッキリすると思うんだけど。

6室火星って、このハムラビ法典的な発想をするんだと思う。
報復はするけど、過度の報復はしない、それが正義の闘者シックスマーズ

関連記事:
6室の月、その3
6室の火星、その1
6室の火星、その2
6室のラーフ@バトル
6室の木星@バトル
6室のケートゥ@バトル
6室の月@バトル

| ○室の○星 | 22:06 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うちゃさんはほんとに優しいリーディングをされますよね(^_^)
安心のブログありがとうございます。
てことは月と火星が6室にあると、
正義の闘者かつお情けの裁きで遠山の金さん的な人になるんでしょうか?

この金さんの例えは、うちゃさんブログのどれかの過去記事で誰かもしてた気がするのですが、他に良い例えが浮かばなかったのでお許しを…。

| ちゃんドラ | 2018/05/16 02:05 | URL | ≫ EDIT

6室火星ですが、やられたらやり返しますが
うちゃさんのおっしゃる通り、ハムラビ法典のように
イーブン返しって感じです。

本当は、寛大に許す様な人になりたいですが・・・。
本能でしょうか(笑)

| タペンス | 2018/05/16 10:22 | URL |

Re:

ちゃんドラさん、
6室にチャンドラマンガラ・ヨーガだと、金運良さそうって印象に早変わり。

タペンスさん、
体験談ありがとうございます。
刑法史でいえば、犯罪者に対しては
報復する→離れる(勾留)→更生させる
という順に対応が進化していくそうです。
許す前に、そいつから離れるってとこから始めてみてはどうかな。

| うちゃ | 2018/05/16 23:25 | URL | ≫ EDIT

うちゃさん、離れる!なら出来そうです・・・。

アドバイス、嬉しいです\(^o^)/

よく、金持ち喧嘩せずって言いますが、そういう人の
6室は木星が入っていたりするのかなぁなんて思いました。








| タペンス | 2018/05/17 17:59 | URL |

Re:

がんばって離れてみてね。

6室の木星が平和主義、戦いに関して傍観主義っていうのは、
当たることが多いみたい。
http://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-520.html

| うちゃ | 2018/05/18 22:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/1231-6685d5f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT