FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

金星期の結婚運

私は、「金星期=婚期」とか、「金星期=異性運が上がる」という読み方は
しないようにしています。

金星が大きく傷つくと結婚運が下がるってのはよく当たるんだけど、
金星「期」になって結婚運や異性運が上がったって話は、
思ったほど多くないのよ。
上がってる人は、金星のおかげというより、
生来的吉星の時期だからとか、
5室とか7室がからんでるおかげでそうなってるように見える。

経験的に、そう感じてるだけなんだけど、
ヴィムショッタリ・ダシャーの読み取り方の一つとして
参考にしてみてください。


関連記事:
ケートゥ期から金星期、その1
ケートゥ期から金星期、その4
ケートゥ期から金星期、その6
金星期のヘッセ

| ヴィムショッタリ・ダシャー | 20:14 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ドゥビには絶対法則が!

自分のチャートと、ドゥビとヴィムショッタリとずーっとにらめっこしてました。

確かに告白されたりした時期をみたら、意外とばらばら。
ヴィムショッタリだけでみれば、D9の5室支配星が金星なので、金星率は高いけど、D1の5室在住星のケートゥがアンタルで絡んだり、マハーだけがD1&D9の7室支配星の木星期にプロポーズされたり(断った)、D1 &D9で7室にアスペクトする土星のアンタルだったり。

ドゥビは金星関係なし、7室支配星がアンタルでからんでみたりはしますが、告白されるときの、絶対法則がありました。それはD9の7室在住星・太陽がプランタルで確実に絡む、です。私だけかな?

ドゥビ、謎すぎるうえにおそるべしです。

ドゥビ適用サンプルが身近には自分しかいないので、検証不可能なのが残念です。

| み | 2017/09/13 22:00 | URL |

金星、7Lなんだけど

自分のアンタル金星期は、異性関係ではなく、在住の10Hが発動し、新しい社会環境でじたばたしていたか、仕事に追いまくられてバタバタしていたか。

7Lなんだけど。
マハー金星期で異性関係があるとすれば、介護なんだろうと思うダシャーまわり。80代からのマハー金星期で、さすがに新しい仕事環境でバタバタは、ないでしょう。
いや、ひょっとしてあの世に行って新しい環境に馴れるためにバタバタ。。。

ありそうな気がしてきた。

| ichi | 2017/09/14 00:10 | URL | ≫ EDIT

Re:

みさん、
大ヒットな法則を発見したみたいですね。
ドゥビダシャーは7室を条件とするダシャーだからか、
7室がらみのダシャーに特徴が出やすいです。
自分のホロスコープと並行して、
他の人のドゥビダシャーを10人くらい見てみると
すごくいい勉強になりますよ。

ichiさん、
ichiさんの鑑定経験では、「金星にからむ時期」と「7室にからむ時期」とでは、どっちが異性運にからみやすいと感じていますか?
80代で10室の支配星のダシャーが来る人は、
いいおじいちゃん、いいおばあちゃんとして良い評判が立つんじゃないかな。

| うちゃ | 2017/09/14 17:51 | URL | ≫ EDIT

ハウスかな。

結婚の時期について心にとめて鑑定はあまりしてませんが、
支配星よりハウスへの影響(在住やアスペクト)の方に注意を払います。

支配星に無関心かといえばそうじゃないけど、現象化はハウス、
その状態は支配星?
という区分で掴んでいるので、まず発現しなきゃその先に行けないかな。
7Hで在住もアスペクトもないと、結婚を現実のものとして自分の中に取り込んでないようなイメージはあります。

| ichi | 2017/09/15 12:23 | URL | ≫ EDIT

うちゃさん、ichiさん、おふたりにうかがいたいのですが、よく、「アンタルの時期はその惑星が支配してる部屋に関するイベントがある」という人がいますが、ichiさんのコメントや自分の経験から、「その惑星が在住してる部屋のテーマのイベント」ではないかと思っています。

その次が、「その惑星がアスペクトする先の部屋のテーマのイベント」ではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

なまじダシャーが2つ使えてしまうと、矛盾がたまに出てきて困ったりもしますが、上記の点はどちらを使っても共通する傾向のような気はします。

| み | 2017/09/15 13:08 | URL |

Re:

ichiさん、
空っぽの7室考察、言い得て妙だなぁ。
現実に結婚する人もいるんだけど、
「現実のものとして自分の中に取り込んでない」ってイメージは、
他の占星術家とも共有しておきたい視点です。
その一言、記事にいただきました。
http://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-1152.html

みさん、
支配星のテーマが出るときと、在住星のテーマが出るときって、
ときと場合によって違うと思います。
私は、在住ハウスを中心にいろんなホロスコープを観察していくところから
占星術の勉強を初めました。
よく当たる「○室の○星」を記事にしているけど、
教科書みたいに「1室の太陽」から「12室のケートゥ」までを列記できないのは、
在住星ですべてを割り切れるわけじゃないみたいだから。
在住にしろ支配にしろ、当たりやすいのと当たりにくいとこがあるのよ。

| うちゃ | 2017/09/16 18:19 | URL | ≫ EDIT

必ずしも断言できないけど

答えになってないかもしれませんが、ハウスといっても、もともとのハウスと、マハーダシャーロードからのハウスの2つの意味があるし、それでしっくりこないときは、支配を視点にみることもある。
私はそんなに知識がある方ではないので、まずハウス、違和感あればロードという順番でみています。

| ichi | 2017/09/16 21:50 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます。
まず惑星がどの部屋にいるかをみて、次に支配、という感じでしょうか。

インド占星術は、在住と支配の両方があるから難しいです(~_~;)

| み | 2017/09/17 11:36 | URL |

ありがとうございます。
まず惑星がどの部屋にいるかをみて、次に支配、という感じでしょうか。

インド占星術は、在住と支配の両方があるから難しいです(~_~;)

| み | 2017/09/17 11:37 | URL |

Re:

その感じでいいんじゃないかな。

私は、支配が先で在住を後に見るって方向で始めたけど、
フィーリングの合うほうからアプローチすればいいと思う。
結局どっちも見ることになるもんね。

ダシャーも、ヴィムショッタリ・ダシャーがある程度読めるようになったら、
もっとヴィムの道を極めるのもいいし、
ドゥヴィサプタティ・サマ・ダシャーとの兼ね合いについて調べていってもいいと思う。
ようするに、気分気分♪

| うちゃ | 2017/09/17 21:15 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018/08/22 11:31 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/1151-09bc46b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT