うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

芸術は3室と5室

変化を表わす3室は、素材を配置換えしていって構築される美しさ。
創造を表わす5室は、作者の個性から生み出される、溢れ出る美しさ。
この二つが合わさると、芸術性が生まれます。

3室だけだと個性が光らないし、
5室だけだと奇抜すぎて大衆に理解されにくい。

3&5のセットに、10室(仕事)とかダーナ・ヨーガ(収入)がからんでくれば
芸術・芸能の仕事で食ってけるかも。

| ハウス研究 | 23:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

3室は、前の2室の身体的特徴の意味合いから派生して、自分の肉体で表現する芸術分野の部屋で、ダンス(体全体)、演劇(体全体と声、口)、歌(声、口)などが当てはまり、5室は、その前の部屋の4室の家や居心地のいい場所などの意味合いから派生して、何か自宅や好きな場所で創造することのできる芸術分野の部屋なのかなと思ってました。1室から12室までが人生のサイクルを表しているという観点からなんとなく推測したイメージなのですが…

| ミシュラン | 2017/02/13 11:45 | URL |

Re:

3室は、その考え方に賛成。

5室は、私はいまいち共感できなかった。
でもミシュランさんには、その視点を深めていく方向で進んでみてほしいな。悪くはないと思う。

| うちゃ | 2017/02/15 00:27 | URL | ≫ EDIT

なるほど

3室を素材の配置換えと読むなら、3室から3室目(5室)は構築された素材に新たな切り口、変化を与えるイノベーション(創造)といったところでしょうか。

理系の人間からみても興味深い話です。

| ハス太 | 2017/02/23 20:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/1102-cab1297f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT