FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鑑定ミスと木星の傷、その3

長期検証シリーズ、鑑定ミスと木星の傷Part3です。

出生データがそもそも間違ってました、って体験は、
すべての占星術家が必ず通る道。

入力ミスにしろ、記憶違いにしろ、正確なホロスコープが出てこないのって
(占星術を表わす)木星に傷があるせいじゃないかな?
ってことで、検証を進めています。
今回はその21例目。


21例目。
インド占星術.com無料鑑定掲示板で15/11/20(金)に投稿したなぎささん、
2回目の投稿のときに、以前の出生時間情報が間違ってたことを告白してました。
木星が凶星化しているものの、そんなに傷ついちゃいないケースです。

>前回と情報が違っていることで、混乱させてすみませんでした。
>昔から母には10時42分と言われてそう思い込んでいたのですが、
>先週実家に行って母子手帳を改めて確認したところ、9時42分が正しいことが分かりました。
>申し訳ありませんが、できましたらこれで鑑定していただければと思います。


母に聞いたのに、母の記憶のほうが間違ってた。 あるある。

木星は、魚座、定座、ヴァルゴッタマ、凶星からのアスペクトなし。綺麗じゃん。
機能的には凶星、牡牛座ラグナだからね。ナヴァーンシャでは、ダブルケーンドラ支配で弱ってます。

よく見ると、4室&4室の支配星が火星&土星に傷つけられてるから、
そうか、この人の場合、犯人は木星じゃなくて、4室(母)ってことか。



関連記事:
鑑定ミスと木星の傷、その1
鑑定ミスと木星の傷、その2

| 惑星研究・水金木 | 23:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

腐った火星

いつも人の揚げ足取りしかしない、お前の火星も相当腐ってるよね。

| ディスカッションという名の荒らし | 2016/09/22 20:02 | URL | ≫ EDIT

Re:

ご指摘ありがとうございます。
ミスの研究は、他人の揚げ足取りにならないよう気をつけたいと思います。

揚げ足取りって、(細かいことにこだわるって意味で)水星かと思ってたんだけど、
言われてみれば確かに火星の示す行為かもね。
火星って、論理性と攻撃性の惑星だから。

| うちゃ | 2016/09/24 20:33 | URL | ≫ EDIT

23例目

Part2のコメント欄に21例目を書き込んでたので、
Part3の記事に書いたのが22例目だった。
これが23例目になります。

新春無料鑑定2019で、
出生時間を書き間違えて依頼メールを送ってしまい
すぐに気づいて修正メールを追送してくれた人がいました。
木星は逆行していて、2室と11室を支配しているから凶星化してました。
凶星化してる火星からのアスペクトもあった。
もしかして、火星のアスペクトがあったからスピーディーに修正できたのかも?

(公表許可有り。研究にご協力ありがとうございます。)

| うちゃ | 2019/01/04 23:17 | URL | ≫ EDIT

24例目

Sさんの体験談を転載します(転載許可有り)。

実は私も『四柱推命』で(これは私が伝え間違ったのではなく、先生の暦めくりミス)違うデータで鑑定されたことがありました。その場ですぐ気づきましたが、指摘しても『いや、合ってるよ。』と、訂正されず!!!
その場の雰囲気を読んであきらめて『間違った日にちの鑑定結果』を聞き、後日改めて(おなじ先生に)鑑定してもらいました。あれは、木星のせいだったのですね笑

 このエピソードは、ある意味ラッキーでした。
『どんな優れた鑑定士に看てもらっても、何らかのミスで正しい鑑定を返してもらえないことがあるのだ/鑑定士にも、私と同様、運気があるのだ!』とハタと気付き、頼りすぎてはいけない、とそれ以降四柱推命の勉強に本腰を入れるようになったからです。
間違った日にちの鑑定結果も、『なるほど、もしこの日に生まれていたら、こう鑑定するのか!』と勉強になりました。
周りのひとからは『鑑定料もったいない』と散々バカにされましたが。
 これは8室水星ゆえの受け止め方だったのかな?と、うちゃさんの鑑定を経た今は思います。

| うちゃ | 2019/01/25 23:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/1074-9a99fcb4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT