FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水星の減衰、その1。知性

>私の最悪状態の水星は一体どんな風に何に影響し
>何を表しているのでしょうか?

水星は、「知性」とか「論理性」を表わします。
結論から言うと、「知性」の水星が最低星位にあると、

アインシュタインのように頭が悪くなります。


へ?


って思うでしょ?

ものごと、何が何でも悪い方向に向かうってことはないのよさ。
一面から見ると悪いことは、別の一面から見ると良くなるのよさ。
だから、一面から見てすごく悪いなら、別の一面から見るとすごく良いってさ。


水星が最低星位だと、水星の特徴の、

「ちまちまと土台から考えてって、論理をこまかく組み立てる」

っていう傾向が弱まって、そのかわりに

「理屈抜きで、インスピレーションで本質的な部分をズバっとつかもうとする」

っていう傾向が強まります。

だから、水星最低星位のアインシュタインは、小学校の成績が最悪。
おまけに、どもり症(水星=しなやかなコミュニケーション能力)。
せっかく見つけた相対性理論も、うまく説明できなくて、当初は学会から総攻撃。

勉強できないアルベルトくんを、無理に学校におしこめず、
自由なインスピレーションを開花させようとしたのが、母親の教育方針。
母親の愛が、後のアインシュタインを産み出したんだろうねぇ。(*^_^*)



PS.
「私、土星が最低星位で」とか、「私、火星が最低星位で」って人は少ないけど、
「水星が最低星位なのよぅぅぅぅ!」みたいな人って、なぜかけっこういる。

最高だろうが最低だろうが、水星が特別な星座にあるってことで
やっぱり「知性」に関して独特のこだわりがあるのかもね。

関連記事:
水星の減衰、その2。漫画家
水星の減衰、その3。物理学者
水星の減衰、その4。おかま
水星の減衰、その5。整理されてない情報
ノンちゃん、雲に乗って逝った

| 惑星研究・水金木 | 22:11 | comments:30 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>せっかく見つけた相対性理論も、
>うまく説明できなくて、当初は学会から総攻撃。

たいした攻撃は受けてない筈です。

斬新かつ実証困難なので、相対論に関してはスルーされただけ。
同じ時期に発表された光量子仮説論文はノーベル賞対象になっているし、他の論文はそれなりに注目されていた筈です。
また、論文刊行後から相対論に注目していたプランクなどは
割と早い時期にアインシュタインにレターを送ったりしてますし。
(本人はもっと反響があると思っていたので、がっくりだったそうですが。)

アインシュタインは学生への講義が大の苦手、
大学の運営にまつわる事務処理などもやっぱり苦手。
そのため、ベルリン大学が彼を招いた際は、これらの部分に関与せずともOKという条件を提示しました。

アインシュタインは黒板の前にたつと考え込む悪癖?
があったため、「アインシュタイン先生は黒板とねんごろに
なっている」と学生たちの間で評判になりました。

水星減衰はこういったエピソードのほうがよく表しているように思います。

| 通りすがり | 2006/10/28 16:31 | URL |

追加情報&修正サンクス

ふむふむ、確かにそれって水星減衰!
あやふやな知識の修正、ありがとうございます。

(※「減衰」と「最低星位」は、訳語が違うだけで同じ意味です。
  「高揚」と「最高星位」も同じです。)

| うちゃ | 2006/10/29 22:57 | URL |

さくらももこ

仕事に関して、
最低星位の特徴を仕事に生かすことで成功するケースもあります。
だから、「最低星位=そういう仕事は合わない」という考えで
固定されてはいけません。

漫画やエッセーで有名なさくらももこさんは、水星が最低星位。
あの破天荒な発想と文章は、水星の最低星位の長所をうまく活かしている例だと思います。

| うちゃ | 2006/10/29 22:59 | URL |

一番きついのは?

こんにちは。新聞かなんかで読んだ記憶があるのですが、アインシュタインさんの妹さん(だったかな)がおっしゃるには「進級できなかったのは決して勉強ができなかったのではなくずっとずっと先の微分積分あたりを勝手に授業中も勉強していて先生がそのことに対して注意しても聞かなかったから先生が怒って進級させなかった。」のだというのを読んだことがあります。

本当であれば(先生にも問題はありそうですが、)アインシュタイン君の水星の減衰影響はIQ的なところではなく、コミニュケーション能力にでていたのでしょうか?

惑星の傷ついているとされる状況として
①「減衰してる」
②「機能的凶星になっている」
③「悪いハウスに入っている」
④「MBになっている」
⑤「凶★とコンジャンクトあるいはアスペクトされている」
がとりあえず思い浮かびましたが
減衰とか最低星位という表現のために①が一番良くないみたいな印象をもってました。違いますね。きっと。
ちなみに私土星が減衰してます。息子もしてます。(遺伝?な訳ないか)けど考えてみたら多分同級生はほとんど土星が減衰しているんですね。多分学校の先生とかは、「う~ん。この学年は全員○×△※ーーーっ!」とか思っていたのでしょうか?なんと思っていたかはわかりませんが。

| plusG | 2006/10/30 14:14 | URL |

2度目のレスをつけるので、コテハンに戻します。

アインシュタインの知性についてはウィキペディアで彼の項目を
ごらんになっていただければ、水星の状況が悪い御仁であることが、
ご納得いただけるかと>PlusGさん

ついでに物理学者で水星が最高星位な御仁を探してみましたところ、
1885年10月7日、コペンハーゲン生まれニールス=ボーアがそうでした。
彼が率いて指導にあたったコペンハーゲン学派は
原子核物理、量子力学の基礎を固め、発展させ、
現代物理学の礎を築き上げました。
彼は出生時刻不明ですが、正午で水星がおとめ座の15度20秒にあり、
最高星位に非常に近いのです。
月、ラーフ、太陽、木星とコンジャクション、というあたりは微妙ですが、
ケートゥからのアスペクトが太陽や月にかかるのは、
学者にはよかったのかもしれませんし、おとめ座大集合も学者には(ry
(ガージャケーサリーと水星最高星位の合体ともいえるし)

ボーアはアインシュタインと対立した・・・というか、
アインシュタインが大いにケンカをうった物理界のカリスマスーパースター。
正しかったのはボーアで、誤っていたのはアインシュタインですが、
アインシュタインはボーアとコペンハーゲン学派の提示する量子力学を
とことん嫌いぬきました。

いったん切りますね。

| 通りすがりの親鳥 | 2006/11/01 03:14 | URL | ≫ EDIT

ところで、物理学者として名を残した御仁のひとりに
ヴォルフガング=パウリという方がいらっしゃいます。
この方、1900年4月25日にオーストリア、ウィーンで生まれました。
出生時刻不明ですが、正午でチャートを作成すると
水星がうお座の15度20分と最低星位に非常に近く、
火星とコンジャクション。この水星と火星は逆行する木星から
5番目のアスペクトを受け、その木星もラーフとコンジャクション。

彼は物理学に厳しく取り組み、自分にも他人にも厳しい批判の
目を向け、そこらじゅうで駄目出しと批判を乱発しました。
その裁定に万人が震え上がり、パウリ法王と呼ばれるほど。
パウリの裁定は学問的には正しかったんで、
さほど問題にはならなかったと記憶しておりますが、
感情的なしこりが残らなかったという点は、個人的に疑問を感じております。

余談ですが、パウリは実験機器をよく破壊していたとか。
中で、彼がある大学街に到着した直後に当該大学でバクハツ事故が
起きたという出来事がもっとも凄い。
さすがパウリ先生、と賞賛されたかどうかは不明ですが、とても迷惑です。
水星、火星の影響でしょうかねえ。

もっかい切りますね。

| 親鳥 | 2006/11/01 03:17 | URL | ≫ EDIT

ボーアもパウリもアインシュタインも現代物理学の巨人であり、
ノーベル賞受賞者であります。
彼らの少なくとも物理学に関する知性に関して議論の余地はありません。

ボーアは非常に社交的な性質で、
門下生が非常に多いのです(日本にもいた)。
コペンハーゲン学派というのはボーアがコペンハーゲンに招いた
物理学者や学生たちが作り上げたグループで、
当時の物理界を代表する知的コミニュティでした。

パウリやアインシュタインはボーアと対照的な人生を送りました。

パウリが発見した電子のふるまいの法則性に
パウリの排他原理というのがありますが、
彼は自分が発見した原理と同様に
他者に対して排他的に振舞ったと評されました。

アインシュタインのコミニュケーション能力に問題が多いことは有名です。
一部ではアスペルガーだのADHDだのと疑われております。
てか、自分の投稿論文の間違いを指摘されて怒りまくったこともあるし。

という訳で、
水星が最高星位であろうと、最低星位であろうと知性を発揮することはできるし、
知性を武器とする職業につくこともできる。
しかし、他者との交流やコミニュケーションに関しては、
よい結果を得難いという、ありきたりの結論。

そんな話で長々とblogを占拠して恐縮です。>うちゃさん

追伸;
水星の傷にコンバストと逆行も入れてあげてください>PlusGさん

| 親鳥 | 2006/11/01 03:31 | URL | ≫ EDIT

研究協力かんしゃですぅぅぅ。

実際にこういう例をあげてもらえると、
水星最低星位のイメージがつかみやすくて助かります。

ところで蛇足ながら、全国1000万人の水星最低星位さんにひとこと。

>他者との交流やコミニュケーションに関しては、よい結果を得難い

ってとこなんだけど、
交流とかコミュニケーションって、いろんな要素がからみあってるから、
なんらかの問題点は出てくることはあっても、

  水星の最低星位≠コミュニケーションできない

ってとこ、短絡に考えて誤解しないで読んでね。

| うちゃ | 2006/11/01 23:41 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006/11/02 21:24 | |

最低星位の水星でも…

うちゃさん、すみません。
先程もコメントを送信したのですが、変な風に送信してしまったみたいで
再度ほぼ同一内容のコメントを送らせて頂きます。

最低星位の水星に関する話題はとても興味深いと思いました。
なので、私も混ぜて頂いてよろしいですか?
私が最近ファンになった作家さんの例なのですが、彼も最低星位の水星を
持っていることが判明しました。そればかりか、土星もその水星と
コンジャクションしているので傷付き方も尋常ではありません。
出生時刻が判らないので、ラーシのみの検討なので何とも言えないのですが、
ニーチャバンガや吉星からのフォローも全く無いんです。
にも拘らず独特の世界観を明瞭な表現で描写されており、作品を読んだだけでは
彼の水星が酷く傷付いている事など想像すら付かないと思います。
その秘密が何処にあるのか、彼のチャートを凝視して自分なりに検討してみたら
太陽が限り無く高揚に近い上状態である事が判りました。確かさくらももこさんの
太陽も非常に強い状態だったと記憶しています。
これはあくまで素人の勝手な判断になってしまうのですが、太陽が非常に強いと
ニーチャバンガに近い作用が出るのではないか?と思えてきました。
ただお二人のラグナが判らないので何とも言えませんが、高揚した太陽と減衰した
惑星の関係はこれから検討の価値があると思います。

| 月李 | 2006/11/02 21:51 | URL |

こちらこそこちらではじめまして。 ←なんかへんな日本語だ。

水星の減衰+太陽の高揚=作家

ってのは、なんとなくわかる気がする。

水星の表わすおしゃべりが苦手になるぶん
人の輪の中にあって人間観察を深めていって、
そのわりには太陽が最高星位だから
なんらかの形で自分をアピールしようとする(あるいはアピールできる)

って構造なのかもね。

| うちゃ | 2006/11/02 23:23 | URL |

うちゃさんはじめまして!いつもこっそり勉強させてもらってます^^
私のチャート・・水星が減衰してて太陽は高揚。ちなみに作家ではありませんがね^^;;
しかも水星はアートマカラカでもあり、なんとムリチュバーギャの土星からアスペクト。。
コミュニケーション能力はすごく劣っていて頭で思ってる事をうまく伝えられません。
説明が下手くそ。一生懸命しゃべってると何を言いたいのか自分でも分からなくなっちゃったり・・
そんな私はADHDと診断されちゃいました(ーー;
何でもいいから才能あればいいんですけどそれもなさそう・・・・ザンネ~ン
要領悪いし・・・やっぱり水星?
結構しんどいです。。。

| ム~ン | 2006/11/05 23:54 | URL | ≫ EDIT

私自身は、それほど強く水星の最低星位と
コミニュケーションとか言語能力との関連性を
感じている訳ではないのですけども、
軽く調べたらアインシュタインとパウリだったのでw
(どちらもひとりで研究するスタイルを貫いていたような。)

付け加えれば、水星最高星位のインド人ノーベル物理学賞の
チャンドラセカールも孤独に研究するスタイルを貫いているし、
水星の状況は副次的な作用しかもたらさんのかもしれません。

閑話休題;
ボーアが水星最高星位とかパウリが最低星位であることに
気がついたのは、もともとデータをもっていたからではなく、
彼らならという直感があったので。なにかが違うんでしょうね。

なお、ここからは12室太陽とも関連しますが、
ボーアの出生時刻は午前10時らしいです。
つまり、12室集中のてんびんラグナで、
太陽も月も最高星位の水星もすべて12室入り。
ついでに10室かにの火星が減衰で、
10室ルーラーが12室入りで、
学者というよりは哲人といった印象を受けるとか、
私の発言は(文末に?がついていなくとも)すべてが質問であるとか、
神業的な下手糞さで講演するとか、
家紋に中国の大極図を採用したとか、
そういったエピソードとマッチするなアと思いました。

| 親鳥 | 2006/11/07 01:50 | URL | ≫ EDIT

月李さん、こちらでははじめまして。
太陽が高揚してない水星減衰の作家を紹介させてください。

哲学者ヘーゲルの子孫、
数学者、人工生命の専門家にして、
オートデスク社のパートタイムプログラマ、
ルーディ・ラッカーという御仁がおられます。

彼の肩書きはものものしいのですが、ふざけっぷりが半端でなく、
こちらに引用することもはばかられる?
非真面目な作品で名を知られたSF作家であります。
彼の作品解説は
http://www.asahi-net.or.jp/~KX3M-AB/rucker/index.html
このあたりをごらん頂くとして、
彼のホームページに、
I was born in Louisville, Kentucky, on March 22, 1946.
とありまして、時刻不明ながら正午で計算すると、
太陽、水星、金星がうお、水星は正午で16度66分と最低星位に近く、
逆行しています。(金星の状態がいいけども、
水星減衰をアシストというよりは、暴走を手助けしているような・・・)
ふたご座で火星と惑星戦争中の土星から10番目のアスペクトを
受けています。てんびんの月は木星と合だけど、木星は逆行しているし、
ケーマドルマだし(でも奥さんと娘さんがいる筈)

彼は、文章はともかくとして、プロットがいきあたりばったりで、
書きたいことを書きなぐっている風なのですが、
時々、計算ずくてやっているのかなアと思わせる部分もあります。

私は彼の書いた人工生命(といってもロボットではなくて、
自律するアルゴリズムといった情報数学的なものです)の本を
持っておりますが、表現がユニークでも、
内容は明瞭かつロジカルです。まあ、学者ですしね。

ちなみに彼は絵もかくのですが、
http://www.mathcs.sjsu.edu/faculty/rucker/links.htm
このノリは、金星が高揚しているからなのか、
でも水星減衰も影響してそうです。ヘタウマといったところかw

| 親鳥 | 2006/11/07 02:24 | URL | ≫ EDIT

ム~ンさんへ。
たしかにADHDって水星が傷ついて起きる症状だよね。
じっくりと克服・適応していってください。

親鳥さんへ。
情報提供&解析 (o^-')b ぐっじょぶ!

| うちゃ | 2006/11/08 00:01 | URL |

最低星位の水星でも…2

うちゃさん、また来てしまいました。そして親鳥さん、こちらでは初めまして。

親鳥さんへ、ルーディ.ラッカー氏の情報も中々興味深いですね。
減衰した水星を持つ人はよく、インスピレーションにとても優れていると
聞きます。ラッカー氏の例もその事がよく現われている、と言えると思います。
何というか、他の人とは違ったアプローチで物事を感じ取ると言うべかか、
一つの事を理解するプロセスが、他の人と違うのではないか?と思うのです。
高揚した水星が、足し算、引き算をマスターして日が浅いのにも拘らず掛け算、
割り算をマスターして行くのに対し、減衰した水星は何時までたっても足し算すら
理解できていないくせに、いきなり割り算を5分でマスターした…と言った具合
ですかね。いわゆる“天才”のイメージは減衰した水星の方が近いと思います。
高揚した水星は“秀才”だと思っています。

ムーンさんへ、初めまして。
ムーンさんも減衰した水星と高揚した太陽をお持ちなのですね。
ナヴァムシャでの、この2つの状態は如何ですか?
それとムーンさんは何らかの芸術活動を行なっている、もしくはそれらの分野に
興味をお持ちでしょうか?私のイメージにおいて、減衰水星&高揚太陽の
コンビネーションを持つ人は芸術方面全般の適正があると思います。
例えば絵や音楽の様に、イメージや想像力が重用な分野では寧ろ減衰した
水星の方が有難いのではないかと思います。

それと、最低星位の水星は芸術方面の才能を示しているのではないか?と
最近思い始めてきました。何とまた驚いた事に、私の好きな漫画家さん
(女性で、レディスコミックを専門に描かれている。)も減衰した水星を
持っていました。彼女の作品にはパワーがあるんですよ。ディテイルは
細かいとは言えないのですが、それらを意識させない程の鮮烈なイメージと
前衛的な内容で、読んでいる側を圧倒する程です。
因みに彼女は月が高揚していました。
余談ですが、高揚する水星&減衰する太陽or減衰する月のコンビネーションを
持つ人はどういう感じの人になると思いますか?

| 月李 | 2006/11/08 23:37 | URL |

スブラマニアン・チャンドラセカール>高揚する水星&減衰する太陽
1910年10月9日、インド(現在はパキスタン領)のラホール生まれ
ノーベル物理学賞受賞者

(また来ます)

| 親鳥 | 2006/11/09 10:29 | URL | ≫ EDIT

うちゃさん、コメントありがとうございます。励まし嬉しいです^^

月李さんはじめまして!
私の水星はラーシでは9室。
ナヴァムシャでは2室の水瓶座に木星とコンジャンクト。
しかしこちらでも12室の土星にアスペクトされています。
木星と土星はエクスチェンジしてますでしょうか・・
太陽は6室在住です。

芸術に関してですが音楽を聴いたり、ミュージカルやバレエなど大好きで見ているだけで幸せな気分になります♪本当は自分がやりたいけどそんな年でもなく^^;子供に習わせたりしてそんな風には関わっています。

頭でいろんな事思うわりにはうまく口にだして説明できないので言わなかったり・・
言ったとしても支離滅裂で失敗するので本当にこの部分では苦労しています。

| ム~ン | 2006/11/09 20:05 | URL | ≫ EDIT

漫画家の場合

今晩は。すんごい勉強になりました。
>月李さん
漫画家さんは、月が金星と密接に関わってる(コンジャンクト・相互アスペクト)人が、けっこう多いように思います。(独自調査)
ちなみに、川原泉(笑うミカエル)・高橋留美子(うる星やつら)が水星高揚。
水星減衰は鳥山明(ドラゴンボール)・富樫義博(遊々白書)・武内直子(セーラームーン)
水星高揚作家さんは、構造美というか、計算されつくした作風で、水星減衰作家さんは、アイディアが奇抜というか、展開に独特のインスピレーションを発揮する方が多い印象。

芸術分野だから金星は?と見てみると、はっきりと金星に特徴がある漫画家さんだと、矢沢あいさんが高揚金星持ち。
作品そのものが非常にファッショナブルでゴージャスで、時代のファッションリーダーとか言われちゃったりしてる、金星高揚のわかりやすい例だと思います。
彼女のチャートは木星も高揚でえらい強いです。ダシャーも、多分現在高揚木星のダシャーのはず。さすが売れっ子って感じのチャートです。
金星減衰漫画家さんはちょっと探せてないんですが、ミュージシャンで金星減衰の人はたまに見かけます。金星が減衰してると、独自の美意識で、土臭い感じのマニアックな音楽作る人って印象です。元イエモンの吉井和哉とか。

こうしてみるとやっぱり、減衰だからその仕事に就けない・向かないって言うよりは、減衰を個性とした作風を武器にして、渡っていくって感じなんですなあ。
減衰は、一概に傷ついてるというより、個性と捉える方があってるのかもね。
(出生時間が曖昧な方が多いので、ハウスとの関連が不明なのが残念…)

| ろまー | 2006/11/11 01:45 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

どうもお世話になっております。
自分も水星が乙女座で15.21度にあります。
でもですよ
数学は中学の時から最下位でした!いまだに分数の掛け算とかできません。
あんまり勉強してなかったし、秀才型ではないですねぇ。
国語と英語はよかったですけれども。

それでもやっぱり水星の影響なのか
脳内で世界を再構築したいという野望があります。
ムリな話ですが、世界の構造を全部知識として得たいんですよね。
それから話の矛盾点に気づきやすい面があります。

コミュニケーションに関しては、あんまり好きじゃないです。
人といるより一人のほうが気楽です。他人といると気を使いっぱなしで
疲れちゃうんで。できることはできるみたいですけど。
なんか自分のことばかりぐだぐだ書いちゃいましたが、参考になりましたら。

| せりん | 2006/11/12 11:52 | URL | ≫ EDIT

当人の生の声はとても参考になります。
ありがとうございました。e-68

| うちゃ | 2006/11/14 23:54 | URL |

今度、「金星の減衰」ってやってくれませんか?

金星減衰の私ですが。。。(^^;

| 内山 真月 | 2009/08/05 00:59 | URL |

ありますよ。
http://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-456.html
http://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-457.html
「金星の最低星位」をブログ内検索かければ出てきます。

| モーニング通りすがり | 2009/08/05 08:06 | URL | ≫ EDIT

re:

モーニング通りすがりさん、ありがとうございます。
記事が500以上あるんで、書いてる私もわけわかんなくなってます(汗)。

内山真月さん、紹介してある記事を読んでみて、
よかったらそこに感想を書き込んでってください。

| うちゃ | 2009/08/08 14:15 | URL | ≫ EDIT

ごめんなさい、間違って公開にしてしまいました!お手数でなければ、どうか消して下さい。

| eeeey | 2010/04/15 20:02 | URL |

消したよ

良かった、寝る前にチェックしてv-410

次からは、PASSを入れてから投稿してくださいv-283

| うちゃ | 2010/04/15 22:24 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/04/15 22:59 | |

こんにちは。いつもこちらで勉強させていただいてます、あべと申します。
こちらを参考にさせていただいて、
アインシュタインのチャートを分析してみました。
よろしければ、ご覧になってみてください。
http://abeyuki0122.blog.fc2.com/

| あべ | 2015/02/28 11:01 | URL |

Re:

アインシュタインのホロスコープって、見てて飽きないですよね。
これからもブログたくさん書いてください。
このブログ、リンク欄に入れてもいいですか?

| うちゃ | 2015/03/06 23:39 | URL | ≫ EDIT

返信遅くなりすみません。
ぜひリンク欄に入れてやってください。
これからも頑張って書いていこうと思います。
ありがとうございます。

| あべ | 2015/04/04 08:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/104-3e14fe5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT