うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラグナの優先順位

インド占星術には、マハー・ダシャーの惑星を1室として見る方法があります。

疑問。
ある惑星があるとして、
ラグナから見ると凶星化しているのに
マハー・ダシャーから見たら吉星化してたら、どーなの?
この惑星がアンタル・ダシャーに来た時は、良い時期?悪い時期?

私の答え。
これは、ラグナから見た吉凶が優先されます。
ラグナから見てはっきりと凶星になってるなら
マハー・ダシャーから見て良さそうに見えても、
この惑星がアンタル・ダシャーになったときは、低迷期になります。

インド占星術には、いろんなところを1室と見る技法があるけど、
ラグナから見る、これが基本なのよ。

| ダシャー | 21:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これとっても気になってました。どれを1室にしてみるかっていうのがありすぎて混乱してました。たとえば蟹座の人だと、月がどの室にいてもラグナから、月からという意味でその部屋を1室とみたてて鑑定すること多くなる。でもうっちゃんさんはそれでも元々の1室からみる方に重きをおきますか?

| 通りすがり人 | 2016/02/11 14:22 | URL |

Re:

蟹座の人、という意味がよくわからないのですが、
ラグナ、つまり元々の1室からみる方に重きをおくのが
鑑定の第一歩だと考えています。

| うちゃ | 2016/02/12 22:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ucha.blog19.fc2.com/tb.php/1038-f2869551

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT