うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

2007年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

明けましておめでとうございます

おかげさまで、昨年末には11万ヒットになりました。
インド占星術というマニアックな分野なので、
よっぽど同じ人が何度も見に来てくれているのでしょう。

飽きないよう、これからもちまちまと書き込んでいきます。
今年もよろしうお願い申し上げます。

| アクセス数 | 19:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラーフ期ってこんなん4

ラーフ期の体験談、新着、行きます。
「インド占星塾」で、2008年1月2日に書き込んでくれたぴーこさんの投稿です。

苦しくったって~、コートの中では、ラーフ な の ♪ 負けないわ。
って体験談です。

1975.8.28 17:37 北海道室蘭市 女性



ラーフ/ラーフ期が終わり精神的には安堵していたのですが、
全体的にラーフ期は大変なんですね。。。

HPにあった
ラーフ期はつらさとつよさが同時にアップするから
何があっても奇跡的に乗り切れるものなのです。
というお言葉。

なるほど確かに。
2006年後半から2007年あたまは本当に心が折れてしまいそうで、
心底死にたいと思っておりました。(責任感の強さで乗り切りましたが…)
その後精神的には強くなれたなぁと最近思っていたところです。

でもこれからまだまだラーフが続くので油断は禁物なんですね。。。
ちょっとビクビク。
この春、転職するので気を引き締めて頑張ります。

≫ Read More

| ラーフ期の体験談 | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラーフ期のアンタルダシャー、序章

今日から10回にわけて、
ラーフ期のアンタルダシャーについて書きます。

自分勝手な解釈です。当たらないこともけっこうあります。はい、わかってます。
けど、今まで何百人とラーフ期を見てきて
こういうのって多いよね、みたいに感じたことがあるんで、
経験的に感じたこと、書き残しておこうってわけ。

今日は第一回、総論編です。

≫ Read More

| ダシャー@ラーフ期 | 00:41 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラーフ-ラーフ期

ラーフ-ラーフ期。

軽自動車で山のふもとまで来て、そこからジープに乗り換えたような時期。
馬力はアップしてるんだけど、砂利道の振動とすべり具合に面食らう。
快調に飛ばす人はそれでいいんだけど、
基本的には事故に注意しましょう。

ちなみに、Grace InglisのHindu Dasa Systemって本によると、
ぜんぜん良いこと書いてない!

「経済的損失、恨み、病気、無意味な旅、左遷、妻子の不運」の時期だそうな。

・・・そこまで言わなくても(涙)。好調に山道を爆走する人もいるんだよ。

| ダシャー@ラーフ期 | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラーフ-木星期

ラーフ-木星期。

アンタルダシャー2つ目になって、ラーフパワーが本領発揮。
俺はラーフだぁぁぁ、みたいな意識や環境が板につく時期。

Grace InglisのHindu Dasa Systemによると、
ラーフと木星でラージャ・ヨーガになってる場合は、良い時期になるらしい。

「信仰心が出てくる、慈善、信心深い人と交わる、悪と戦う勇気が沸く、牛を買うcow」

≫ Read More

| ダシャー@ラーフ期 | 02:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラーフ-土星期

ラーフ-土星期

ダブル凶星でつらいことのある人が多いみたい。
けど、ラーフの粘り強さと土星の我慢強さで乗り切る人も多い。

Grace InglisのHindu Dasa Systemによると、
土星がラーフから見て1,3,4,5,7,9,10,11室に在住してるなら、
最初はつらくても後で良いことがあるらしい。苦労が報われるとか、有名になるとか。

| ダシャー@ラーフ期 | 23:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケートゥ期ってこんな、その2

ぽんさんと霊感商法じゃない!さんの鑑定やりとりを紹介します。

ケートゥ期と、8室惑星集中の、雰囲気をつかむ参考になると思って転載しました。

≫ Read More

| ダシャー | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラーフ-水星期、その1

ラーフ-水星期。

ラーフ期の中でも、この時期は比較的おだやかな時期らしい。
水星はコミュニケーションの惑星だから、ラーフパワーで突っ走っりながらも
ちゃんと言い訳してーの、調和を保ちながらーの、進んでいけるのかも。

Grace InglisのHindu Dasa Systemを読むと、
ラーフから見て水星が良い位置にあれば水星の良い象意が出て、
ラーフから見て水星が悪い位置にあれば水星の悪い象意が出る。
ってことが書いてある。

うん、そのとーり、原則どーり。

原則どおりすぎて、つまんない・・・

水星って周りの影響を受けやすい惑星だから
水星期だからこーだ!って特定しづらいんだろね。

関連記事:
ラーフ-水星期、その2

| ダシャー@ラーフ期 | 00:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水星の優柔不断さ

水星は、コンジャンクトしている他の惑星の影響を強く受けます。
ある意味、優柔不断な惑星。

月や金星は男性女性、太陽や火星は女性男性、水星は中性。 中性って何だよ・・・。
いまいちはっきりしない。

水星は、もともとは吉星なんだけど、凶星とコンジャンクトしてると凶星っぽくなる。
吉星とコンジャンクトしてると、一人前に吉星らしくなる。

ダシャーを見ても、「水星期だからこうなる」みたいなのが、はっきりと出にくい。
コミュニケーション上手になるわけでもなく、商売にスポットが当たるわけでもなく、
そういうのが出る人もいるんだけど、出ない人もいて、人生いろいろって感じ。
それより、水星期には水星とコンジャンクトしてる惑星の象意が
強く出てくることがある。水星は単に、その増幅器みたいな役割だったりする。

一番小さい惑星だからね、実力もこんなもんなのかもしれない。

| 惑星研究 | 23:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

永作博美の水星期、ケートゥ期、金星期

ロンブーで
「芸人20名で決める歴代No.1女性芸能人は?」
って企画やってて、永作博美さんが1位に選ばれてた。
広末は?きょんきょんは?と予想外の結末に憤慨しつつ、
永作さんのホロスコープをチェックしてみました。
すると、出生時間までネットで拾えました。 (o⌒∇⌒o)

1970年10月14日、3:56、茨城県行方市

永作博美

≫ Read More

| ダシャー | 19:27 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT